安芸高田市 自然素材のリフォーム










調湿する自然素材は少なからず動きがあります。

季節や温度、湿度に影響を受けるため、丁寧な施工が必要とされ、
施工費や時間がかかるため嫌がる工事業者さんもいらっしゃいます。

自然素材に慣れている業者さんなら、動きを予想し施工します。

慣れていない人にとっては面倒で大変な作業でも
慣れている人にとっては当たり前のことなのです。

自然素材に慣れたリフォーム工房むつのぶに相談しましょう。

自然素材はおおらかな気持ちで

先ほど自然素材を嫌がる業者さんがいると言いましたが、
施工の問題だけでなく、自然素材はクレームが多いと
考えている方が少なからずいらっしゃいます。

塗り壁にひびが入ることや、無垢フローリングが
痩せて隙間ができることは当たり前のこと。

それをいちいちクレームにされては堪らないと
自然素材を嫌がる業者さんが多いのも事実です。

自然素材のいいところは、キズや汚れも
馴染んで、気にならなくなるというところ。

そんなもんなんだー。という気持ちで自然素材を選んでいただきたいです。

安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください



安芸高田市 自然素材のリフォーム










旅行などに使えなかったお金を、リフォームに充てる方も
増えていますね。

快適な場所づくりというところで、自然素材でのリフォームを
お考えの方も多いです。

自然素材の家作りにおいて知っておきたいこと4つについて考えてみます。

・予算を考える
・自然素材を扱える業者にお願いする
・自然素材はおおらかな気持ちで
・自然素材は実はメンテナンスフリー

予算を考える

現在の家作りの標準仕様はほとんどが
ビニールクロスの壁と、合板フローリングの床。
施工が簡単で単価も安いためです。

この標準仕様を例えば織物クロスに、塗り壁に、
無垢フローリングに変えた場合はそれなりの金額が
かかると考えてください。

標準仕様の3倍から5倍の金額になることもあります。

もし、自然素材の内装材を絶対とするならば
そこにまずは予算を持ってくる必要があります。

そうすることによって、他の何かを削らないといけないかも
しれません。

でも、自然素材の内装材にはその価値があると思います。

自然素材を扱える業者にお願いする

安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください



安芸高田市 床のリフォーム










床の張替え費用は、もともとの床材がカーペットなのか畳なのかなど、

現状の床材の種類の違いによって、

フローリングへの張替えの手間や取りうる工法が違うため費用差が発生します。

カーペットやクッションフロアの場合、

畳やフローリングに比べてはがしや下地補修が簡単のため、

費用は安くなります。


次の4つにパターンを分けることができます。

 

  • パターン① 現在の床材がクッションフロアの場合
  • パターン② 現在の床材がカーペットの場合
  • パターン③ 現在の床材が畳の場合
  • パターン④ 現在の床材がフローリングの場合

ここでは、それぞれのパターンについて、床張替えの費用をご説明します。

パターン① 


現在の床材がクッションフロアの場合

現在の床材がクッションフロアの場合、

主に次の2つのパターンが考えられます。

 

  • 同じくクッションフロアに張替える場合
  • フローリングに張替える場合

以下では、それぞれのパターンの費用についてまとめました。

クッションフロアからの張替え費用まとめ










ご覧のように、

たとえばキッチンなど4.5畳で新しいクッションフロアに張替える場合、

8~9万円前後、防音仕様でないフローリングに張替える場合、

8~11万円前後で張替えることができます。

なお、洗面所やトイレのクッションフロアを張替える場合も多いかと思います。


その場合の費用は次の記事で取り上げておりますのでぜひご確認ください


安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください



安芸高田市 断熱リフォーム 










壁・屋根の断熱化リフォームでは、

断熱材を利用する場合、費用は1㎡につき約4千~3万円です。
工法や施工面積によって変動しますが、壁全体を断熱化した場合、

総額80~350万円になるケースが多いです。
工期も2週間~1ヶ月とかなり幅があります。

特に壁のリフォームでは、外側から施工するか・

内側に断熱材を敷き詰めるか、といった工法の違いや、施工範囲によって価格が大幅に変動します。
外側からリフォームする場合、天候によって工期が長くなる可能性もあるため、

現地調査の際に、リフォーム会社に目安期間を聞いておくとよいでしょう。

天井の断熱リフォーム

夏場に天井から暑さを感じている、

もしくは冬場に天井からの冷たい風を感じているようでしたら、

天井裏を断熱リフォームするのもよいでしょう。
工事期間は2~4日位と短く、天井裏に断熱材を隙間なく敷き込むだけで、室内温度を適温に保てるようになることが期待できます。


