安芸高田市でトイレのリフォームするなら



便器には様々な種類がありますので、

ここでは機能の違いによりどの程度価格が変動するかを確認していきましょう。

 尚、一般的な総称となっている「便器」につきましては、「便器本体部分」+「タンク部分」+「便座」の3種類のセット商品となっておりますので、それぞれの機能を少し細かくご説明させて頂きます。


(メーカー希望小売価格からお値引き後の金額となっております。)



プラン① 【余計な機能はいらない!経済性重視のトイレ】
便器 ( 普通便器 / 防露タンク 手洗い無し / 普通便座 ) + 紙巻器
・・・4~5万円 位 
 
プラン② 【ウォームレットだけは欲しい!便座が暖かいトイレ】
便器 ( 普通便器 / 防露タンク 手洗い有り / ウォームレット) + 紙巻器
・・・5~6万円 位 
 
プラン③ 【予算もあるけどウォシュレットは欲しい!温水洗浄便座付きトイレ】
便器 ( 防露便器 / 防露タンク 手洗い有り / 操作部分一体型ウォシュレット ) + 紙巻器 + タオル掛け
・・・11~12万円 位
 
プラン④ 【節水や掃除の手軽さも取り入れたい!人気の快適トイレ】
便器 ( 防露・節水・縁なし・コーティング便器 / 防露・コーティングタンク 手洗い有り / 操作部分一体型ウォシュレット )+ 紙巻器 + タオル掛け
・・・12~14万円 位 
 
プラン⑤ 【スタイリッシュなタンクレス便器にしたい!こだわりのトイレ】
便器 ( タンクレス便器 ウォシュレット一体型 手洗い無し 水圧による設置階制限有り) + ハンドル式コンパクト手洗器 + 紙巻器 + タオル掛け
・・・22~25万円 位 
 
プラン⑥ 【高グレードタンクレス便器&周辺も充実!贅沢機能のトイレ】
便器 ( タンクレス便器 ウォシュレット一体型 手洗い無し 水圧による設置制限無し オート開閉 ) + 化粧鏡 + 手摺 + 下部収納&カウンター付き手洗器(自動水栓) + 二連紙巻器 + タオル掛け
・・・42~46万円 位


安芸高田市で屋根リフォームをお考えの方

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市で屋根のリフォームするなら



屋根修理とは、屋根の一部分であったり部分的なところを直す工事を指し、屋根リフォームとは、屋根全体に関わる大きい規模の工事を指します。

屋根修理は部分的な直しだけなので比較的安く済ませられますが、屋根リフォームとなると金額も大きくなる分、屋根の問題を根本的に解決できて、さらに屋根全体を変えてキレイにすることができるため、住みやすさの向上・お家のデザイン性を高めるなどの効果も得られます。

あなた自身は「部分的な修理で出来るでしょ?」と思っていたとしても

屋根の根本的な解決が必要な事もあります。

そのため、屋根修理の費用相場と一緒に、以下の費用も私と一緒に見ておきましょう

屋根修理は、屋根材1枚の交換など応急処置として行われる屋根のメンテナンスになります。

お金をかけないで直したかったり、急ぎで部分的な修理だけを行いたい場合は、優良な修理業者に屋根修理をお願いして少額で済ませましょう。

しかし、費用を安く済ませる事が出来る分、部分的な修理しかできないため、根本的な屋根の問題を解決する場合は、屋根リフォームも検討しなければいけません。

また、少額な屋根修理からお客様のお家に入り込み、後々大きな工事をしてもらおうとする、訪問販売や悪徳業者がいるので注意が必要です

安芸高田市で屋根リフォームをお考えの方

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市でお風呂のリフォームするなら



現実的なお話に戻ります。気をつけなくてはいけないのが、工事費用。例えば、ユニットバスにリフォームする場合、パンフレットなどでユニットバスの本体価格だけ見て「お!案外安いな」と勘違いする人がいますが大間違いです。『工事費』がかかることを、お忘れなく。
工事費用とは、解体撤去工事・組み立工事・給湯器の交換・配管工事・補修工事のことです。金額はお住まいの状況によりますが、安くても50万円、腐食が酷い場合などは100万円以上かかるケースもありますので、多めに予算をみておきましょう。

業者から出てきた見積もりも、内訳をしっかりチェックしてください。大切なのは、今後の追加工事が発生しないか、発生する場合はどういった場合でどの程度なのかです。業者とここのコンセンサスをしっかり取ることがとても大切です。ですから面倒だからといって、業者任せにするのは避けましょう。

ちなみにユニットバスの金額は、標準モデルで30万円〜。少し良いグレードにすると60万円〜、ハイグレードなもので80万円〜が目安です。
在来工法の場合は、壁をタイルばりにするなど最低でも150万円ほどでしょうか?あなたのリフォームの目的や浴室のイメージをクリアにして、工事費用の予算も確保すれば、理想の浴室にグッと近づきます。

リフォームの先輩100人に「リフォーム後、あなたの生活に思いもよらない変化はありましたか?」ということを聞いてみました。するとなんと、一番多い回答が「入浴時間が楽しくなった」(20.4%)でした。リフォームすることで毎日の生活の室がぐっと上がるのが浴室なのです。

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市でお風呂のリフォームするなら



築年数や家族構成、家族メンバーによっても悩みは異なります。気になるリフォーム費用も、浴室リフォームの相場は50万円〜150万円と、他の部位のリフォームに比べると相場の幅が広くなることも悩ましいところ。これは、現在の浴室の傷み具合、それによる撤去費用、配管工事の有無などによって金額変動が大きく変わってくるからなんです。

見た目のお悩みで、あまり金額をかけたくない場合(例えば、「今の浴室の大きさで満足しているけど、汚れが気になる」・・・など)は、リフォーム業者ではなく、クリーニング業者に一度、問合せてみることをおすすめします。
リフォーム業者よりも、低価格に対処してくれる可能性もあります。プロがその浴室を見てクリーニングでは難しいと判断した後、浴室塗装やリフォームを考えてみるのもひとつの方法です。

でも、リフォームのタイミングを見誤ると大損することも。余計な補修費がかかったり、無駄な光熱費をいつまでも払い続けていたり。断熱性や気密性の低さからヒートショックなど健康被害を引き起こすこともあるのが浴室なのです。では、浴室リフォームのベストなタイミングとはいつでしょう? 


        安芸高田市でリフォームをお考えのかた


       リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市でお風呂のリフォームするなら


最近のユニットバスは節水性に優れ、かつ半身浴ができるなど、くつろげる形状の浴槽が多い。また床がヒンヤリとせず、撥水性も高いためカビも発生しにくい。冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。「タイル張りの浴槽にタイルの床など、在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」(木村さん)

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 
種別/マンション 
設計・施工/リビテックス(以下の事例も、同様)

ユニットバスの組み立て作業と、給排水管の配管や電気工事程度なので、費用はこの程度で済む。

安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市でお風呂のリフォームするなら


【50~100万円でできるリフォーム】
既存のユニットバスを新しいユニットバスへ交換する場合は、一戸建て・マンションともに50~100万円以内でリフォームできることが多いですが、高性能な製品を選ぶと100万円以上かかる場合もあります。
リフォーム期間は、4日前後はかかると考えておきましょう。

浴室を新たに設置する場合には、1坪位の広さであれば75万円~の費用で実施できます。
工事期間は2週間~1ヶ月かかりますが、既存の浴室を拡張するよりも安く済むことが多いです。

【100万円以上のリフォーム】
タイル張りの在来工法のお風呂をユニットバスへ変更する際には、予算は100万円以上を見込んでおきましょう。
工事期間も1週間ほどと、長くなる傾向があります。

また、既存の浴室の場所を移動したり、拡張したりする場合には、予算は100~250万円、工期は2週間~1ヶ月程度と考えておきましょう。
特に、給排水や電気・ガスの工事も必要になる場合には、総額200万円を超える例が多く見られます。

51~100万円、もしくは101~150万円で実施できた例が圧倒的に多いですが、後述する実例にも掲載している通り、50万円未満で浴室全体をリフォームできたパターンもあります。
オプション機能を追加するかどうかによっても、金額は変動します。

なお、新しく採用する商品・素材を決める際に、なるべくグレードが高くない物を選ぶと、リフォーム全体にかかる費用を抑えることができます。

まず「在来工法」とは、昔ながらの浴室の工法で、一般的な部屋に防水加工を施し、その上にコンクリートやタイルでお風呂場を作っているものです。

防水加工をしている点以外は他の部屋と変わらないため、築20年位を過ぎるとタイルがひび割れし、水漏れやシロアリなどのトラブルが発生しやすいというデメリットがあります。

一方「ユニットバス」とは、浴槽や壁・天井・床などのパーツを工場で作り、施工現場で組み立てるバスルームです。
全体が継ぎ目のない構造になっているので、在来工法のような水漏れのリスクがなく、またパーツを組み立てるだけなので工期が短く済むメリットなどがあり、最近の浴室で主流になっています。

古くなったユニットバスを新しいユニットバスへ交換する場合や、在来工法の浴室をユニットバスへリフォームする場合には、50〜150万円で実施できた例が多くあります。

安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市で無垢の床リフォームするなら


床のリフォームと聞いて頭に浮かぶのは


フローリングでしょう。

しかし、


床リフォームにはさまざまな種類があって、


それぞれその使い勝手は全く異なるのです。

床材はフローリングだけではなく、


ワインの栓としておなじみのコルクも床に適した素材ですし、


カーペットという選択もあります。小さなお子さんがいる家では汚してしまわないか気を使いますが、


あの高級感といいますかラグジュアリーな感じはカーペットならではの魅力です。



このように床のリフォームをする前に、まずは自分の生活スタイルを確認するとともに、


どんな素材が自分にあっているかを吟味してから取り掛かりましょう。

また、床暖房を入れてみようとお考えの場合は、


床材が特殊なものになってくることも知っておく必要があります。


下から高温の熱が伝わることになりますから、


一般的なフローリングでは片側が乾燥して木材が反り返ってしまうのです。


記事の後半で床暖房についてもご紹介しているので、参考にしてくださいね!

床材1 フローリング

床のリフォームといえばこれ! 王道はフローリングでしょう。

用途に応じてさまざまな種類や材質がある床リフォームですが、


大多数の方はフローリングを選択します。

掃除のしやすさや維持の簡単さでは抜群のフローリングの種類は無数にあります。


色目などは自分が好きなものを選べばいいのですが、


材質は微妙に違いますので用途をよく考えましょう。

ウォールナットは重厚な感じで濃い茶色から黒に近いような茶色の材木です。


フローリングや家具などに使われる定番の材質の一つといえます。


使い込むとやや明るい茶色や赤茶に変化する特徴があり、


私も個人的には大好きな材質です。

もう一つご紹介しておきましょう。

シカモアという木があります。


この名前を聞いたことがある人はあまりいないと思いますが、


バイオリンなどにも使われることで知られた木です。

心材ともに乳白色でとても美しい明るさがあり人気です。


加工が容易ということもあり、住宅の床材として好んで使われるのですが、


虫に弱いという欠点を持ち合わせています。

6畳程度の和室をフローリングにすると10万円程度から可能ですが、


素材によっては30万~50万円くらいになります。リビングとして使わない単なる洋室へのリフォームであれば、そんなにお金をかけることもないでしょう。

床材2 コルク

コルクの商品説明は不要ですね。ワインの栓といえばだれもが思い出すあの素材です。

ポルトガルが世界最大の産地で、首都のリスボンや第二の都市であるポルトに行くと、あちらこちらでコルク製のハンドバックやカバンが売られています。

そのコルクですが、赤ちゃんがいる家庭などではもってこいの素材です。非常に柔らかいというのがコルクの特徴だからです。

費用は6畳程度であれば10万円~15万円と、さほど高くはありません。

ただ、耐久性があまり高くないのは事実でしょう。先の鋭利なもので傷つければどうしてもボロボロになりやすい傾向はあります。ただ、ワインの栓のようなコルクとは仕上げが違うのでそこまで神経質になることはないと思います。

床材3 無垢フローリング

材料を合わせてつくりあげる合板や集成材とは異なり、


丸太から使用する形状をそのまま切り出した木材のことです。

木材をそのまま使用するので、自然そのままの木目やワイルド感を楽しめ、


アウトドア派の人からは高い支持を得る代表格の床材となります。

ただ、自然を売りにしているだけに、


材質に均一性がなく場合によっては節などが目立ち気になることもあるようです。


しかし、それが無垢材のいいところで、結局は好き好きということですね。

無垢材と聞くと高額な費用が掛かるイメージを抱く人が多いのですが、


実際にはそこまで高くはありません。


また、ものによっては無垢材の方が安く抑えられるケースもあるほどです。

無垢材の㎡単価は1万円〜1.5万円くらい見れば大丈夫です。


それに工賃や手間賃などを加えるわけですが、


6畳程度であれば15万円程度が最低ラインの目安といえます。

安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市で無垢の床リフォームするなら


①新しいフローリングへの張り替え

長い期間生活していると、年数による劣化だけでなく、擦り傷や日焼けなどでフローリングが傷んでしまいます。フローリングリフォームなら、現在のフローリングを剥がして、新しいフローリングに変えられます。

まるで入居したばかりのような仕上がりになるため、フローリングの傷みに悩んでいる方にはおすすめです。

また、フローリングへの張り替えは、家の中に段差のないバリアフリーにも最適です。年配の方や体の不自由な方は、ちょっとした段差でつまずいて転んでしまうなんてことも。場合によっては大ケガに繋がることもあるので、安全なお家作りができることが、フローリングリフォームのメリットです。

 

②畳からフローリングへの張り替え

マンションのお部屋は洋室が多いですが、一部屋だけ和室になっているところもあるでしょう。「和室から洋室に変えたい」というときでも、畳からフローリングリフフォームは可能です。

和室に使われている畳は、重さが原因で家具の跡が付きやすく、食べ物や飲み物をこぼすとシミになってしまいがち。さらに、畳はお手入れが大変で、湿気を含むとダニが発生しやすいというデメリットがあります。

フローリングは家具の跡が付きにくく、お手入れが簡単なのがメリット。床も凹みにくいですし、ダニの発生を防いでくれるので、衛生的にも安心です。

しかし、カーペットを敷く場合はこまめなお手入れが必要です。掃除をしていないカーペットは、ホコリやダニ発生の原因に。フローリングにカーペットを敷く場合は、清潔な状態を保つように心掛けましょう。

 

③床暖房機能の設置

フローリングはお手入れが簡単で、お部屋をおしゃれに見せてくれますが、寒い季節になると足元の冷えが気になるもの。そんなときは、フローリングリフォームで床暖房機能を付けてみてはいかがでしょうか?