安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください

安芸高田市 断熱リフォーム 










・屋根の断熱化リフォームでは、断熱材を利用する場合、費用は1㎡につき約4千~3万円です。


工法や施工面積によって変動しますが、

壁全体を断熱化した場合、総額80~350万円になるケースが多いです。


工期も2週間~1ヶ月とかなり幅があります。

特に壁のリフォームでは、外側から施工するか・

内側に断熱材を敷き詰めるか、といった工法の違いや、施工範囲によって価格が大幅に変動します。
外側からリフォームする場合、天候によって工期が長くなる可能性もあるため、

現地調査の際に、リフォーム会社に目安期間を聞いておくとよいでしょう。

天井の断熱リフォーム

夏場に天井から暑さを感じている、もしくは冬場に天井からの冷たい風を感じているようでしたら、

天井裏を断熱リフォームするのもよいでしょう。

工事期間は2~4日位と短く、天井裏に断熱材を隙間なく敷き込むだけで、

室内温度を適温に保てるようになることが期待できます。


安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください

安芸高田市 壁 リフォーム 










壁紙の張り替えや畳をフローリングに張り替えるなど、


住まいの大胆なイメージチェンジがほどこせる内装リフォーム。

国土交通省の調べによると、

平成29年度のリフォームにおいて、

その工事内容の1位は87.5%で「模様替え」だったそうです。

また、同上の調査によると、

内装の模様替えをする動機は

「住宅がいたんだり汚れたりしていた」

が圧倒的多数でした。

つまり、多くの人が内装の「いたみや汚れ」

を理由にリフォームを決意、

その際に室内のデザインを変えているようです。

使用されている素材や使用環境によって異なりますが、

床や壁のリフォーム目安は下記の通りだといわれています。

●壁紙の張り替え:10年前後(使用年数)

●床の張り替え:10年〜15年(使用年数)

では、使用年数が基準を過ぎると、

壁や床にどのような兆候が現れるのでしょうか?

壁材や壁紙に以下のような症状が現れたら


壁のリフォームを検討する必要があるでしょう。

●壁紙の色がところどころで違う


●表面にシワがでてきた



●継ぎ目に汚れがたまってくる


安芸高田市で 

リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください

安芸高田市 床暖房 リフォーム 










温水式や電気式のものがあって、
床暖房の設備自体の価格帯や、施工方法も違います。

ただ、故障した時には、
表面の仕上げ材であるフローリングを
剥がさないと、工事できないので、

ちょっと厄介です。

床暖房の機械に保証がついていても、
もし故障の原因が分からないと、

やはり床を剥がさないとならないかも知れません。

そのことを考えると、
私は、どうしても、床暖房を勧めたいという気に
なれない訳です。

もし、10年で壊れたら、あとの10年、20年というのは、
「床暖房」のない普通のフローリングです。

とするならば、最初から、床暖房など入れず、
フローリングの素材を吟味し、

床暖房の費用に匹敵する金額を、仕上げ材である
フローリングに投資するというのが、

贅沢で、豪華で、気持ちのいい選択肢だと思うのです。

そして、もし、無垢フローリングに興味があるとしたら、
普通の合板フローリングではなく、

無垢フローリングを選ばれるといいと思います。

無垢フローリングの中にも、
床暖房用の製品はありますが、

もし、無垢フローリングを選ばれて、
床暖房はしないけど、

「温もり」が欲しいということであれば、
柔らかい樹種の無垢フローリングを
選ばれるといいと思うのです。

無垢の木は、合板と違って、
空気を沢山含んでいます。

「空気」が一番の断熱材なのです。

羽毛があったかいのも、空気の層を作ってくれる
訳だし、

白クマが極寒の海を泳げるのは、
一本一本の毛が、中空になっていて、
断熱材である空気が入っているからなのです。

合板フローリングは、薄くスライスした板を、
何度も何度も接着して作っていますから、

空気層も少ないし、そもそも接着剤のせいで、
冷たく冷え冷えとした感じになります。

しかし、無垢フローリングは、
樹木が栄養を吸い上げる「導管」という「空気層」を
大量に含んでいるため、

乾燥させてフローリングに加工した段階では、


それが断熱層になる訳です。


安芸高田市で リフォームをお考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください


仕上がりの質の違うリフォームをお値打ち価格でお届けします


お気軽に ご相談ください

安芸高田市 壁 リフォーム 










間取りを変更するリフォームには、

2つの部屋の間にある内壁を撤去して1つの部屋にするリフォームや部屋の中に新たに内壁に作り、

それぞれ独立した2部屋にするリフォームなどがあります。

また、1部屋を2部屋に分けるリフォームでは、内壁の設置以外にもカーテンや引き戸を設置し、

それぞれの部屋の雰囲気を変えるために壁紙を貼替えるリフォームなども考えられます。

壁を撤去して、2部屋を1部屋にするリフォーム

壁を撤去するリフォームの例としては、

使わなくなった子ども部屋と他の部屋との間の内壁を撤去して広い1部屋とするケースや、

リビングの隣にある和室の内壁を撤去してリビングの一部として使える和室にするケースなどがあります。

その他には、寝室に隣接するウォークインクローゼットの内壁を撤去して寝室を広くするケースするや、

納戸と押入れやクローゼットの間の内壁を撤去して、子ども部屋にするケースなどもあるでしょう。

壁を撤去して1部屋につなげるリフォームは、使わなくなった部屋を日常的に利用できるようになるため、

生活の利便性もアップするでしょう。また、部屋が広くなることで開放感が得られ、

風通しもよくなります。

壁を撤去して、引き戸・ドアを設置するリフォーム

使わなくなった子ども部屋に寝室から出入りできる建具をつけることで、

子ども部屋をクローゼットや書斎として使用できるようにするなど、 壁の一部を撤去して引き戸やドアを設置し、2つの部屋の間を行き来できるようにするリフォームもあります。

リビングの隣の和室に、廊下から出入りできる建具をつけることで、個室(祖父母の部屋や子供部屋)として使用できるようになるなど、利便性の向上が期待できるリフォームだと言えるでしょう。

安芸高田市 フローリング リフォーム 




 


フローリングのリフォーム

フローリングの張替えリフォームの価格帯は、

6畳の場合、大きく「15万円未満」「15万円以上20万円未満」

「20万円以上」の3つに分けることができます。
販売件数などの実績を基に、BXゆとりフォームが独自に集計したデータによると、

それぞれの割合は下記のグラフのようになります。

フローリングのリフォーム価格は、使用する床材と施工方法の組合わせにより変わります。

6畳の場合でご説明します。
最も安価なのは、既存のフローリングに上張りをする方法で、

選ぶ床材にもよりますが、

15万円未満でリフォームすることが可能です。
一方、既存のフローリングの傷みが激しい場合などは、

一度フローリングをはがして骨組みからやり直す必要があり、

その場合は50,000円~の費用が追加でかかります。
全体で見ると、

15万円未満クラスに相当する「一般的な床材で上張り施工でリフォームを行った人」

が3割、15万円以上20万円未満のクラスに相当する

「グレードの高い床材での上張り施工」もしくは「一般的な床材で骨組みからの張替え」

が5割という結果となりました。
なお、和室から洋室の場合は、別途、畳の撤去費用などがかかる分、費用は高くなります

本年も お客様の 頼んで良かったをモットーに

安心 安全のリフォーム事業を お値打ち価格でお届けします

安芸高田市のリフォームのお悩みは リフォーム工房むつのぶにお任せください



安芸高田市 リフォーム 




 



新年明けまして おめでとうございます

本年も お客様の 頼んで良かったをモットーに

安心 安全のリフォーム事業を お値打ち価格でお届けします

安芸高田市のリフォームのお悩みは リフォーム工房むつのぶにお任せください



安芸高田市 壁リフォーム 




 




天井まである建具で部屋を仕切る(幅2間=3.64m)場合の費用の相場は約25万~です。

工事内容費用相場備考
建具枠取付・補修工事約5万~約8万円床の補修も含む
建具取付約20万~約30万円建具の種類による
内装の補修又は貼替え約6万~約30万円必要な場合のみ

天井までの建具で部屋を2部屋に分けるリフォームの工期の目安は約2~3日です。

また、工事は下記の流れで行われるのが一般的です。

  1. 大工工事で建具枠を取付け
  2. 建具取付
  3. 内装補修(必要があれば)

壁の貼替えリフォーム

壁のクロスの貼替えリフォームを行う場合の費用の相場は、

6帖1部屋で約10万~約20万円です。

しかし、壁の面積や建具の数などで変動するため、

あらかじめ見積もりをしっかり確認しておきましょう。

クロスを貼替えるリフォームは、古い壁紙をはがし、

下地を調整してから、新しい壁紙を貼ります。

6帖1部屋くらいであれば約1日で工事が終わるケースもありますが、

面積が広かったり、特殊な形状をしている部屋の場合は約2~約3日の工事期間が必要になるでしょう。

既設クロスによっては入念に下地調整が必要な場合もあります。

見積もりのためにも必ず業者に現地を確認してもらいましょう。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 壁リフォーム 