フローリングの床暖房機能には、「電気式」「温水式」の2種類があります。電気式は床を温めるまでの時間は長いものの、狭いお部屋なら効率よく温めてくれます。ですが、長時間の使用は低温やけどをする可能性があるので、小さな子供やお年寄りの方は注意が必要。

温水式は熱の伝わりが早く、広いお部屋でも素早く温めてくれます。初期費用は電気式と比べて高いものの、維持費が安くエアコンやストーブを使う必要がありません。光熱費の節約にもなるので、床暖房を考えている方にはおすすめです。

 

④防音フローリング

マンションに住んでいる場合、生活音や子供の足音など、「下の階に響いてるんじゃないかな?」と思うことはありませんか?フローリングは音を通しやすいので、音が響きやすくなっています。場合によってはご近所トラブルになるなんてことも・・・。

生活音が気になる、近所迷惑になっていないか不安という方は、防音フローリングを選んでみてください。防音フローリングは、音が響かない素材で作られています。生活音や子供がはしゃぐ音など、気になる音をシャットアウトしてくれるのが、防音フローリングのメリットです。

安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市で無垢の床リフォームするなら

無垢・合板の特徴を押さえる

天然木の無垢材は、心地よい肌触りで気温に合わせた温度を出してくれる特徴があります。使用するほど床に馴染んでくれますし、


身体に優しい素材で作られていて、高級感も感じられるでしょう。

合板は、仕上げ材を貼り付けて表面加工を


行っているため、床の傷やへこみに強い特徴があります。抗菌加工や遮音効果のある合板もあり、無垢材に比べると安価で購入できるため、コストパフォーマンスに優れています。

向き・段差・断熱を意識する

フローリングを張り替えるときには、向きと段差を意識しておく必要があります。


壁の長編に沿った向きで、フローリングを張っていくと、奥行き効果も出しやすくなります。材料をムダに使わないためにも、正しい向きで張ることを意識してください。

また、フローリングの張り替えを行うと、約10年間メンテナンスの必要がありません。


そのため、張り替えを行うときには、段差を作らないように心がけましょう。


さらに、畳からフローリングに替えるときには、床の温度が下がる可能性があります。
床に断熱材を入れることで、部屋の温度を保てるようになるため、張り替え時には断熱材を入れることも考えておきましょう。


ちょっとしたことを意識するだけで、DIYで床材を替えられるようにもなります。

上手にリフォームを行うのなら、リフォーム会社に頼むのが一番です。


しかし、DIYでもリフォームすることは可能なので、


あなたに合った方法でリフォームを行ってみてください。


安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市でリフォームするなら

一般的に、家を建ててから15年ほどすると張り替え時期と言われています。お家の環境(温度、湿度など)にもよりますが、15年〜20年ほど経つと床の下地が傷んだりフローリング自体が変形したりするためです。

家を建ててから15年ほど経つと下記のような症状が現れてくることも多いようです。このような場合には張り替えを検討してみてもいいかもしれませんね。

歩くと床がきしむ

古いお家で、板張りの床を歩くと「ギシギシ」と音がなった経験はないでしょうか。それが「床のきしみ」と言われる症状です。

フローリングは木材で出来ていますよね。木を貼り合わせたようにして作られているのがフローリングです。フローリングの材質として使われている木材は、湿気によって伸縮・膨張する性質があります。そのため、部屋の湿度が原因で木材自体が変形してしまうんですね。

床にぴっちりと張られているフローリング。その1枚1枚が変形してゆくと、つなぎ目にずれが生じますよね。ずれた木材が互いに擦れ合う時、ギシギシときしみ音が発生するわけです。

「梅雨の時期だけ」といった具合に、季節性のものならば湿度変化が原因の可能性が高いので問題ないかもしれません。しかし、慢性的にギシギシときしむようであれば、そのフローリングは完全に変形している可能性が高いです。そのような場合は部分的な補修だけではなく、フローリングの張り替えが必要になる場合もあります。

また湿度変化による木材の変形だけではなく、床下がシロアリに食いつぶされてしまいギシギシと音がなっているケースもあります。きしみ音が気になるようであれば、一度リフォーム業者さんに相談してみるの手です。

床が沈む

床がギシギシときしむだけではなく、歩くたびにグッと床が沈み込む住宅もあるようです。

フローリングの一部分がブカブカと浮いているように感じたり、一箇所だけ歩くとグッと沈み込んだりします。これも先ほどのきしみと同様、湿気が原因となっているケースが多数あります。

しかし、沈み込みが起きている場合はきしみよりも劣化が激しく、床材自体が地面から剥がれてしまっている可能性もあります。フローリング材とその下の下地材が剥がれてしまい、フローリング自体が剥がれてしまっている状態です。

そうなってしまうと、床を部分的に補修するのは難しいんです。ブカブカしている床はどうしても全面的な張り替えが必要になります。

床がブカブカと浮いている、グッと沈み込む。そんな場合はフローリングの張り替えを検討しましょう。


安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 収納のリフォーム


壁面収納リフォームを行うのであれば、

どんなメリットがあるのかを知っておくことが大切です。


最近では収納に便利なアイテムが数多く


販売されていますが、それらを使うのではなくリフォームをする利点には何があるのでしょうか?


ここでは、リフォームで作る壁面収納のメリットについて、


5つのポイントをご紹介していきます。


自分が満足できるリフォームを行うためにも、


ぜひご紹介するメリットを参考にしてみてください。

ムダなスペースを有効活用できる

お部屋の間取りによっては凸凹としたムダなスペースが作られている場合がありますが、


壁面収納はそのようなスペースを有効活用することができます。

奥行10cmから収納スペースを壁に作ることが可能なので、

収納家具を設置できないような部分をリフォームすることができます。

奥行が浅ければオープン収納にすることで見せる収納ができますし、

奥行が深ければ扉をつけて隠す収納が可能です。

リフォームをするスペースによって収納方法を変えることができるので、


理想的なお部屋に仕上げることができるでしょう。

お部屋の雰囲気に合ったデザインに仕上げることが可能

壁面収納の最大のメリットは、お部屋の雰囲気との統一感を得られることです。デザイン性が高い壁面収納をリフォームで作れば、統一感はあるのにこれまでとは違ったおしゃれな雰囲気を演出することもできますよ!

ちなみに、壁面収納は壁一面を使って作るリフォームです。そのため、お部屋の雰囲気に合ったデザインにすることで、まるで最初から設置されていたかのような自然な仕上がりになります。

低予算でも収納スペースを作ることができる

リフォームという言葉を聞くと高額な費用が必要になるイメージがありますが、


壁面収納の場合は低予算でも収納スペースを作ることができます。

費用は依頼する業者やリフォームの方法、施工範囲や収納のデザインによって異なります。

そのため、きちんと計画と予算を考えてリフォームを行なえば、


予算内で理想的な収納スペースを作ることができるでしょう。または、


業者のスタッフに自分のイメージを伝えて、

予算内に収まるリフォームができるのかを相談してみるのも良いかもしれませんね!

ムダな隙間がないので毎日の掃除が楽になる

壁面家具リフォームはムダなスペースを使ったリフォームなので、


家具を設置したときのような隙間がないので、お部屋の掃除が楽にできるといったメリットがあります。さらに、壁一面を収納スペースにした場合は棚の上部が天井にピッタリとくっついているため、家具のように棚の上にホコリが溜まることがないというのも嬉しいポイントの一つになるでしょう。

見せる収納ならおしゃれな雰囲気を演出できる

壁面収納リフォームをして見せる収納を作るのであれば、


お部屋をおしゃれな雰囲気に演出することができます。例えばですが、


収納スペースの一部にインテリアを飾る、または同じサイズの書籍をキレイに並べるなど、ちょっとした工夫でおしゃれなお部屋に仕上げることができます。

リビングであればテレビボートとしても使える壁面収納、


キッチンであれば調味料を並べる壁面収納などを作って、


自分なりにおしゃれなデザインへと仕上げてみてはいかがでしょうか?

安芸高田市でリフォームをお考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム

部屋の床をリフォームしたいと思いつつも、


リフォーム業者に依頼できるほど予算がないという方も多いでしょう。


DIYで済ませられるなら挑戦してみようと考える方だっているはず。


とはいえ床リフォームのDIYは分からないことだらけですよね。

「そもそも床をDIYでリフォームすることが可能なのか?」


「もしできるならどうすればいい?」など疑問は尽きません。


今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

 

DIYで床のリフォームは可能か?

リフォームといっても種類はさまざま。


当然ながらすべてのリフォームをDIYで済ませることはできません。


しかし簡単なものであればDIY経験のない方でもできるものがあります。


まずはDIYで何ができて何ができないのかを見ていきましょう。

 

DIYでも簡単にできる床リフォーム

①置くだけ・敷くだけリフォーム

まずは誰にでも簡単にできる床リフォームをご紹介します。


それはカーペットやタイルカーペット、置き畳など置くだけ・敷くだけでできるリフォームです。もとの床がボロボロになっているわけではなく、単に部屋の雰囲気をちょっと変えてみたいという場合には十分効果を発揮してくれます。

カーペット、タイルカーペットなどはホームセンターや家具屋などで購入できます。


もとの床に手を加える必要がないため、床を傷つけたくない場合でも気軽に挑戦できるのがこのリフォームの魅力。賃貸物件でもリスクを恐れる必要がありません。

失敗するとすればサイズが合わないものを買ってしまったり、カットするときに切りすぎてしまったりすることでしょう。


ただ、慎重に作業すれば大きな失敗をすることはないはずです。




安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム


無垢・合板の特徴を押さえる

天然木の無垢材は、心地よい肌触りで気温に合わせた温度を出してくれる特徴があります。使用するほど床に馴染んでくれますし、身体に優しい素材で作られていて、高級感も感じられるでしょう。

合板は、仕上げ材を貼り付けて表面加工を行っているため、床の傷やへこみに強い特徴があります。抗菌加工や遮音効果のある合板もあり、無垢材に比べると安価で購入できるため、コストパフォーマンスに優れています。

向き・段差・断熱を意識する

フローリングを張り替えるときには、向きと段差を意識しておく必要があります。壁の長編に沿った向きで、フローリングを張っていくと、奥行き効果も出しやすくなります。材料をムダに使わないためにも、正しい向きで張ることを意識してください。

また、フローリングの張り替えを行うと、約10年間メンテナンスの必要がありません。そのため、張り替えを行うときには、段差を作らないように心がけましょう。さらに、畳からフローリングに替えるときには、床の温度が下がる可能性があります。
床に断熱材を入れることで、部屋の温度を保てるようになるため、張り替え時には断熱材を入れることも考えておきましょう。ちょっとしたことを意識するだけで、DIYで床材を替えられるようにもなります。

上手にリフォームを行うのなら、リフォーム会社に頼むのが一番です。しかし、DIYでもリフォームすることは可能なので、あなたに合った方法でリフォームを行ってみてください。



安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム


床のリフォームと聞いて頭に浮かぶのは


フローリングでしょう。

しかし、床リフォームにはさまざまな種類があって、それぞれその使い勝手は全く異なるのです。

床材はフローリングだけではなく、ワインの栓としておなじみのコルクも床に適した素材ですし、カーペットという選択もあります。小さなお子さんがいる家では汚してしまわないか気を使いますが、あの高級感といいますかラグジュアリーな感じはカーペットならではの魅力です。

このように床のリフォームをする前に、まずは自分の生活スタイルを確認するとともに、どんな素材が自分にあっているかを吟味してから取り掛かりましょう。

また、床暖房を入れてみようとお考えの場合は、床材が特殊なものになってくることも知っておく必要があります。下から高温の熱が伝わることになりますから、一般的なフローリングでは片側が乾燥して木材が反り返ってしまうのです。記事の後半で床暖房についてもご紹介しているので、参考にしてくださいね!