 




リフォーム

壁全体を貼ったり、塗ったりするものでした。

ただ、全体を直すことばかりがリフォームというわけではありません。

ワンポイントを直したり、アレンジするだけでも部屋の雰囲気は十分に変わります。
それでは以下で、もっと簡単な壁リフォームをご紹介していきましょう。

タイルで壁リフォーム
壁の一部分にタイルを貼るだけでも十分なアクセントになります。

タイルは種類も豊富ですし、部分的に使うだけならば費用も抑えられます。

また、貼り替える作業も比較的容易と言われます。

タイルで部分的にアレンジすることに慣れたら次のステップとして、

もっと広範囲にリフォームしてみるのも良いでしょう。

ウォールステッカーでアレンジ
ウォールステッカーは壁に簡単に貼ることができ、

なおかつ、剥がすのも簡単です。ですから賃貸の壁にも手軽に使えそうです。

初心者がDIYで壁リフォームするには適していると言えます。

マスキングテープで
マスキングテープも簡単に貼ったり剥がせたりできます。

壁を傷つけることなくリフォームできますので、こちらも初心者におすすめです。
 

まとめ

壁リフォームをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

壁のリフォームとなると大がかりなものを想像された方も多いと思いますが、

案外、自分でできるかもしれないと感じたのではないでしょうか。

自分でリフォームした壁は愛着もひとしおです。

是非とも、トライしてみてくださいね。 

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 壁リフォーム 




 




 間取りを変更するリフォームには、


2つの部屋の間にある内壁を撤去して


1つの部屋にするリフォームや部屋の中に新たに内壁に作り、


それぞれ独立した2部屋にするリフォームなどがあります。


また、1部屋を2部屋に分けるリフォームでは、

内壁の設置以外にもカーテンや引き戸を設置し、

それぞれの部屋の雰囲気を変えるために壁紙を貼替えるリフォームなども考えられます。

壁を撤去して、2部屋を1部屋にするリフォーム

壁を撤去するリフォームの例としては、

使わなくなった子ども部屋と他の部屋との間の内壁を撤去して広い1部屋とするケースや、

リビングの隣にある和室の内壁を撤去して

リビングの一部として使える和室にするケースなどがあります。

その他には、寝室に隣接するウォークインクローゼットの

内壁を撤去して寝室を広くするケースするや、

納戸と押入れやクローゼットの間の内壁を撤去して、

子ども部屋にするケースなどもあるでしょう。

壁を撤去して1部屋につなげるリフォームは、

使わなくなった部屋を日常的に利用できるようになるため、

生活の利便性もアップするでしょう。また、部屋が広くなることで開放感が得られ、

風通しもよくなります。

壁を撤去して、引き戸・ドアを設置するリフォーム

使わなくなった子ども部屋に寝室から出入りできる建具をつけることで、

子ども部屋をクローゼットや書斎として使用できるようにするなど、 

壁の一部を撤去して引き戸やドアを設置し、


2つの部屋の間を行き来できるようにするリフォームもあります。

リビングの隣の和室に、廊下から出入りできる建具をつけることで、

個室(祖父母の部屋や子供部屋)として使用できるようになるなど、

利便性の向上が期待できるリフォームだと言えるでしょう。

仕切り壁、カーテン、引き戸などを設置して1部屋を2部屋にするリフォーム

子どもたちの成長にともない一緒に使っていた子ども部屋をそれぞれの個室に分けたり、

夫婦で使っていた寝室を2部屋に分けたりする場合などに有効なのが、仕切り壁やカーテン、

引き戸などを設置するリフォームです。

部屋を仕切る際、仕切り壁、カーテン、引き戸の中でどれを用いるのかは部屋の使用頻度や、


どの程度プライバシーに配慮するかなどを考慮した上で選択すると良いでしょう。

毎日部屋を使用し、それぞれの部屋を完全なプライベート空間に分けたい場合は仕切り壁を、

普段は広い1部屋として利用し、

来客時だけ部屋を分けたい時などには引き戸を用いるのがおすすめです。

引き戸を収納できるスペースを用意すると尚良いでしょう。

壁のクロス貼替えリフォーム

壁のリフォームには、間取りを変更するリフォーム以外に内装をきれいにするリフォームがあります。

室内の壁がクロスの場合、日焼けなどで年数とともにくすんできます。

汚れが染み付き、掃除をしてもきれいにならなくなったり、

剥がれや傷・へこみなども増えるでしょう。

そのため、定期的にクロスの貼替えリフォームが必要です。

クロスを貼替えは部屋の印象を比較的手軽に変えることができるリフォームです。


最近では汚れにくい壁紙やデザイン性の高い壁紙もあり、

壁紙を貼替えるだけで、生活の質が向上したりおしゃれな印象の部屋に変えることができるでしょう。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム 補修工事




 




 外壁リフォームと一口に言っても、

価格帯は物件の状態や費用によってかなり広くなってしまいます。

例えば、ヒビ割れ修理など細かいものは5万円前後で済みますが

、外壁材(サイディング)の張り替えなど大規模なものだと150万円〜300万円の費用がかかります。

外壁リフォーム工事には、大きく分けると、

補修工事、塗装工事、新装工事の3種類の工事方法があります。
ご自宅の劣化具合や最後にリフォームをした時期によって、

どの工事を行うのか選びましょう。


外壁リフォームと一口に言っても、

価格帯は物件の状態や費用によってかなり広くなってしまいます。
例えば、ヒビ割れ修理など細かいものは5万円前後で済みますが、

外壁材(サイディング)の張り替えなど大規模なものだと

150万円〜300万円の費用がかかります。

外壁リフォーム工事には、

大きく分けると、補修工事、塗装工事、新装工事

3種類の工事方法があります。
ご自宅の劣化具合や最後にリフォームをした時期によって、

どの工事を行うのか選びましょう。


塗装工事は、剥がれてしまったり劣化してしまった
外壁を塗料で塗り直す工事です。
工事をする外壁の総面積はもちろん、
塗料の種類で耐用年数や価格も変わってきます。
一般的に、80万円〜150万円が相場です。

10年に1度の目安で、塗り替えをするようにしましょう。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム 補修工事




 




 補修工事は、家が抱えている問題によって工事内容は変わってきます。

家のヒビ割れや亀裂を補修する程度の工事なら20万円以下で済むことが多いです。
家全体の目地のシーリング(サイディングのパネル間などのクッション材)

の交換する場合(足場工事費を含む)は、およそ20万~80万円かかります。


ひび割れ(クラック)の幅や深さなどによって修理工法は様々で、

工法や修理範囲によって費用は異なります。

ヒビ割れの箇所が複数あったり、高い場所にある場合は、

足場を組む必要があるため、別途足場代10〜20万円(600円〜800円/㎡)がかかります。

工事を行うべきヒビ割れの目安は、幅1mm以上です。
幅が0.3mm以下のひび割れ(ヘアークラック)の場合は、

しばらく様子見で大丈夫でしょう。

幅が1mm以上になると、内部に水分が浸透し、

建物の骨組みの劣化に繋がるので、すぐに補修するようにしましょう。
また、原因が経年劣化だけではなく、建物の構造にある可能性もあるので、

下地や構造の調査を検討することをおすすめします。


安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム サイディング編




 




 外壁リフォームと一口に言っても、

価格帯は物件の状態や費用によってかなり広くなってしまいます。

例えば、ヒビ割れ修理など細かいものは5万円前後で済みますが

、外壁材(サイディング)の張り替えなど大規模なものだと150万円〜300万円の費用がかかります。

外壁リフォーム工事には、大きく分けると、

補修工事、塗装工事、新装工事の3種類の工事方法があります。
ご自宅の劣化具合や最後にリフォームをした時期によって、

どの工事を行うのか選びましょう。


外壁リフォームと一口に言っても、

価格帯は物件の状態や費用によってかなり広くなってしまいます。
例えば、ヒビ割れ修理など細かいものは5万円前後で済みますが、

外壁材(サイディング)の張り替えなど大規模なものだと

150万円〜300万円の費用がかかります。

外壁リフォーム工事には、

大きく分けると、補修工事、塗装工事、新装工事

3種類の工事方法があります。
ご自宅の劣化具合や最後にリフォームをした時期によって、

どの工事を行うのか選びましょう。


塗装工事は、剥がれてしまったり劣化してしまった
外壁を塗料で塗り直す工事です。
工事をする外壁の総面積はもちろん、
塗料の種類で耐用年数や価格も変わってきます。
一般的に、80万円〜150万円が相場です。

10年に1度の目安で、塗り替えをするようにしましょう。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム サイディング編




 




 