床材1 フローリング

床のリフォームといえばこれ! 王道はフローリングでしょう。

用途に応じてさまざまな種類や材質がある床リフォームですが、大多数の方はフローリングを選択します。

掃除のしやすさや維持の簡単さでは抜群のフローリングの種類は無数にあります。色目などは自分が好きなものを選べばいいのですが、材質は微妙に違いますので用途をよく考えましょう。

ウォールナットは重厚な感じで濃い茶色から黒に近いような茶色の材木です。フローリングや家具などに使われる定番の材質の一つといえます。使い込むとやや明るい茶色や赤茶に変化する特徴があり、私も個人的には大好きな材質です。

もう一つご紹介しておきましょう。

シカモアという木があります。この名前を聞いたことがある人はあまりいないと思いますが、バイオリンなどにも使われることで知られた木です。

心材ともに乳白色でとても美しい明るさがあり人気です。加工が容易ということもあり、住宅の床材として好んで使われるのですが、虫に弱いという欠点を持ち合わせています。

6畳程度の和室をフローリングにすると10万円程度から可能ですが、素材によっては30万~50万円くらいになります。リビングとして使わない単なる洋室へのリフォームであれば、そんなにお金をかけることもないでしょう。

床材2 コルク

コルクの商品説明は不要ですね。ワインの栓といえばだれもが思い出すあの素材です。

ポルトガルが世界最大の産地で、首都のリスボンや第二の都市であるポルトに行くと、あちらこちらでコルク製のハンドバックやカバンが売られています。

そのコルクですが、赤ちゃんがいる家庭などではもってこいの素材です。非常に柔らかいというのがコルクの特徴だからです。

費用は6畳程度であれば10万円~15万円と、さほど高くはありません。

ただ、耐久性があまり高くないのは事実でしょう。先の鋭利なもので傷つければどうしてもボロボロになりやすい傾向はあります。ただ、ワインの栓のようなコルクとは仕上げが違うのでそこまで神経質になることはないと思います。

床材3 無垢フローリング

材料を合わせてつくりあげる合板や集成材とは異なり、丸太から使用する形状をそのまま切り出した木材のことです。

木材をそのまま使用するので、自然そのままの木目やワイルド感を楽しめ、アウトドア派の人からは高い支持を得る代表格の床材となります。

ただ、自然を売りにしているだけに、材質に均一性がなく場合によっては節などが目立ち気になることもあるようです。しかし、それが無垢材のいいところで、結局は好き好きということですね。

無垢材と聞くと高額な費用が掛かるイメージを抱く人が多いのですが、実際にはそこまで高くはありません。また、ものによっては無垢材の方が安く抑えられるケースもあるほどです。

無垢材の㎡単価は1万円〜1.5万円くらい見れば大丈夫です。それに工賃や手間賃などを加えるわけですが、6畳程度であれば15万円程度が最低ラインの目安といえます。

床材4 カーペット

昭和40年~50年にかけての高級住宅はリビングがおしなべてカーペットだったような気がします。いまでもお金持ちの家では、リビングや寝室をカーペットにしている人が多い印象があるカーペット。

使い勝手やメンテナンスなどのことを考えると、フローリングに軍配が上がると思いますが、やはりカーペットの何とも言えない高級感には心惹かれるものがあります。

そんなカーペットですが、現状がフローリングの洋室をカーペット仕様にリフォームしたら、一体どの程度のお金がかかるのでしょうか。

6畳の洋室を想定しますが、その金額は8万円~20万円になります。カーペットからカーペットへの張替えであればもっと安くできる事例もありますが、フローリングや畳からのリフォームでは、既存材料の撤去が絡んできますので、それなりの値段になると考えましょう。

カーペットの材質上、年月が経つとくたびれ感がどうしても出てきます。これは仕方がないので、5~6年ほど経過したら、交換する必要があるでしょう。

また、経年劣化だけではなく、コーヒーをこぼした、熱いものを落として表面を溶かしてしまうなど突発的な事故が起こりることもありますよね。気を付けていくしかないですが、こういったときもリフォームするいい機会かもしれません。


床暖房を一度でも使ったことのある人は「これは手放せない!」というほど魅力的な機能です。かくいう私もまったく同じ意見の持ち主なのですが、私が以前住んでいた東京の日暮里にあった賃貸マンションは、URの物件でしたがしっかり床暖房がついていました。

東京ですからさほど寒くないということもあったのですが、それでも床暖房さえつけていれば、そのほかの暖房器具を付けなくても十分に過ごせた記憶があります。

形式として電気、ガス、灯油で回すパターンがあり、それぞれ特性があるのですが、15畳程度のリビングいっぱいにこの工事をする場合の費用は、おおむね70万円~110万円でしょう。

ただ、注意してほしいのが床材。新築の場合は最初から床暖房に対応した床材を使用して施工するので問題ないですが、古い住宅に床暖房を追加する場合は、その床材は床暖房に対応していません。ですから、床材も一緒に変えることになってしまいます。

ただ、既存の床をはがさずにそのまま工事する【重ね張り】という方法もあるので、そちらと並行検討をしてください。今あるフローリングの上に新たに貼っていく手法ですにで、これならば工事期間も1日で済みます。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム


無垢フローリング材を使用してリフォーム

する場合、

例えばオーク(ナラ)タイプのものであれば、費用は1畳あたり2万3千~4万5千円位になります。
木の種類や木目、

節の有無によって本体価格が変わり、節がない無垢材ほど高級です。

無垢のフローリング材は調湿効果がある健康的な素材ですが、

防音性が認められていないためマンションのリフォームでは使用できない場合があります。
管理規約に違反しないかどうか、一緒に確認してからフローリング材を選びましょう。

【複合フローリングの場合】

複合フローリングでリフォームする際の費用は、

オーク(ナラ)タイプであれば1畳あたり1万3千~3万7千円程度かかります。
複合フローリングは、単板の種類・厚み、また仕上げ方によっても価格が変動し、

耐久性のあるものや、無垢のようなデザインのものほど商品代がかかる傾向があります。

複合フローリングは防音性のある製品が多いので、


集合住宅でリフォームする際におすすめです。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム


DIYで


フローリングを張り替えるコツ



床のリフォームを行うときには、業者に頼むだけではなく、DIYを行う方法もあります。


フローリングに張り替えるときには、コツを押さえておくことで、上手に床を張り替えられるようになるでしょう。

床下構造の確認


DIYでフローリングの張り替えを行うのなら、

必ず床下構造は確認しておきましょう。


例えば、モルタルの上にフローリングが貼られている「直貼り工法」や


下地の上にフローリングを重ねる「二重床構造」などの構造があります。

床下構造の種類によっては、床下地の取替も必要になる可能性があります。



戸建であれば床下構造が確認しやすいので、床下に合った張り替えを行ってください。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 床のリフォーム

床をフローリングに張り替える

方法は?

フローリングを張り替えるときには、

2つのリフォーム方法がありますが、


工法と特徴が異なります


それぞれのリフォームにおける目的や特徴、


予算に合わせて選ぶことが大切です。


また、フローリング・下地・土台を替えるのも効果的なので、


1つの手段として考えておきましょう。

床を剥がして張り替える

古いフローリングをすべて一度剥がしてから、


新しいフローリングに張り替えるリフォーム方法を「張り替え工法」といいます。


床材に関わらず一度床を剥がすことにより、リフォーム金額が高くなりがちですが、


下地の痛みも確認しやすくなります。
経年劣化により、床下地部分は痛みや腐食が起きていることもがありますし


、シロアリが生息している可能性も考えられるでしょう。


張り替え工法を利用すれば、床の高さは変わることなく、しっかりと床の補強も行えます。


工数・費用は高くなりがちですが、床の高さに関係なくリフォームができるメリットがあります。

新築施工から約10年が経過していて、フローリングに劣化が見られる場合には、


一度張り替え工法を行った方が良いでしょう。


下地の確認も行えますので、確実に床全体のダメージが確認しやすくなります。

新しい床材を重ね張りする

床を剥がずに上から重ね塗りするのなら「重ね貼り工法」でリフォームしてみましょう。


上から重ね張りするだけなので、工数の短縮や費用カットに繋がるため、


手軽にリフォームできることがメリットになります。


古い床材の上から新しくフローリングを貼り付けて重ねるため、


1日かからずにリフォームできることもあります。重ね貼り工法でリフォームした場合は、


二重床構造を取れるため、重ね張り用のフローリング剤を選んであげましょう。
というのも、二重床構造は丈夫な床を作ってくれるのですが、床の高さが上がってしまうもの。


また床下地のダメージを確認できないため、歩くたびにきしむ音がする、


明らかに浮きやへこみが見られるときには、あまりおすすめできません。


もし重ね貼りを行うのなら、床下点検は済ませておきましょう。

フローリング・下地・土台を替える

湿気により床下地が傷んでいる、へこんでいる場合には、


フローリング・床下地・土台を張り替えてあげましょう。これは大きなリフォーム方法とは異なりますが、床の張り替えをする必要はありません。



下地を取り替えるだけで床の高さを変えられますし、


床材を統一することで見た目や使いやすさが良くなります。


大掛かりなリフォームを必要としない場合は、フローリング・下地・土台を替えることを検討してみましょう。

床材の種類別相場

床のリフォームを行う場合、床材によって相場は大きく変わってきます。


もちろんリフォームを行う場所によっても費用は変わってきますので、


相場を確認しておきましょう。


また、リフォーム会社やメーカーによって、


費用は異なりますのであくまで相場として考えておくことが大切です。

フローリング

張り替え工法
 リビング(8帖):約10~20万円
 キッチン(4帖):約7~14万円
 トイレ(1帖):約4~6万円


重ね貼り工法
 リビング(8帖):約8~18万円
 キッチン(4帖):約6~10万円
 トイレ(1帖):約3~5万円


クッションフロア

張り替え工法
 リビング(8帖):約8~12万円
 キッチン(4帖):約5~10万円
 トイレ(1帖):約2~4万円


重ね貼り工法
 リビング(8帖):約5~10万円
 キッチン(4帖):約4~7万円
 トイレ(1帖):約2~4万円

カーペット


張り替え工法
 リビング(8帖):約8~16万円
 キッチン(4帖):約5~10万円

重ね貼り工法
 リビング(8帖):約6~12万円

タイル


張り替え工法
 リビング(8帖):約8~15万円
 キッチン(4帖):約5~10万円
 トイレ(1帖):約4~7万円



重ね貼り工法
 リビング(8帖):約6~10万円
 キッチン(4帖):約4~8万円
 トイレ(1帖):約3~6万円



安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 リフォーム

カビがクロスの表面に付着しているのを発見。
クロスの下はどうなっているのか、

想像するだけでゾッとします。

カビがついてしまった部屋は、

カビ菌が浮遊しています。
その空気を吸っているのは、気持ちが良くないですね。

見て見ぬふりをしたら、カビの被害が大きくなるばかり。

クロスを剥がして中身を確認するのは大変です。
まずはクロス屋さんなど、業者さんに相談してみるといいかもしれません。

クロス表面だけでなく、

中身もカビだらけ

見た目にはカビがなくてもビニールクロスを剥がしたら
カビがビッシリだった。

カビを処理せずに、上からクロスをかぶせてしまったら、
あっという間に新しいクロスにもカビが生えるかもしれません。

見つけたからには、徹底的にカビを殺菌剤や消毒液で処理して
除菌・漂白ををすることが大切です。

表面をきれいにしても、下地は大丈夫?

表面のカビを拭き取ったり、カビキラーで処理して対処できる
被害の少ないケースもありますが、
下地の中までカビが浸食しているケースがあります。

水分でぶよぶよになったり、ボロボロになってしまっていたら
下地を交換することも検討した方がいいかもしれません。

下地を交換するまででもなくても、カビで傷んだところを
補強したり、パテを塗ったり、防カビ材を塗ったりと、
下地処理を徹底的にして、
はじめてクロスを張り替えできます。

カビが生える条件が揃っていれば、再びカビに悩まされる?

カビ対策をして、クロス張り替えができたとしても、
その部屋を再び閉じ切ってしまったら
また新たな箇所でカビが発生するかもしれません。

カビの繁殖条件は、主に温度、湿度、ホコリです。

室内と室外の温度差があり、
特に、暖房をつける冬場は温度差が激しくなります。

その温度差の影響で窓サッシに水滴が出始めます。
さらに乾燥防止のため加湿器なんかをつけたら、
室内は湿気でムレムレです。

そして、室内のホコリが結露の水分をキャッチして
爆発的にカビが繁殖します。

カビが繁殖する条件が揃っている環境をなんとかしないと、
次の冬にはまたカビに悩まされるかもしれません。

カビ問題を終結させるには、

高い費用がかかっても対策をとるべき

カビの温床を作らないためには、湿気を逃すことが大事です。
二重窓を設置し、結露を防止する。
24時間換気を設置するなど。
金額がかかる工事も必要かもしれません。

調湿効果のある布クロスや
カビに特化したクロスを採用することも考えたいところです。

何年も冬がくるたびに結露から発生するカビに悩まされ、
クロスの張り替えを余儀なくされるのなら、
高い費用がかかっても対策して根絶したいところです。

いかがでしょうか?