サイディングは耐久性が高いものが多く、

色やデザインのバリエーションが豊富なため、

家の外観をイメージ通りにしやすいという魅力があります。

レンガ・タイル・天然石などは本物を使用すればお金も重量もかかってしまう素材ですが、

サイディングでその質感を表現することもできます。
メンテナンス時には透明な塗料(クリア塗料)で塗装し直すことで、

体裁をそのまま保つことも可能です。

また、あらかじめ工場で生産されているため、

重ね張りや張り替えリフォームの際に施工に時間がかからず、

職人によって仕上がりが左右されることも、ほぼありません。

サイディングは素材そのものに防水性がない場合が多く、

樹脂系サイディング以外は、表面を塗装されているのが一般的です。
経年劣化によって塗膜がはがれてくると水を吸収しやすくなるため、

約10年に一度は塗装リフォームがほぼ不可欠です。

さらに、窯業系や金属系のサイディングボードのつなぎ目(目地)を埋めている、

コーキング材も劣化していきます。
コーキングが縮んでいたりひび割れていたりすると、そこから雨水が浸入してしまうため、

早めにメンテナンスを行うことが大切になってきます。

ただ、たいていの外壁材は約10年の周期で塗装などのメンテナンスが必要になるため、

上記のようなデメリットはサイディングに限った話ではありません。


美観や耐久力を重視したい場合には、サイディングは適した外壁材の一つと言えるでしょう。


安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム




 




 

外壁塗装の役割

住宅の外壁に使われている素材は、

モルタル(砂とセメントと水を混ぜたもの)や、サイディングと呼ばれる、

ボード状の外壁材が一般的です(他にもALC、トタン、タイル、板張りなどがあります)。

外壁の下地は、塗装による皮膜で守られていますが、年月とともにこの塗装は劣化し、

はがれたり、ひび割れたりします。皮膜が破れると下地にまで影響が及び、

柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。

外壁塗装の工事には、もちろん住宅をきれいに見せる効果があります

。しかしそれだけではなく、外壁の塗装膜の性能を維持し、家の構造と寿命を長持ちさせること

、ひいては資産価値を高めることも目的になるのです。

外壁塗装の種類・耐用年数は?

外壁のチェックと塗装のおおよそのタイミングを、表にまとめてみました。

環境や使われている塗装材の耐久性によりタイミングは変わってきますが、

モルタル壁の場合は、10年前後で塗装材を塗り替えるのが一般的です。下地のモルタルに問題がなければ、

塗装を10年前後ごとに繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。

サイディングの場合も、塗装材の種類にもよりますが、塗り替えのタイミングは10年前後

、サイディング自体の交換は25~30年が目安になります。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 外壁リフォーム




 




 外壁の住まいの劣化によって緊急性や工事のご提案等も変わってきます。


チョーキングや外壁の錆や崩れ、穴等お住まいをご覧いただき気になる点がございましたら


いつでもリフォーム工房むつのぶの無料点検をお試しください。


費用的には一番安く外壁をリフォームできるのが塗り替えになります。


総2階25坪の一般的な戸建て住宅ならスタンダードなシリコン塗料を使った外壁塗装の場合、


約60万円程度で、耐用年数が20年以上と言われる無機塗料を使った場合でも約80万円程度です。


 それに対し、外壁カバー工法の場合は150万円、


外壁の張り替えの場合は180万円です。2倍~3倍程度のお値段になります。


もちろん、外壁カバー工事も、外壁の張り替えも、定期的にメンテナンスしなければなりません。



 外壁カバー工法や外壁の張替えは現在の外壁の寿命が近付いてきた場合や反りやクラック、


割れなどの致命的な不具合が発生した場合に行うものです。定期的にメンテナンスを行った場合、


窯業系サイディングでは30年以上、金属サイディングも30年以上の耐用年数があると言われています。


安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 屋根リフォーム




 





屋根塗装工事」とは、屋根材の傷みが少ない場合に屋根を洗浄し、

その屋根材にあった塗料を選び、塗装する工事です。

屋根材にあった塗装工事には、塗料の種類により費用が相違いたします。

費用相場

25万円~40万円

メリット

塗料の主要成分の違いにより塗料費用が変わるため、

工事費用を抑えることが可能です。また、工期を短期間(約2週間)に工事を行うことが可能です。

デメリット

費用だけで塗料を決定すると、1回の工事費用は安く抑えられます。

しかしながら、塗り替えの頻度が増加し、

結果、屋根リフォーム工事の総額が高くなることがあります。

また、屋根材の上に塗装を行うため、下地である屋根材の痛みがひどく大きな補修が必要な場合、

塗装が不可能なことがあります。ご注意ください。

安芸高田市でリフォームをお考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床リフォーム




 





床の張替え費用は、もともとの床材がカーペットなのか畳なのかなど、

現状の床材の種類の違いによって、

フローリングへの張替えの手間や取りうる工法が違うため費用差が発生します。

カーペットやクッションフロアの場合、

畳やフローリングに比べてはがしや下地補修が簡単のため、

費用は安くなります。次の4つにパターンを分けることができます。

 

  • パターン① 現在の床材がクッションフロアの場合
  • パターン② 現在の床材がカーペットの場合
  • パターン③ 現在の床材が畳の場合
  • パターン④ 現在の床材がフローリングの場合

ここでは、それぞれのパターンについて、床張替えの費用をご説明します。

パターン① 現在の床材がクッションフロアの場合

現在の床材がクッションフロアの場合、主に次の2つのパターンが考えられます。

 

  • 同じくクッションフロアに張替える場合
  • フローリングに張替える場合

以下では、それぞれのパターンの費用についてまとめました。

たとえばキッチンなど4.5畳で新しいクッションフロアに張替える場合、

8~9万円前後、防音仕様でないフローリングに張替える場合、8~11万円前後で張替えることができます。

なお、洗面所やトイレのクッションフロアを張替える場合も多いかと思います。

その場合の費用は次の記事で取り上げておりますので


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 天井リフォーム




 





きれいに掃除していても汚れがだんだん目立ってきたり、

コンロやグリルの調子が悪くなってきたら、

キッチンリフォームを検討してみましょう。

 システムキッチンの耐用年数は、概ね10年~20年と言われています。

普段のお手入れや使用頻度にもよりますが、多くの場合でこの間に故障や不具合が起こることが多くなります。

システムキッチンは、家自体の寿命より短いので、

暮らしている間に必ず定期的なメンテナンスが必要になります。

 ここでは、キッチンリフォームのメリットや費用、注意点を紹介していきます。

使いやすさが格段にアップ!

キッチンは年々改良が進み、より使いやすくなった商品が揃っています。 

例えば、コンロの数は2口から3口・4口に増え、今ではこれが一般的なコンロの数となっています。

同時に複数の調理が進行できるので、料理の効率をアップさせることができます。 

シンクの大きさは以前と比べて大きくなっています。

小さなシンクでは、鍋などの大きな物が洗いにくいという不便さもありました。

シンクが大きくなることで、このような洗い物のストレスが軽減されます。 

他にも、体格に合わせてキッチン自体の高さを選べたり、

掃除がしやすいデザインになっているなど、新しいキッチンは使いやすさが向上するように進化しています。

まずは予算を決めておこう!

どんなキッチンにリフォームするのか検討する前に、

まずは予算を決めておきましょう。予算によって、リフォームできる範囲が決まってきます。

 予算を決めずにキッチンリフォームを進めると、希望や要望が膨らみ費用がどんどん高くなってしまいます。

予算オーバーした理想のキッチンから予算内のキッチンにするには、

グレードを下げたり、設備を減らす必要があるため、心理的に費用を落としていくことが難しくなります。 

リフォームするキッチンが、妥協して仕方なく選んだキッチンとならないためには、

最初に予算を明確にしておくことが大切です。 予算が決まったら、この部分は絶対リフォームが必要、

可能であればリフォームしたいなど、 どこを優先的にリフォームするのか、



リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 天井リフォーム




 




天井リフォームのポイントや目的、タイミングは?