カビは1回除去したとしても、
温度差によって結露が発生しやすい、湿気が多い、
閉じ切っていてホコリが多いなどカビにとって良い環境下であれば、
再びカビが生えてしまいます。

意識的に換気をこまめにするなど、
お部屋の環境を保つために人の手が必要です。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 トイレのリフォーム費用


トイレリフォームの「マメ知識」

トイレのリフォーム相場は、

手すりの取り付けなどの

バリアフリーリフォームや壁紙や

床等などの内装リフォーム、

便座のみの交換といった簡単なリフォームの場合は10万円~20万円程度です。

この程度のリフォームなら工期も1日〜長くても数日で終わります。
では、便器の交換から、内装リフォーム、手洗いの設置など、

トイレを一新するリフォームの場合はどうでしょう。

選ぶ設備次第ですが、相場は20万円~50万円程度。

あなたのお住まいが築15年以上で、トイレになにか不便や不具合を感じているのなら、リフォームを故障するまで待たずに、

思いきって設備や内装を一新した方が良いかもしれません。

便器自体は陶器製でとても丈夫ですが、

タンクの部品や配管などは老朽化します。

寿命の目安としては10年から、長くても20年くらいでしょうか。
トイレが故障すると生活はかなり不便になるので、

十分に検討する時間をかけられず急いでリフォームをし、

後で後悔したなんて話もチラホラ聞きます。 

小さな不具合を見逃さず、リフォームのタイミングを見極めることが必要ですね

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 玄関のリフォーム費用


窓のリフォーム方法は主に

「ガラス交換」「内窓追加(二重窓リフォーム)」「サッシ交換(カバー工法)」

「サッシ交換(付け替え)」の3種に分けられ、

ガラス交換→サッシ交換(カバー工法)→サッシ交換(付け替え)の順に価格が高くなります。

また、2階以上のリフォームは足場を立てて作業をする必要があるため、

同じように足場が必要となる外壁塗装など、

外壁リフォームと同時に行うと費用を抑えることができます。

次からは、窓のリフォームにかかる費用を各工法に分け、

かかる費用・相場の紹介をしていきましょう。

掃き出し窓を腰高窓にリフォームする場合、

かかる費用は、20~40万円ほどが相場の目安です。


壁の造作の仕方や壁面処理をする範囲などで工事費が変わるため


、相場にも開きがあります。

既存の窓枠を残し、小さくした窓との境目をはめ殺しのパネルで埋めてリフォームする場合の費用は、


通風用の小窓で10万円弱ほどが相場の目安です。

既存の窓枠を残さず、壁面処理を行うリフォームで窓を小さくした場合の費用は、


ユニットバスの小窓で10~15万円ほどが相場の目安となります。

窓を大きくする場合

腰高窓を掃き出し窓に替えて窓を大きくするリフォームの場合の費用は、


30~45万円ほどが相場の目安です。壁を解体して開口部を広げる作業を伴うため、


窓を小さくするリフォームより高額になる傾向があります。

腰高窓を上方向へ大きくするリフォームの費用は、~50万円ほどが相場の目安です


。こちらも、壁の解体や仕上げ処理の方法で価格が前後する傾向があります。

【断熱窓リフォームの費用・相場】

サッシを交換する場合

掃き出し窓の場合で約12万円~、通常の腰高窓の場合で約9万円~、廊下やお風呂場などの小窓の場合で約4万円~が相場の目安となります。

内窓を取り付けて二重サッシにする場合

掃き出し窓の場合で約8万円~、通常の腰高窓の場合で約3万円~が相場の目安となります。

断熱効果のある複層ガラスに交換する場合

掃き出し窓の場合で約4万円~、通常の腰高窓の場合で約3万円~が相場の目安となります。

なお、住宅のすべての窓を1度に断熱リフォームすることで「省エネ改修所得税特別控除」が受けられ、



工事費用相当額の10%または上限額25万円までが所得税から控除されます。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 玄関のリフォーム費用


玄関リフォーム相場

2畳程度の増築で一般的には

50〜100万程度が費用・価格相場となりますが、玄関リフォームについてはだいたい50万円未満の費用・

価格相場で済むことが多いです。
ただ、2階部分に外階段をつけて玄関を増築する場合は外階段の費用が高いため、

100万円以上の費用・価格相場となります。

・ドア拡張(間口変更):約35〜40万円程度
・ポーチタイル張り替え:約5〜10万円程度
・屋根設置、玄関ポーチ:約20〜50万円程度
・2階部分に玄関増築:約100〜140万円程度(2階部分に外階段設置含む)

※後付けで2階に玄関を設置し、2世帯住宅にする工事は大掛かりな工事なため、

構造上の問題と防水性能が問題になってくることがあります。

もちろん、法的に不可ではないのでできないことはありませんが

施工可能なリフォーム事業者は少ないです。

このようにかなり価格差がある玄関リフォーム。

2階部分に増築しても外階段を登っていくのがお子さん連れ、

大量のお買い物をして帰った場合などかなり大変なので、

そういった生活の流れも確認してからリフォームの決断をしましょう。

自分や家族が帰ってきて迎えられる、

そしてお客様にも見られる機会が多い玄関。気持ちが良く、

生活しやすい増築・リフォームにするためにぜひお話し合いを重ねて大満足の

リフォームをしてみてください。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 お風呂のリフォーム


最近のユニットバスは節水性に優れ、

かつ半身浴ができるなど、

くつろげる形状の浴槽が多い。

また床がヒンヤリとせず、

撥水性も高いためカビも発生しにくい。

冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、

リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、

設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。

浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。

「タイル張りの浴槽にタイルの床など、

在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、

トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」(

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 


ユニットバスの組み立て作業と、給排水管の配管や電気工事程度なので、

費用はこの程度で済む。
リフォーム期間の目安は2~3日。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 


        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 リフォームの相見積り


相見積りとは、

複数業者から見積り書をもらい、

内容や金額を比較検討することを意味します。

リフォームには定価というものが用意されていないことがほとんどですから

業者から提示されたリフォーム金額が、適正であるか必ずしも判断できないことが多いのです。

複数の業者からそれぞれ見積り書をもらうと、著しく高い金額で、しかもその場で契約を迫るような悪質度の高い業者を排除できる上に、それぞれの業者の工事金額や施工に対する意識などをチェックできるので、結果的にリーズナブルな業者を選ぶことができるのです。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

相見積もり大歓迎です

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 和室のリフォーム


和室は、日本ならではの木材を中心とした材料で部屋が作られているために

「手入れが大変」、

「劣化がひどい」という悩みをよく聞きます。
また、年齢とともに身体に合った生活スタイルが変わってきたために

「座ることを中心としている和室の造りが生活に合っていない」といった悩みを耳にすることもあります。

そこでここでは、和室ならではの悩みを解決するために、

一部だけ洋室にリフォームする3つの箇所別の例(費用・工事の期間)をご紹介いたします。

いますぐに解決したい和室の悩みがあるという方は、ご参考ください。

1-1.畳をフローリングにして、お手入れの簡単な部屋にする

和室のなかでも、お手入れが面倒と思われがちな畳。
畳のお手入れ自体はそんなに面倒ではないのですが、

湿気や害虫などから守るためにも、半年に一度は日に干すことが望ましいです。
また、日常の生活の中でも、

飲み物や食べ物をこぼした時の処理が大変といった手入れの難しい部分があります。

そこで、畳のメンテナンスや掃除を楽にしたいという方には、

フローリングにリフォームすることがおすすめです。

畳をフローリングにリフォームするための費用平均は、20~30万円です。


(部屋の広さや施工内容によって変わります)

工事にかかる期間は1~3日程度です。

20~30万円という費用に対して、驚いた方もいらっしゃったかもしれませんが、

和室と洋室の構造は大きく異なり、

畳の厚さとフローリングの厚さの差(約40mm)をなくしたり

、補強をしたりするために下地の工事が必要になるので、

このように費用がかかるのです。

ここでは、お手入れを中心に畳をフローリングに変えるメリットについて述べてきましたが、

実はこのリフォームはお手入れが楽になるだけではないのです。

それは、床の上に座る生活から、椅子などに座る生活へ、

布団で寝る生活からベッドで寝る生活へ、と身体の負担を減らすことができるというメリットがあるのです。

「正座で座るのがきつい」、「布団で眠るのは腰に負担がかかる」という方も、リフォームをご検討されてみてはいかがでしょうか?

「畳をフローリングにしたい」、「もっと知りたい」という方は、「フローリングにリフォームする前に知っておきたいポイント」もご参考にしてください。

 

1-2.押入れをクローゼットにして、収納しやすい部屋にする

押入れは寝具の収納を目的として作られているために、衣類を収納しにくいことでお困りの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、押入れをクローゼットにすると、収納がしやすくなるのです。

押入れをクローゼットにリフォームする費用平均は、15~25万円です。

工事にかかる期間は、1~3日程度です。

クローゼットのドアには折れ戸タイプや開き戸タイプなどがあり、クローゼットの周囲の空間の余裕や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。
また、押入れからクローゼットにかえる際の注意点ですが、クローゼットは非常に湿気のこもりやすく、衣類がカビの被害に遭わないようにするために、調室建材を設置してもらうようにすることをおすすめします。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 和室のリフォーム


和室のリフォームで

まず挙げられるのが、


畳をフローリングに張り替えるというものです。


和室が使いにくいと感じている人にとって、一番の理由は畳かもしれません。


それをフローリングに変えるだけで、


和室の使いにくさがかなり解消されるでしょう。

 

さらに和室の場合、京壁などを使っている場合があります。


落ち着いた色調で吸音効果もある京壁は、

日本の家屋に適していますが、洋室のイメージには合いません。


これをクロスに貼り替えれば、さらに完成度の高いリフォームになります。

 

障子や襖(ふすま)などの建具(たてぐ)をドアに変えたり、さらに押入れを活用してクローゼットに変身させたりすることも可能です。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 和室のリフォーム


和室で生活をしている方や

家に和室がある方の中には、


「和室で生活しているけど、ボロボロになってきているのでリフォームを考えている」、「和室があるけど使っていない」、

「和室が物置になっている」という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな和室をどうにかしたいという方に朗報です!

この記事では、より暮らしやすい和室やおしゃれな和室にする際に知っておきたい、費用や事例をご紹介いたします。

「和室をリフォームして、より楽しく過ごせるお部屋にしたい」という方はぜひご一読ください!

本記事でご紹介する和室の一部だけを洋室にリフォームすることや和室をよりおしゃれにリフォームすることで、もっと長く過ごしたいお部屋づくりをしてみませんか?

和室で生活をしている方や家に和室がある方の中には、

「和室で生活しているけど、ボロボロになってきているのでリフォームを考えている」、

「和室があるけど使っていない」、

「和室が物置になっている」という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな和室をどうにかしたいという方に朗報です!

この記事では、より暮らしやすい和室やおしゃれな和室にする際に知っておきたい、費用や事例をご紹介いたします。

「和室をリフォームして、より楽しく過ごせるお部屋にしたい」

という方はぜひご一読ください!

本記事でご紹介する和室の一部だけを洋室にリフォームすることや

和室をよりおしゃれにリフォームすることで、

もっと長く過ごしたいお部屋づくりをしてみませんか?

和室のなかでも、お手入れが面倒と思われがちな畳。
畳のお手入れ自体はそんなに面倒ではないのですが、

湿気や害虫などから守るためにも、

半年に一度は日に干すことが望ましいです。
また、日常の生活の中でも、飲み物や食べ物をこぼした時の処理が大変といった手入れの難しい部分があります。

そこで、畳のメンテナンスや掃除を楽にしたいという方には、

フローリングにリフォームすることがおすすめです。

畳をフローリングにリフォームするための費用平均は、

20~30万円です。(部屋の広さや施工内容によって変わります)

工事にかかる期間は1~3日程度です。

20~30万円という費用に対して、

驚いた方もいらっしゃったかもしれませんが、

和室と洋室の構造は大きく異なり、畳の厚さとフローリングの厚さの差(約40mm)をなくしたり、補強をしたりするために下地の工事が必要になるので、このように費用がかかるのです。

ここでは、お手入れを中心に畳をフローリングに変えるメリットについて述べてきましたが、

実はこのリフォームはお手入れが楽になるだけではないのです。

それは、床の上に座る生活から、椅子などに座る生活へ、布団で寝る生活からベッドで寝る生活へ、と身体の負担を減らすことができるというメリットがあるのです。

「正座で座るのがきつい」、「布団で眠るのは腰に負担がかかる」という方も、リフォームをご検討されてみてはいかがでしょうか?

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 無垢の床のリフォーム


100%の天然木からできている

無垢フローリングには、

木ならではの優しい印象で、

暮らしに癒やしをうるおいを与えてくれます。

さらに、木は天然の素材のため、

建材として加工されてもその特性を失いません。



天然木の持つ優れた特性は、屋内でも十分に発揮されます。

調湿性

無垢フローリングの特性の一つが「調湿性能」です。

梅雨から夏にかけての暑くて湿気の多い季節には、湿気を吸収して、

空気をサラッとさせてくれます。 逆に、寒くて乾燥する冬は、湿気を放出し、

お住まいの空気を快適に保つ助けになってくれます。

なお、湿気を吸い込むと、無垢のフローリングは少しだけ膨張します。 

そのため、施工する際は、ほんの少しだけ隙間を空けて張ります。隙間が無いと、

膨張したときに反ってしまう可能性があるのです。

肌触り

さわった際の感触が本当に気持ちがいいのも、無垢フローリングの特徴です。 

合板は無機質な手触りですが、無垢はほんのりと温かみを感じることができます。

これは、天然の木材が空気を含むから。このため、

特に冬に感じる床の冷たさを軽減してくれます。

 夏は夏で、サラッとした気持ちの良い感触を楽しむことできますよ。



経年でより味わい深く

天然の木材である無垢は、経年するごとに、色が少しづつ変わっていきます。


 これは木材が劣化するわけではなく、

紫外線を受けて成分が変化するためです。 


この色合いの変化が、無垢の床を味わい深い雰囲気に変えてくれるのです。

無垢フローリングの仕上げ

無垢フローリングは天然素材なので、


フローリングとして施工しても、

木が「呼吸」を続けています。 


そのまま放置して、板が反ったり隙間が空いたりするのを避けるため、仕上げ処理を行います。

無垢フローリングの仕上げには、自然塗装とウレタン塗装の2つの方法があります。 







安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 お風呂のリフォーム


50~100万円でできるリフォーム】
既存のユニットバスを新しいユニットバスへ交換する場合は、

一戸建て・マンションともに50~100万円以内でリフォームできることが多いですが、

高性能な製品を選ぶと100万円以上かかる場合もあります。
リフォーム期間は、4日前後はかかると考えておきましょう。

浴室を新たに設置する場合には、

1坪位の広さであれば75万円~の費用で実施できます。
工事期間は2週間~1ヶ月かかりますが、既存の浴室を拡張するよりも安く済むことが多いです。

【100万円以上のリフォーム】
タイル張りの在来工法のお風呂をユニットバスへ変更する際には、

予算は100万円以上を見込んでおきましょう。
工事期間も1週間ほどと、長くなる傾向があります。

また、既存の浴室の場所を移動したり、拡張したりする場合には、予算は100~250万円、工期は2週間~1ヶ月程度と考えておきましょう。
特に、給排水や電気・ガスの工事も必要になる場合には、総額200万円を超える例が多く見られます。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 お風呂のリフォーム


リフォーム相場は、戸建住宅・集合住宅で異なります。
戸建住宅の場合:100~150万円
集合住宅の場合:50~100万円

戸建と集合住宅での相場の差は、

お風呂のタイプの違いによるものです。
集合住宅は、ユニットバスの場合が多い為比較的安く済ませることができますが、

戸建住宅で従来工法タイプの場合は撤去費用等で費用が割高になります。

1-2.在来工法タイプとユニットバスタイプについて

先ほど、在来工法とユニットバスで相場が異なると説明しました。
そもそも在来工法とユニットバスの違いは何なのか、わからない方も多いと思いますので基本的な知識をご説明します。

①個性豊かなお風呂場づくりができる在来工法

昔ながらの床や壁をタイルで貼ったお風呂のことで、比較的自由度が高く、

自分の思考に合ったお風呂場づくりができるため、未だに根強い人気を持っています。
在来工法タイプの浴室のリフォームは壁や床を解体する必要があることが多く、工事が大掛かりになり費用はかさみます。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 無垢の床のリフォーム


フローリングは、木材を加工した製品、

もしくは天然木をそのまま用いた製品で、

最も人気がある床材です。
薄い板を何枚か貼り合わせた合板の表面に天然木の薄板を貼り付けた「合板材(複合フローリング)」と、100%天然木を使った「無垢材」、その他印刷したシートを張るタイプがあり、素材となる木によってさまざまなタイプがあるのはもちろん、滑りにくく加工された製品やマンション用に防音性の高い製品など、幅広いラインナップがそろっています。

中でも合板材は、耐水性・耐傷性に優れる、掃除がしやすい、色合いや木目のバリエーションが豊富など、どんなお部屋にも合わせやすく、手入れがしやすいのがメリットです。

一方、無垢材は合板材に比べて汚れがつきやすく、メンテナンスにも手間がかかりますが、調湿性に優れ、天然木ならではの香りと肌触りを感じられるのがメリットです。

また、フローリングは素材とする木によって、その特徴にばらつきがあります。

素材となる代表的な木をいくつかご紹介します。

・ウォールナット
ウォールナットはクルミ科の広葉樹で、古くから床材や家具の素材として使われてきた木のひとつです。色は濃く、主要な材木の中ではトップクラスの堅さと耐久性があり、衝撃にも強いのが特徴です。

・ブラックチェリー
淡い木目となめらかな手触りが特徴の素材です。衝撃耐性は中程度です。

・メイプル
広葉樹の中でも堅くて丈夫な素材で、白っぽく爽やかな色合いが特徴です。和風テイストやナチュラルテイストのお部屋に使われることが多いです。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 無垢の床のリフォーム


無垢フローリングは暴れるということを
心配される方も多いです。

暴れる、とは無垢フローリングが呼吸することにより
湿度が高ければ湿気を吸って膨らみ、湿度が低い時期には
逆に吐き出し痩せることを言います。

痩せれば隙間ができたり、極端に膨らめば押し合って
盛り上がるということです。

たしかに、フロアタイルや合板フローリングに比べ、
生きている無垢フローリングは湿度や温度の影響を
少なからず受けます。

しかし、品質の良い無垢フローリングはまず木材の質が良く、
製造段階できちんと乾燥させ、品質の良い塗装をしているので
そこまで心配することはありません。

しかし、急激な温度変化は苦手です

湿度の影響を受けやすいということは先にご説明いたしましたが、
それよりも急激な温度変化を無垢フローリングは苦手とします。

製造の段階である程度の乾燥をさせてはいますが、
それでも10%ほどの含水量はあります。

そこに高温の熱を与えると急激に水分が失われ、
反ったり、割れたりといった現象が起こります。

床暖房との組み合わせで使われる方も多いですが、
1~2年目は床暖房の温度を低く設定して使っていただくよう
ご案内しています。

ホットカーペットやこたつも同様です。

多少の隙間は許容範囲

事務所でも1年目は低温で
しのいでおりました。

2年目以降は温度設定を高くしています。
床暖房だけでこんなにあったかいんだ!と感激しています。

割れも反りも全くありません。
この季節、隙間は多少ありますが、気になるほどではありません。

いかがでしたか

自然の中で雨風にさらされながら生きてきた
無垢フローリングはやはり強いのですね。

掃除は簡単ですし、ワックスがけなどのメンテナンスも
頻繁にする必要はありません。

汚れたら?キズがついたら?と思うより、
自然で育った樹々との気持ちの良い生活を満喫してください。

それすらも味だと思えるおおらかさで
接することが大切ですね。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

        リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム


玄関ドアのリフォームをする際に考えておきたい

こととして、「玄関ドアだけ」をリフォームするのか、玄関全体をリフォームするかです。

玄関のドアと一緒にリフォームをすることが多い

箇所としては、玄関の収納、壁、土間の部分などがあります。

リフォーム価格にも関係してきますので、

イメージを持っておくとよいでしょう。  

 玄関のリフォームは玄関ドアだけを変えるのか、その周辺も含めて変えるのかで価格も大きく異なってきます。それぞれの場合にどれくらいの価格になるのかをご説明します。

2-1.玄関ドアの種類別リフォーム

価格について

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって

平均的な価格帯となります。価格の違いを生む大きな要因は、

ドアのグレードによる価格差です。

断熱性の有無やデザインによって価格は異なってきます

玄関ドアのリフォームで、最も多い価格帯は次の表のようになっています。

玄関ドアの種類別リフォーム価格について

窓と同様に玄関も空気が出入りする

箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。


断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。

2-2.玄関リフォームの価格と費用

玄関ドアのリフォームを行うと、収納や玄関タイルも変えたくなることもあります。

玄関を全般的にリフォームした場合の費用についてもご説明いたします。

玄関リフォームの価格と費用

2-3.玄関ドアのリフォーム価格が高額になる場合

玄関ドアのリフォームだけであれば、価格は20万程度から可能です。

ただし、次のような場合は高額になりがちなので注意が必要です。

玄関のドア枠のサイズ変更が伴う場合

既存のドアを交換するだけではなく、サイズの異なるドアを取り付けたり、

引き戸を開き戸に交換する場合は別途工事費が掛かってきます。

玄関全体のリフォームをする場合

玄関のドアと一緒に収納やタイルまでリフォームをする場合は、

リフォーム費用がかさんできます。

例えば内壁や天井にまで施工が及ぶかどうかでも金額は変わってきます。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム


キッチンの費用は、大きく分けると設備機器のグレード、キッチン工事の範囲・複雑さによって変動します。
費用の具体的な内訳を知っておくことで、予算内でリフォームできるように調整しやすくなります。

キッチンリフォームの費用は前述の通り、キッチン本体代のほか、

床や壁紙などの内装材代・工事費、機器の交換・取り付け工事費で構成されます。
また、キッチンの移動を伴う場合には、ガス・電気・水道の工事費用もかかります。
床や壁の補修範囲が広くなったり、構造への補強工事が必要になったりすると、

追加費用が発生する場合もあります。

特にシステムキッチンなどの設備機器本体代が、リフォーム費用の大部分を占めています。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム


リフォームする際は、

まず現状の不満を確認しましょう。


そして、新しいキッチンはどういったものにするかをイメージすることが大切です。


では、キッチンリフォームの手順について見ていきましょう。

キッチンの不満点を洗い出す

キッチンリフォームの最初の手順は、


「今のキッチンの何が不満なのか」を書き出すことが大切です。


「手元が暗い」「家族でのコミュニケーションがとりにくい」「ニオイがこもる」など、使っているキッチンに対する不満はご家庭によって違いがあるでしょう。

家族で話し合って不便なことを具体的に書き出すことで、何が大切なポイントなのかを客観的に判断することができます。

また、このときにだいたいの予算も決めておきましょう。

キッチンリフォームは、お金の上限を決めておかないと、予算をはるかに超えた良いものや高いものが欲しくなるケースも多いです。

「100万円まで」などと具体的に決めることにより、リフォーム内容もより具体的に決めることができるでしょう。

キッチンのイメージを膨らませる

キッチンへの不満点を洗い出せた後は、本やインターネットを利用して理想のキッチンのイメージを家族で共有しましょう。

施工事例などを参考にして、どのようなキッチンの種類や間取りがあるのかイメージを膨らませていくことがおすすめです。

キッチンの間取りを決める

次にキッチンの間取りを決めます。


これは大規模なリフォームを行うときに、特に重要です。


今のI型キッチンから、Ⅱ型キッチン、L型キッチンなど、今のお部屋や生活スタイルにあったキッチンはどれが良いかを考えます。

デザインで選ぶのも良いですが、重要なのは現状の不満点が改善され、ご家庭に合う間取りを決めることです。

必要な設備を決める

そして、「必要な設備」を決めましょう。


今使っているガスコンロからIHにするのか、食洗機を導入するかなど、キッチンにおける設備は多々あります。

しかし、すべて買いなおしてしまうとけっこうな金額になってしまうので、買い替えたい設備や、取り付けたい機能を厳選したうえで、じっくり検討しましょう。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 お風呂のリフォーム


築年数や家族構成、

家族メンバーによっても悩みは異なります。気になるリフォーム費用も、

浴室リフォームの相場は50万円〜150万円と、

他の部位のリフォームに比べると相場の幅が広くなることも悩ましいところ。これは、現在の浴室の傷み具合、それによる撤去費用、配管工事の有無などによって金額変動が大きく変わってくるからなんです。

見た目のお悩みで、

あまり金額をかけたくない場合

(例えば、「今の浴室の大きさで満しているけど、汚れが気になる」・・・など)は、リフォーム業者ではなく、クリーニング業者に一度、問合せてみることをおすすめします。
リフォーム業者よりも、低価格に対処してくれる可能性もあります。プロがその浴室を見てクリーニングでは難しいと判断した後、浴室塗装やリフォームを考えてみるのもひとつの方法です。

でも、リフォームのタイミングを見誤ると大損することも。余計な補修費がかかったり、無駄な光熱費をいつまでも払い続けていたり。断熱性や気密性の低さからヒートショックなど健康被害を引き起こすこともあるのが浴室なのです。では、浴室リフォームのベストなタイミングとはいつでしょう?

浴室リフォームの最適なタイミングとは

簡単なテストをしてみましょう。

Q)あなたの浴室は、次の中であてはまる項目はありますか?

  • 脱衣所の床がブヨブヨしている
  • 浴室の床や壁にヒビが入っている
  • カビがひどい
  • 排水溝が流れにくい
  • これまで浴室のメンテナンスをしたことがない

一つでもチェックがついていたら、今がリフォームのタイミングかもしれません。なぜなら、これらは浴室構造の腐食が進んでいるサインなのです。腐食がこれ以上進む前にリフォームした方が、無駄な補修費がかからない場合が多いです


       リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 窓リフォーム

現実的なお話に戻ります。

気をつけなくてはいけないのが、

工事費用。

例えば、ユニットバスにリフォームする場合、パンフレットなどでユニットバスの本体価格だけ見て

「お!案外安いな」と勘違いする人がいますが大間違いです。

『工事費』がかかることを、お忘れなく。
工事費用とは、解体撤去工事・組み立工事・給湯器の交換・配管工事・補修工事のことです。

金額はお住まいの状況によりますが、安くても50万円、

腐食が酷い場合などは100万円以上かかるケースもありますので、

多めに予算をみておきましょう。

業者から出てきた見積もりも、内訳をしっかりチェックしてください。

大切なのは、今後の追加工事が発生しないか、

発生する場合はどういった場合でどの程度なのかです。

業者とここのコンセンサスをしっかり取ることがとても大切です。

ですから面倒だからといって、業者任せにするのは避けましょう。

ちなみにユニットバスの金額は、標準モデルで30万円〜。

少し良いグレードにすると60万円〜、ハイグレードなもので80万円〜が目安です。
在来工法の場合は、壁をタイルばりにするなど最低でも150万円ほどでしょうか?あなたのリフォームの目的や浴室のイメージをクリアにして、

工事費用の予算も確保すれば、理想の浴室にグッと近づきます。

リフォームの先輩100人に「リフォーム後、あなたの生活に思いもよらない変化はありましたか?」ということを聞いてみました。

するとなんと、一番多い回答が「入浴時間が楽しくなった」

(20.4%)でした。リフォームすることで毎日の生活の室がぐっと上がるのが浴室なのです。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 窓リフォーム


住宅のどこかをリフォームしたいと考えた時に、

まず一番初めに「窓」のリフォームを検討される方は少ないのではないでしょうか?

しかし、窓をリフォームをするメリットは、実はたくさん存在します。

住宅の中で最も熱が出入りをする箇所は、窓だと言われております。一説に依ると、真冬時には全体の48%の熱が放出されます。一方で、真夏時には、なんと全体の71%の熱が窓から入り込むと言われています。すなわち、窓を断熱・遮熱リフォームすることによって、冷暖房効果を高めることは電気代を大幅に節約することにつながります。場合によっては、年間の電気代を25%も削減できると言われています。

騒音の原因は、主に「空気を伝わる振動」です。そして、住宅の中で最も壁厚が薄い箇所こそ「窓」です。一般的に、人間が不快に感じる騒音レベルは、60db(デシベル)以上と言われております。例えば、犬の鳴き声は90dbです。また、一般住宅のガラス(5mm厚程度)だと20dbまでしか遮音できないので、90-20db=70dbとなり、まだ人間はうるさいと感じてしまうわけです。窓をリフォームする方法は様々な手段がありますが、中には45dbほど遮音できる手法もあるので、現在抱えている住宅の悩みに合わせてリフォームの手法を選択すると良いでしょう。

結露は、室内と外気の温度差によって発生するものです。

たとえば、夏場に冷たい氷水を外に放置しているコップの周りに水滴が付着する現象と同じものです。

厄介なことに、結露を放置していると「建物の劣化」、「カビやダニが繁殖し喘息・アトピー」などの原因となってしまいます。しかし、窓をリフォームすることで、断熱効果、つまり室内と外気の温度差を小さくすることが可能になり、結果的に結露がつきにくくなります

窓のリフォーム方法は主に「ガラス交換」「内窓追加(二重窓リフォーム)」

「サッシ交換(カバー工法)」「サッシ交換(付け替え)」の3種に分けられ、

ガラス交換→サッシ交換(カバー工法)→サッシ交換(付け替え)の順に価格が高くなります。また、2階以上のリフォームは足場を立てて作業をする必要があるため、

同じように足場が必要となる外壁塗装など、外壁リフォームと同時に行うと費用を抑えることができます。


安芸高田市窓リフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム


キッチンスペースをできるだけ

コンパクトにおさめたい」

「リビングやダイニングスペースを広く確保したい」という方には、

壁付けを選びましょう。リビングやダイニング側を向いて設置する場合、

ペニンシュラかアイランドを選ぶことになります。

中でも、存在感のあるアイランドは「家でよくパーティをする」「家族みんなで料理をする時間が楽しみ」という方にオススメです。

1-3.”キッチンをどう活用していきたいか”イメージできていると失敗しない

キッチンのリフォームを検討しはじめた方に、ぜひ実践していただきたいのが“日々の生活を思い浮かべて、キッチンをどう活用していきたいかイメージを膨らませること”です。たとえば、「子どもの様子を見守りながら料理をしたい」「家族みんなでワイワイ料理をつくりたい」「老後の生活に備えて、できるだけキッチンと食卓を近くに設置したい」など、各々に思い描くキッチンの活用法があるのではないでしょうか。

理想のキッチン活用像があると、生活に根づいたリフォームが描けるため、失敗のリスクがグッと少なくなります

もしも上手くイメージが湧かない場合には、「現在◎◎に困っている」といった、解消したいと思っている負の箇所を挙げていくのも効果的です。「なぜ困っているのか」「どうすれば解消されるのか」と掘りさげて考えていくことで、理想のキッチン像が描けていくはずです。

キッチンのリフォームは、漠然と進めてしまうと、キッチン機器のデザイン性ばかりに気をとられるか、業者に言われるがままになってしまうなどして、結果、実生活にそぐわない仕上りになってしまいがちです。

そのような失敗を避けるためには、キッチンをリフォームすることで、

叶えたいことを具体的にイメージしておくことが重要なのです。


[補足情報] キッチンリフォーム事例でイメージを膨らませる

より具体的にイメージを膨らませるにあたり、

リフォーム事例をチェックするのも一つの手です。

リフォーム事例を見れば、リフォームすることで、なにが、どう変わったのかがつぶさにわかるため、より自身のリフォームイメージも描きやすくなるはずです

さらに、リフォームをすることで”何が解消されたのか”、

”どう暮らしやすくなったか”など、実際にリフォームした方の声にも役立つ情報が詰まっています。


安芸高田市キッチンリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム


毎日使うキッチンは、
心地よい空間でありたいもの。

家事導線が考えられている、
使い勝手の良いキッチンにするだけで、毎日楽しく過ごせるようになります。
デザインはそれぞれ好みがありますが、
キッチンリフォームポイントは導線設計にあります。
お客様の家族構成や、ライフスタイルなどを考慮し、作業効率・導線設計を考える事で、使いやすいキッチンにリフォームする事が出来ます

作業の流れを把握し、導線設計を考えたキッチンにする

キッチンリフォームの際にとても大事なのが導線設計。
デザインを重視してリフォームした結果、
すごく使いづらかった・・では、意味がありません。
普段のキッチンの作業は勿論、
お客様の家族構成や趣味も踏まえ、
リフォームプランナーがベストなキッチン導線を設計します。

収納を十分に確保する

キッチンリフォームでは、使いやすさと常に綺麗なキッチン空間実現させる為に、
十分な収納確保が大切になります。
通常のキッチンは限られた中に、
沢山の食材ストックや電化製品等を配置しなくてはならず、
雑多な雰囲気になりがちです。
お客様に合わせてキッチン背面等のスペースも活用。
パントリースペースを設けたり、
オープンなキッチンが雑多にならないようにと配慮した
キッチンリフォームを行います。

ゴミの保管スペースを確保する

キッチンリフォームで意外と忘れがちなのが、ゴミの保管スペース。
せっかく導線設計を考えた使い勝手の良いキッチンにリフォームしても、
ゴミ袋やごみ箱が導線を妨げてしまうようでは意味がありません。
細やかな視点で、お客様に合わせたリフォームをご提案いたします。

身長に合わせて作成する

毎日使うキッチンでは、導線や機能性は勿論、
キッチンを使う人のサイズに合わせる事も重要です。
リフォーム前のキッチンの高さに慣れていたり、
自分の好みや疲れない高さがあると思いますので
お気軽にご相談下さい。

作業用のカウンター・シンク・コンロそれぞれを、
自分の好みに合わせて違った高さにカスタマイズも可能です。



               安芸高田市キッチンリフォームを お考えの方 

                               リフォーム工房むつのぶにおまかせください

                                                              仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム

キッチンのリフォーム費用は、

位置はそのままで

キッチン機器のみ変える場合、

キッチン機器の費用と施工費等の合計で

80~100万円が相場です。

キッチンの位置から変える場合は、

さらに排水・給水管工事や、場合によっては電気の配線工事にかかる費用も追加で必要となるため、

120~300万円が相場となります。

※上記相場はあくまでも目安です。

選ぶキッチン機器や工事内容によっても価格は大幅に変動します。


■キッチンリフォーム|費用内訳

キッチンのリフォーム費用には、主に「キッチン機器の費用(設備機器の費用も含む)」と、「施工費(解体工事費、排水・給水管工事、電気の配線工事 等)」で構成されています。

そこでキッチンリフォームの費用相場をより詳細に掴むためには、

「キッチン機器の費用」と「施工費」それぞれの相場を掴むのが有効です。

[キッチン機器の費用目安]

キッチン機器は、20万円~などの低価格帯のものから、

300万円以上の高価格帯のものまで、製品によって価格帯が大きく異なります。

各製品によって費用が異なるため、詳細は各製品ごとに確認が必要ですが、

下記にキッチン機器の相場感を掴む情報をまとめておりますので、

ぜひ参考にしてください。


■4種類のキッチン型別の費用相場

Ⅰ型キッチン 20万円~70万円
 Ⅱ型キッチン 50万円~100万円
 L型キッチン 40万円~100万円
 U型キッチン 100万円~150万円

リフォーム工房むつのぶに相談ください。


安芸高田市キッチンリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が違います



安芸高田市 キッチンリフォーム

魅力的な、システムキッチン。


システムキッチンは既製品といっても、

キャビネットから天板の素材、シンクや食洗機、

コンロなど等、お好みに合わせて自由にセレクトができます。

キッチンの使い勝手を決めるのは、動線、設備、収納の3つ。

■動線

デザインだけではなく、使い勝手の良いキッチン空間をつくるにはキッチン周辺で、

いつもどのように動いているかを把握することがキッチンリフォームのポイント。

間取図などにご自分の動きを描いてみるとチェックしやすいですよ。

■収納

キッチン選びの前に、まず今ある食器類の量や、それぞれの使う頻度を把握するとgood。

よく使う調理器具や調味料はシンクやコンロ周辺の手の届く位置に、食卓で使う食器類はダイニング側の収納に分散。等など、あたりまえのことも事前チェックは重要です。

■設備

キッチンまわりの設備。ほんとうに魅力的なアイテムが増えていて目移りしちゃいますね。片付けの手間を省く食器洗い乾燥機、電気で高火力なIHクッキングヒーター、手入れし安くお洒落なレンジフードなど。でも本当に我が家に必要か、しっかりと計画的にチョイスしたいものです。

ものによっては、電気容量を増やさなくてはいけなかったり、新たな回路の引き込みが必要な場合も。

リフォーム工房むつのぶに相談ください。


安芸高田市キッチンリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が違います



安芸高田市 塗り壁のリフォームの値段


ネットやスマホで簡単に物を売買できる昨今。
ハンドメイドやDIYが身近なものになりました。

今彫金がブームになっているようです。
そういえば陶芸のワークショップも新しくできていたな。

なんでも、作る過程を楽しむということが
今の主流になっているそうです。

余裕があるなぁと他人事に感心しています。

彫金や陶芸はスクールに出向いて、
用意された材料を準備された機材を使って先生のもとで
教えてもらうということが多いのではないでしょうか。

でも家づくりのDIYは自分ひとり。

採寸から養生、材料や機材集めも全て自分でしなければ
なりません。

ホームセンターなどでDIY向けのスクールなども
あるようですが、自宅まで来て手取り足取り教えてくれることは
ありません。

前提としてプロ向けに作られている


作っているため、素人の方には扱いにくい商品です。

ホームセンターに行けば練ってあって蓋を開ければ
そのまま使える塗り壁材や、敷きこむだけの
合板フローリングなどがありますよね。


塗り壁の材料は大型のかくはん機で攪拌して作ります。

左官材と呼ばれ、左官職人さんが施工するものです。

職人さんの経験が必要な材料

職人さんと呼ばれるのは仕上げやコテ裁きの美しさだけでなく、
材料を作るその日の温度や湿度を見て水の温度を変えたりといった
経験と勘が必要になるからです。

『本物』であるからこそ、熟練の技が必要になります。

攪拌が足りなければ、色むらの原因に。
乾燥が足りなければ、クラックの原因に。

温度や湿度、空気の流れなどを見極めて施工する必要がある、
言ってみれば厄介な材料なのです。


でも、『本物』だからこそ職人さんに施工してもらうことを
お勧めしたいのです。

楽しめるDIYは歓迎します

もちろん家族の思い出にとか、自分の部屋は自分で
やり遂げたいなどというお気持ちでDIYを希望される方も
いらっしゃいますよね。

それは大賛成です。

時間に余裕があって、出来栄えはご愛敬。

自分たちでやった!というところに意味を持つ
というDIYはきっと楽しいでしょうね。

DIYをするなら・・・

メーカーが出している施工要領書を熟読してください。
施工要領書はいわば施工の道しるべです。

何を用意したらいいか、どういう環境下での施工が
望ましいのか、専用の下地はどんなものかなどが
分かります。

また、凹凸のある部分や細かい部分は施工がしにくいため
最初はできるだけ広い範囲での施工をお勧めします。

安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 お風呂のリフォームの値段


ユニットバス・在来工法ともに発生する

リフォームは、浴槽の交換や内装リフォーム以外にも様々なものがあります。

・給湯器の交換リフォーム
・洗面所とセットでリフォーム
・お風呂の水漏れ修理リフォーム
・バランス釜の撤去・交換リフォーム
・お風呂のバリアフリーリフォーム
・マンションのお風呂リフォーム

給湯器の交換リフォーム費用

給湯器は、ガス給湯器、電気温水器、エコキュートなどのタイプがあり、それぞれ熱源の違いがあります。いずれも約数時間で工事を済ませることができます。

ガス給湯器の交換費用

・約7万~18万円

給湯能力(号数)により、価格差があります。
また、追い炊き機能やオート湯はりストップ機能など、給湯器の機能が増えるほど価格は割高になります。

電気温水器の交換費用

・約15万~20万円

電気温水器の脚部カバーが加わると約3万円高くなり、使用水量に応じてオートで湯量を調整する機能が付くと、さらに約5万円追加費用が発生します。

エコキュートの交換費用

・約20万~30万円

エコキュートは、定価は約70万~80万円と非常に高額ですが、販売時は大きく割引された価格で販売される事が多いのでご安心ください。

ただし、ガス給湯器からエコキュートに変更する工事の場合は、約80万円前後

安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 お風呂のリフォームの値段

お風呂には、壁や床などを1から作り、

浴槽などの部材を1つずつ取り付ける「在来工事」タイプと、

工場で作られた規格品のユニットバスを取り付けるタイプの2種類があります。


ユニットバスは、商品のグレードごとに設定された値段によって費用が変動します。



在来工法のお風呂の取り付け価格の相場

※1坪分のお風呂の場合
・基礎工事費用:約15万円
・部材代1(壁材、床材など):約15〜20万円
・部材代2(浴槽、浴室ドアなど):約20〜30万円
・取り付け費用:約20万円
(合計)
70万円〜85万円

ユニットバスの設置費用の相場

※1坪タイプのユニットバスの場合
・ユニットバスの商品価格:約50〜90万円
・電気配線工事費用:約2万円
・給排水管工事費用:約2万5000円
・取り付け費用:約20万円
(合計)
74万5000円〜114万5000円

これらに加えて、養生費もかかります


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 リフォーム リノベーション

マイナスの状態だった古い住まいを“ゼロ”に戻すのがリフォームだとすると、

リノベーションは機能性やデザインといった

さまざま側面において、“プラスα”で価値を高めることを指します。

築浅の中古物件(築5~10年程度)をリフォームする」メリット・デメリット

メリット

① 工事費用を安く抑えらえる
工事範囲が部分的・表面的なので、工事費用は比較的安価に抑えられます。

② 工事期間が短い
工事範囲が限定的なので、短期間で工事を終えられます。期間は(一般的に)半日~1か月程度。物件購入後にリフォーム工事をする場合、工事期間が短いため新居に早く引っ越しすることができます。賃貸住宅に住んでいる場合、工事期間中は元の住まいの家賃と購入した物件のローン返済が並行して発生するので、その期間を短くできるのはコスト面で嬉しいことです。

③ 完成後の住まいをイメージしやすい
新築時の状態に戻すことを主な目的とし、大幅な間取り変更や機能変更をおこなわないため、基本的に購入した築浅物件の姿が大きく変わることはありません。

デメリット

① 自由な間取り変更ができない
表層的な内装の修繕工事や設備機器の取り換え工事がメインのため、住む人にとっての快適な動線設計や採光・採風などの機能改善はおこなわれません。

② 住宅の強度・劣化などの状態確認はおこなえない

一部分のみの改修になるため、住まい全体の強度や配管・柱など住宅内部の劣化状態をチェックすることはできません。

リフォームだとすると、

リノベーションは機能性やデザインといった

さまざま側面において、“プラスα”で価値を高めることを指します。


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 リフォーム リノベーション

一戸建て木造住宅の「リフォーム、リノベーション」

(以下リフォーム)で耐震性能や省エネ性能などの

基本スペックを新築同様にすることは、

十分可能です。

リフォームの場合、柱や梁など構造上取り外せないもの以外はすべて新しいものに変更できます。

元の家の柱や梁などを活かしつつ、耐震性能を高める部材や高断熱材を使えば、

古い家を現在の耐震基準や省エネ基準にも適合できるのです。

「シロアリや雨漏りへの対策を心配される方もいらっしゃいますが、もちろんこれらも新築と同等以上に対応できます」。

間取りも、多くの場合は自由に変更できます。

リビングとダイニング、キッチンの隔たりをなくして、

大きなリビングダイニングキッチンにすることも、

浴室の位置を移動したり広げたりすることも可能です。

ただし元の家の構造によっては

できない間取りもあります。

例えば2×4工法は床や壁などの“面”で建物を支えるため、面の一つである壁に大開口の窓を備える、

ということができない可能性があります。

また住宅メーカー独自の工法が用いられている場合、その工法についての情報が必要で、場合によっては住宅メーカー指定のリフォーム会社でしか行えないケースも。

安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 トイレのリフォーム

築年数が経過すると水回りからほころびが

出てきますから、当然といえば当然です。

というわけで今回は、トイレのリフォームを検討している方に知っておいてほしいマメ知識を紹介します。

トイレリフォームの「マメ知識」

トイレのリフォーム相場は、

手すりの取り付けなどのバリアフリーリフォームや壁紙や床等などの内装リフォーム、

便座のみの交換といった簡単なリフォームの場合は10万円~20万円程度です。この程度のリフォームなら工期も1日〜長くても数日で終わります。
では、便器の交換から、内装リフォーム、手洗いの設置など、

トイレを一新するリフォームの場合はどうでしょう。選ぶ設備次第ですが、相場は20万円~50万円程度。あなたのお住まいが築15年以上で、トイレになにか不便や不具合を感じているのなら、

リフォームを故障するまで待たずに、思いきって設備や内装を一新した方が良いかもしれません。

便器自体は陶器製でとても丈夫ですが、タンクの部品や配管などは老朽化します

。寿命の目安としては10年から、長くても20年くらいでしょうか。
トイレが故障すると生活はかなり不便になるので、

十分に検討する時間をかけられず急いでリフォームをし、

後で後悔したなんて話もチラホラ聞きます。 小さな不具合を見逃さず、

リフォームのタイミングを見極めることが必要ですね。

分からない方はプロに相談してみてはいかがですか?

便器のグレード選びは慎重に

ちなみに、リフォームの先輩100人に聞いた「リフォーム後にここはケチらなければよかった、

と後悔したこと」の第1位は『便器のグレード』でした。


安芸高田市近郊で トイレのリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 内窓のリフォーム

また、防犯性が高いこともメリットの一つです。窓から侵入する際には、2枚の窓を割ったり穴を開けたりする必要が出てくるため、それだけ侵入に時間がかかります。

侵入しにくい家は、侵入に時間がかかることで発見されるリスクが高まるため、狙われにくいといわれています。防犯性がより一層高くなる補助ロックやクレセント錠をセットにしたものも販売されています

内窓のメリットは、外窓と内窓の間に熱伝導率の低い空気層ができることで、結露を発生しにくくできることです。

結露をそのままにしておくと、カビが生えてしまいます。こまめな手入れが必要ですが、二重窓を採用することで、手入れの手間を省くことができます。


二重サッシでは、窓と窓の間に空気の層ができるため、断熱性が高くなります。断熱性が高いということは、建物の外の気温の影響を受けにくいということです。つまり、冷暖房効率がアップします。

二重サッシでは、窓と窓の間に空気の層ができるため、断熱性が高くなります。断熱性が高いということは、建物の外の気温の影響を受けにくいということです。つまり、冷暖房効率がアップします。

窓を二重サッシにリフォームすることで、年間の冷暖房費が約20,000円抑えられるともいわれています


安芸高田市近郊で 内窓リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 サッシの交換リフォーム


サッシの交換費用では、相場が数万円~50万円と幅があります。


これはサッシの交換にもさまざまな種類があるためです。ここでは代表的なサッシ交換の費用についてご説明いたします。


  • 木製建具をアルミ製に変更
    〜25万円台
  • 遮熱性・防犯性ガラスに交換
    5万円台~30万円台(※ガラス交換の費用は2枚一組、一窓あたりの費用)
  • 内窓を追加し二重窓に変更
    4万円台~20万円台
  • サッシ全体を交換
    ~50万円台

既存のサッシの状態や、変更したい内容によってリフォームのパターンや費用も無限にあります。

防音や遮熱、防犯などといった様々な機能に特化したサッシが種類豊富に出回っています。既存のサッシ枠を利用すれば、遮熱や防犯対策などに優れたガラス交換はリフォーム費用が比較的抑えられ、交換時間も一窓あたり約一時間前後と短くて済みます。

リフォーム後は、掛けた費用以上の見返りが期待できるのでサッシ交換をお考えの際はおすすめです。


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 お風呂のリフォーム

浴室リフォームで気をつける工事費用の内訳

さて、すこし現実的なお話に戻ります。

気をつけなくてはいけないのが、工事費用。

例えば、ユニットバスにリフォームする場合、パンフレットなどでユニットバスの本体価格だけ見て「お!案外安いな」と勘違いする人がいますが大間違いです。

『工事費』がかかることを、お忘れなく。

工事費用とは、解体撤去工事・組み立工事・給湯器の交換・配管工事・補修工事のことです。

金額はお住まいの状況によりますが、安くても50万円、腐食が酷い場合などは100万円以上かかるケースもありますので、多めに予算をみておきましょう。

業者から出てきた見積もりも、内訳をしっかりチェックしてください。

大切なのは、今後の追加工事が発生しないか、発生する場合はどういった場合でどの程度なのかです。業者とここのコンセンサスをしっかり取ることがとても大切です。

ですから面倒だからといって、業者任せにするのは避けましょう。

ちなみにユニットバスの金額は、標準モデルで30万円〜。

少し良いグレードにすると60万円〜、ハイグレードなもので80万円〜が目安です。
在来工法の場合は、壁をタイルばりにするなど最低でも150万円ほどでしょうか?

あなたのリフォームの目的や浴室のイメージをクリアにして、工事費用の予算も確保すれば、

理想の浴室にグッと近づきます。

リフォームの先輩100人に「リフォーム後、あなたの生活に思いもよらない変化はありましたか?」ということを聞いてみました。

するとなんと、一番多い回答が「入浴時間が楽しくなった」(20.4%)でした。

リフォームすることで毎日の生活の室がぐっと上がるのが浴室なのです。


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 無垢床のリフォーム


自然塗装とか、無塗装の無垢フローリングであれば、
呼吸するし、調湿性もあるから、

無垢フローリングを貼ることで、室内のカビ対策になると
期待しても、無理はありません。

しかし、無垢フローリングであっても、
バッチリ塗装していれば、呼吸しないし、
調湿性も無いから、カビ対策にはなりません。

では、無垢フローリングを採用することで、
カビ対策になるのでしょうか?

無垢フローリングは、調湿性があります。
といっても、塗り壁ほどには、調湿性能は高くないし、

面積も壁や天井の合計面積よりも少ないので、
それほど大きな調湿量は期待できません。

もし、床の無垢フローリングだけに、
調湿を期待するとしたら、

床の無垢フローリングがカビてもおかしくないかも知れません。

しかし、床の無垢フローリングがカビる
というのは、よっぽどの状態です。

おそらく、床の無垢フローリングにカビが生えているのなら、
壁や天井や、冷蔵庫や、家具の裏とか、
いたる所にカビが発生していると思います。

カビが生えるとしたら、環境に問題がある

つまり、床の無垢フローリングにカビが生えるとしたら、
生活環境自体に問題があると思います。

カビが生える条件は、温度、湿度、餌となる有機物、
そして、カビの生育に必要な時間の4つです。

人間が快適だと思う環境と、カビが発育する環境は、
似通っています。

つまり、適度に温かくて、適度に湿気もあって、
エサになるような「有機物」があって、

カビが「育つ」時間があれば、どこでも、
カビは生えるということになります。

暖かい時期で、汚くしていて、掃除をしていなければ、
カビが繁殖する絶好の環境が整っていることになります。

生活習慣を変えることが、カビ対策

カビ対策を考えると、カビが生える4つの条件の
どれか1つを切ってあげれば良いことになります。

ただ、温度も湿度も、カビが生えない状態にすると、
人間も生活できないことになってしまいます。

掃除をマメにしてくださいというのも、かなりきついかも知れません。

確かに無垢フローリングにも調湿性はありますが、
床の調湿性だけに頼ると言うのは、かなり無理があります。

そこで、なるべく壁や天井も、調湿性のある素材を採用して、
床・壁・天井全てで、室内の調湿を考えるべきだと思います。

生えたカビは、エタノールで対策

もし、無垢フローリングにカビが生えたら、
対処法としては、エタノールで消毒して、

カビを根絶やしにすることですね。

再度塗装するとしても、まずは、今生えているカビを除去
しないとなりません。

ただ、青や、赤や、黒といった色がついてしまったら、
漂白剤でも使って、「漂白」しない限り、

色は消えません。

エタノールとは、薬局などで売っている消毒用の
アルコールです。

生えたカビの菌糸を殺すことは出来ますが、
カビの色を消すことまでは出来ません。

呼吸するけど、頼り過ぎはダメ

無垢フローリングは、呼吸します。調湿性もあります。
しかし、ウレタン等で、無垢フローリングの呼吸を止める
ような塗装をしてしまうと、

調湿性能は無くなってしまいます。

それに、自然塗装された無垢フローリングであっても、
フローリングの調湿性能は、それほど高くないので、

無垢フローリングに頼り過ぎてはいけないと思います。

いかがでしょうか?

無垢フローリングは、調湿性があります。
しかし、頼り過ぎてはいけません。

それに、無垢フローリングの調湿性能は、それほど高くないので、
床だけに頼らず、壁・天井にも

調湿性のある素材を採用した方が良いということが、
ご理解頂けたでしょうか?

床を無垢フローリングにするだけでは、
カビ対策にはなりません。

安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 外壁のリフォーム

 外壁や屋根に使われる塗料には1液型と2液型という分類が存在します。

これは塗料のグレードを指すアクリル樹脂塗料、

ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料の全てに存在する分類となります。

塗料を選ぶときは、グレード、水性塗料、油性塗料(溶剤系塗料、弱溶剤系塗料)

といったタイプだけでなく、

1液型と2液型を選ぶ必要があります。どちらを選べば、耐久性が高く、綺麗な状態で長期間外壁や屋根を保つことが出来るでしょうか。


また、どちらを選べばより低価格で外壁塗装工事を行う事が出来るでしょうか。

外壁塗装用の塗料は非常に様々な種類がありますが、基本的な分類はそこまで多いものではありません。

まずは塗料の分類について整理しておきましょう。


大きく分けて塗料のグレードと、それを水、シンナーのどちらで溶かすのか、そして塗料が主材と硬化剤に分かれているかということで分類されています。

樹脂による分類耐久年数
アクリル系樹脂塗料5~8年
ウレタン系樹脂塗料7~10年
シリコン系樹脂塗料10~15年
ラジカル系樹脂塗料15年前後
フッ素系樹脂塗料15~20年

まず最も大きい分類として、塗料は耐久性(どれぐらいの間外壁を保護する機能を有する事が出来るか)を決定づける樹脂によって分類されます。

グレード、ランクなどと呼ばれます。上の表の通り、フッ素、ラジカル、シリコン、ウレタン、アクリルの順で耐久性が高いです。

今現在の外壁塗装事情として、アクリル塗料、ウレタン塗料が使われる事はほとんどなくなり、

主流はシリコン塗料と、新しく出来たばかりのラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)で、

さらなる耐久性を求める場合にフッ素塗料を使います。

アクリル 溶剤 2液型 1液型 弱溶剤 2液型 1液型 水性 2液型 1液型 ウレタン 溶剤 2液型 1液型 弱溶剤 2液型 1液型 水性 2液型 1液型 シリコン 溶剤 2液型 1液型 弱溶剤 2液型 1液型 水性 2液型 1液型 ラジカル 水性 2液型 1液型 弱溶剤 2液型 1液型 溶剤 2液型 1液型 フッ素 水性 1液型 2液型 弱溶剤 2液型 1液型 溶剤 2液型 1液型

少し分かりづらく細かいお話になるのですが、

グレードそれぞれにに、


水性、弱溶剤、溶剤(次項で説明)という分類が有り、さらにそのそれぞれに1液型、2液型という分類もあります


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 キッチンのリフォーム

 キッチンをリフォームする際に最も気になることの一つが、

「いくら掛かるの?」


ということではないでしょうか?リフォームは個別性が高いので厳密な金額は出せませんが、


ここでは費用の目安やどのようなリフォームが高くなるのかについてご説明いたします。

2-1.キッチンリフォームの費用の目安について

キッチンリフォームの費用は「キッチンの形状」と「キッチンのグレード」によって大きく

変わってきます。キッチンの形状は台所のスペースや生活スタイルに合わせて選び、グレードに関しては、どこまで予算を掛けるかで判断するとよいでしょう。

ここではキッチンリフォームの平均的な費用について以下の表でご説明いたします。

キッチンリフォームの費用の目安について

キッチンの形状とグレードでリフォーム費用は上記のようになります。


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 屋根のリフォーム

 

屋根材別の単価相場

屋根材を1枚だけ交換する場合でも以下のようなお金がかかります。

屋根材代 + 職人の人件費 = 屋根修理費用

屋根材の単価相場

(1枚あたりの値段+人件費が加えられた金額)も覚えておきたい情報のため、

以下の表の屋根材別の単価相場を、一般的な目安として覚えておきましょう。※屋根材は種類豊富で値段も全て違います。グレードが上がれば(耐久性が高いもの)より値段も高くなります。

屋根材平米単価の相場
ガルバリウム6,000~9,000円/㎡※断熱材が入った場合は価格が上がります。
コロニアル(スレート屋根)4,500~8,000円/㎡
樹脂・セメント(スレート屋根)9,000円/㎡~
8,000~12,000円/㎡
本瓦50,000円/㎡~※社寺や城などに使われる高級な瓦。
銅板18,000円~20,000円/㎡※銅板は高級な為、値段が高いです。


屋根修理 その他の費用

項目約30坪の建物の費用相場 
仮設足場10~30万※ガルバリウム鋼板は滑りやすいため。また、屋根の傾きが急な場合も足場が必要
高圧洗浄2万5千~3万
ケレン5万5千~10万
錆止め7万5千~10万
アクリル系塗料7百〜1千4百
ウレタン系塗料1千5百〜2千
シリコン系塗料1千8百〜2千
フッ素系塗料3千1百〜4千5百
遮熱・断熱塗料(ガイナ)3千3百〜4千5百
漆喰8万~15万
コンパネ(野地板)7万5千~10万5千
塗料15万~60万※塗料のグレードによって値段が変わります。
ルーフィング(防水シート) 8万~10万
棟板金3万~5万(12~26m)
諸経費5%前後
屋根材撤去費20万~40万※屋根の重さによって費用が増えます。
屋根材処分費10,000~20,000円/m3※立方メートル・産業処分場によって費用が増えます。

屋根修理の費用の内訳として、足場・ケレン・防水シート・野地板などの屋根修理に関係する費用相場も覚えておくと、あとで役立ちます。

特に、屋根の修理において、金額を高める要因が足場です。

屋根の不具合は部分的だったとしても、屋根が急だったり滑りやすい場合は、職人さんが安全に作業が出来る状況を用意しなくてはいけません。

そのため、部分的な修理だったとしても足場が必要となり、お家の状況によっては10万前後かかってしまう場合もあるため、その場合は屋根修理ではなく思い切って、

屋根リフォームを考えていただくのもオススメです


安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 浴室のリフォーム

 最近のユニットバスは節水性に優れ、かつ半身浴ができるなど、くつろげる形状の浴槽が多い。また床がヒンヤリとせず、撥水性も高いためカビも発生しにくい。冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。「タイル張りの浴槽にタイルの床など、在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」(木村さん)

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 
種別/マンション 



安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 スケルトンリフォーム

 大幅な間取り変更をしたい、

さらに耐震補強などもしたいので、

内部をスケルトンリフォームしたい。

外装リフォームもやりたいが、

外部までを解体してスケルトンリフォームするには

予算がないので塗装などでのリフォームはしたい。

内部スケルトンリフォーム後は、

室内はもちろん新築同様になり、

外装も塗装や左官をすることで見た目は一新されます。

 

そうなってしまうと、窓(マド)サッシだけが古いままに。。

窓(マド)サッシはすべて変えたい!

あるいは断熱性能を上げたいので窓(マド)サッシは交換したい!

 

このようなお客様が選択するのが、

ベースは一戸建て内の内部スケルトンリフォームで施工し、

すべての窓(マド)サッシの交換はする。

という方法です。



安芸高田市近郊で リフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 キッチンのリフォーム

 キッチンの寿命は10年~20年程度と

されています。レンジフードやガスコンロ、IHクッキングヒーターなど、設備機器の寿命は10~15年程度です。設備機器のみの交換もできますが、

全体的に汚れや不具合が目立つようになったときには、キッチン全体の交換リフォームを検討しましょう。

キッチンリフォームの費用は、種類やサイズ、

グレードなどによって異なります。キッチンの交換リフォームでは、

キッチン自体の費用や設置工事費用の他、既存のキッチンの撤去費用や床や壁の補修費用が必要です。


また、リフォームでキッチンの位置を移動する場合は、


ガス管やレンジフードの換気ダクトの配管や電気の配線を移設する工事がかかります。


壁の撤去や設置を行ったり、床や壁の補修範囲が広がったりすることからも、

リフォーム費用がアップします。あるいは、キッチンパネルを新しくする場合も追加で費用が必要です。


安芸高田市近郊でキッチンのリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 お風呂のリフォーム

 リフォームを行う際、


大手になるほど値段は高くなります。

広告宣伝費や営業費用はもちろんのこと、仲介手数料がかかるからです。

一般的に大手のハウスメーカーの場合、

30~40%程度の仲介手数料が発生します。たとえば、大手ハウスメーカーにお風呂のリフォームを依頼した場合、200万円だったと仮定します。

200万円(工事費用) × 0.4(仲介手数料の割合) = 80万円(仲介手数料の金額)

つまり、200万円の工事の場合、80万円が手数料になるということです。

そのため、実際に工事に使われる金額は、仲介手数料を引かれた120万円になります。

大手ハウスメーカーに工事を依頼するということは、仲介手数料が上乗せされていることを覚えておきましょう。


安芸高田市近郊でお風呂のリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにおまかせください



安芸高田市 お風呂のリフォーム

 すこし現実的なお話しです

気をつけなくてはいけないのが、工事費用。

例えば、ユニットバスにリフォームする場合、

パンフレットなどでユニットバスの本体価格だけ見て「お!案外安いな」と勘違いする人がいますが大間違いです。『工事費』がかかることを、お忘れなく。

工事費用とは、解体撤去工事・組み立工事・給湯器の交換・配管工事・補修工事のことです。

金額はお住まいの状況によりますが、安くても50万円、腐食が酷い場合などは100万円以上かかるケースもありますので、多めに予算をみておきましょう。

業者から出てきた見積もりも、内訳をしっかりチェックしてください。

大切なのは、今後の追加工事が発生しないか、発生する場合はどういった場合でどの程度なのかです。

業者とここのコンセンサスをしっかり取ることがとても大切です。

ですから面倒だからといって、業者任せにするのは避けましょう。

ちなみにユニットバスの金額は、標準モデルで30万円〜。

少し良いグレードにすると60万円〜、ハイグレードなもので80万円〜が目安です。
在来工法の場合は、壁をタイルばりにするなど最低でも150万円ほどでしょうか?あなたのリフォームの目的や浴室のイメージをクリアにして、工事費用の予算も確保すれば、理想の浴室にグッと近づきます。

リフォームの先輩100人に「リフォーム後、あなたの生活に思いもよらない変化はありましたか?」

ということを聞いてみました。するとなんと、一番多い回答が「入浴時間が楽しくなった」(20.4%)でした。リフォームすることで毎日の生活の室がぐっと上がるのが浴室なのです。

安芸高田市近郊でお風呂のリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにおまかせください



 

二重窓にリフォームするメリット


普通の窓を二重窓にするメリットは、ざっくりこんな感じです。

・冷暖房が効きやすく省エネに
・防音性能がアップ  
・結露を抑えて健康な部屋に
・防犯性能がアップ
・インテリアをイメージチェンジできる
・雨の日に通気が取れる


冷暖房が効きやすく省エネに


安芸高田市 窓のリフォーム

断熱」というと、屋根や壁を想い浮かべる方も多いかもしれません。でも、実は、一番熱が通り抜けるのが「窓」。
窓は、住まいの中で、一番熱の出入りの大きい場所。

夏は、外気の73%が窓から熱が流入し、冬は外気に窓から58%もの熱がにげていきます。


安芸高田市近郊で窓のリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶ におまかせください








安芸高田市 お風呂のリフォーム

 

リフォームに必要な期間

タイルのお風呂(在来浴室)からユニットバスへの

リフォームを施す場合、平均して4?6日間程度の

工期が必要となります。
見積もり内容や何をどこまでリフォームするのかという要件によっても工期は異なるので、

最長で10日程度だと思っていれば

間違いはないでしょう。
お住まいがマンションである場合、リフォームする前に近隣居住者への説明や管理会社との

話し合いなどの準備が必要です。
その期間も含めると実際の工期より日数はどうしてもかさんでしまいます。
事前に必要な準備を洗い出し、リフォームにかかる工期と

、それ以外の準備期間も含めたスケジュールを把握できていると安心です。



作業内容とスケジュール

タイルのお風呂からユニットバスへのリフォームをする場合には、

タイル張りになっている床や壁を崩してから基礎を作りなおしてユニットバスを入れることになりますので、

作業も大掛かりな内容になります

一般的には以下の様なスケジュールと内容で進行します。

  • 1日目:養生シートの設置など工事の事前準備、古い浴室の解体作業

  • 2日目:土間コンクリート打設(コンクリートで基礎を作る)工事、木工事、配線配管工事

  • 3日目:新しいお風呂の搬入、配管工事、断熱工事

  • 4日目:ユニットバスの組立工事

  • 5日目:内壁の造作、外壁工事

  • 6日目:内装工事、電気工事、ドア据付、クリーニング、引き渡し

実際には工事の内容や現場の状況によって異なりますので、事前に必ず確認してください。


安芸高田市近郊でお風呂のリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶ におまかせください

安芸高田市 のリフォーム

 

塗り壁のメンテナンスで、一番重要なことは、
まずは、そもそもボロボロする塗り壁を

内装に選ばないということです。

ちょっと触ったら白くなるとか、
洋服をこすったら、洋服が白くなる。

カレンダーやポスターも貼れない。
そんな塗り壁を選ばないということです。

では、堅ければいいのか?
ボロボロしなければいいのか? というと、
内装に塗り壁を選ばれる方は、

塗り壁の豪華さ、格好よさに加えて、
室内が快適になることを希望している筈です。

となると、キチンと調湿する塗り壁であるのか?


また、調湿性能は優れているのか? といったことも、

製品選びには、欠かせない要素ということになる訳です。

調湿性能が優れていることが前提となって、
ボロボロしない塗り壁を選ばれることが、

塗り壁にして、あとで、メンテナンスが大変になるという
後悔を避ける秘訣ということになる訳です。

では、具体的な塗り壁のメンテナンス方法とは、
いったいどんな手順がいいのでしょうか?

具体的な話をします。

2.汚れ落としは、まず消しゴムで試す

塗り壁の汚れ落としは、まずは、優しく始めて、
徐々にハードにするのが鉄則です。

ハタキのようなもので、はたいて取れないのか?
布で擦って取れないのか?

その当たりを試してみます。

そして、意外に効果を発揮するのが、
消しゴムでこすってみるというやり方です。

それで意外と汚れが取れる場合があるのです。

ただ、これは、あとで説明するメンテナンス方法にも
共通する話ですが、

汚れた箇所が綺麗になることで、周辺部と違った感じになって、

かえって目立つ場合があるということです。

いっそのこと、へんに弄らないで、
そのまま放置しておいた方が良かったという場合も

あるのです。

本当にメンテナンスしたいのか?
メンテナンスするべきなのか?

それをじっくり考えてから、作業に入るべきです。

3.次に、ハイターで漂白してみる

消しゴムで落ちなかったら、汚れの種類にもよりますが、
漂白剤の「ハイター」で漂白してみるという「技」があります。

酸素系の優しい漂白剤ではなく、塩素系の強い漂白剤です。

ひょっとすると、塗り壁の染み、汚れは、
これで綺麗になるかもしれません。

ただし、この方法は、メンテナンスした箇所と、
その周辺の色合いが違うことになり、