古びてしまった部屋の印象を変えたい、

より快適な部屋に住みたい……など天井リフォームを検討するタイミングは、

物件によって異なります。まずは天井リフォームのポイントや目的、

タイミングなどについてお話します。

天井の汚れや傷み、変色が気になる

天井リフォームを始めるタイミングはさまざまですが、

ひとつの目安となるのは天井の見た目です。

汚れや傷み、変色などが気になり始めたら、リフォームを検討しましょう。

天井のクロスを張り替えたり、塗装したりするだけで、印象がすっかり変わるはずです。

機能性のある材質でより快適に

最近じめじめすることが増えた、冷暖房が効かなくなった……そういった悩みは、

クロスの素材を変えたり、断熱材を入れたりすることなどで解決するかもしれません。

天井裏から伝わる熱を遮断し、室温を保ちやすくすることで、

室内でより快適に過ごせるようになるでしょう。

開放感のある空間に。インテリアの変更を含めたリフォーム

部屋にもっと開放感が欲しいときは、ぜひ天井をリフォームしてみましょう。

色を暗いものから明るいものへ変えるだけでも効果があります。

また、天井高を高くすると、

部屋の面積を変えずにゆったりとした空間を手に入れることもできます。

大胆なリフォームのため費用は高くなる傾向にありますが、

雰囲気を一変させたい場合は検討してみるのがおすすめです。

天井リフォームを検討するタイミング

天井のリフォームは以下のようなタイミングで行われるのが一般的です。

・見た目の劣化が目立つ
・快適性が損なわれている
・インテリアを変えたい

もちろん、物件が古くなるほどに天井そのものも劣化していくため、

補修や交換が必要になります。定期的に業者へ依頼して家の点検を行い、

こまめに様子を確認しましょう。

一般的に天井の劣化が気になるタイミングは、

ほかの箇所も劣化している可能性が高いといえます。

天井も含め、トータルにリフォームをしたほうが結果的にお得になるケースもあります。

天井だけリフォームするか、全体をリフォーム・リノベーションするか比較検討するのがおすすめです。


安芸高田市でリフォームを お考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 壁リフォーム




 




間取りを変更するリフォームには、

2つの部屋の間にある内壁を撤去して1つの部屋にするリフォームや

部屋の中に新たに内壁に作り、

それぞれ独立した2部屋にするリフォームなどがあります。

また、1部屋を2部屋に分けるリフォームでは、

内壁の設置以外にもカーテンや引き戸を設置し、

それぞれの部屋の雰囲気を変えるために壁紙を貼替えるリフォームなども考えられます。

壁を撤去して、2部屋を1部屋にするリフォーム

壁を撤去するリフォームの例としては、

使わなくなった子ども部屋と他の部屋との間の内壁を撤去して広い1部屋とするケースや、

リビングの隣にある和室の内壁を撤去して

リビングの一部として使える和室にするケースなどがあります。

その他には、寝室に隣接するウォークインクローゼットの

内壁を撤去して寝室を広くするケースするや、

納戸と押入れやクローゼットの間の内壁を撤去して、

子ども部屋にするケースなどもあるでしょう。

壁を撤去して1部屋につなげるリフォームは、使わなくなった部屋を日常的に利用できるようになるため、

生活の利便性もアップするでしょう。

また、部屋が広くなることで開放感が得られ、風通しもよくなります。

壁を撤去して、引き戸・ドアを設置するリフォーム

使わなくなった子ども部屋に寝室から出入りできる建具をつけることで、

子ども部屋をクローゼットや書斎として使用できるようにするなど、 

壁の一部を撤去して引き戸やドアを設置し、

2つの部屋の間を行き来できるようにするリフォームもあります。

リビングの隣の和室に、廊下から出入りできる建具をつけることで、

個室(祖父母の部屋や子供部屋)として使用できるようになるなど、


利便性の向上が期待できるリフォームだと言えるでしょう

安芸高田市でリフォームを お考えの方


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 フローリングフォーム
















す。

・フローリング

耐用年数は10~15年前後。床鳴りがする場合は急いで張替えを検討時期

 

・クッションフロア

耐用年数は10~15年前後。床鳴りがする場合は急いで張替えを検討時期

 

・カーペット

耐用年数は5~6年前後。カビやダニ、とれない汚れや臭いなどがある場合は張替えを検討時期

 

・畳

耐用年数は10年前後。新調から5年前後で表替え。10年前後で張替えを行う。

表面の劣化が目立ってきたら張替えを検討時期

床のリフォームでは、元の床材をはいで張り替える方法と、

はがずにそのまま重ね張りする方法があります。重ね張りを行う場合は、

以前の室内と床の高さが変わりますので注意しましょう。場合によっては、

部屋と出入り口との間に段差が生じる場合があります。

出入り口に段差があると、つまずくなどしてけがをする元です



 

安芸高田市でリフォームを お考えの方

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 増築リフォーム












築の場合、改築と大きく異なるのが「床面積が増える」ことです。
一般的には部屋を増やす、離れを建てる、階数を増やす、

床面積を広げるなどが多くあります。
ただし中には屋外階段の建築など、

床面積が増えなくても増築に該当するものもあります。

増築を行う際は耐震基準や、建築基準法、

住んでいる地域の条例などを調べて

法的規制に問題がないかを確認しなくてはいけませんし、

増築には申請を出して許可を得なくては行えません。

増築の工法は大きく分けて3種類になります。

<さしかけ工法>
建物の外壁を一部撤去し、

撤去した場所から新しい建物を繋げる工法を指します。
壊す場所が一部分のみなので、

工事中も普段と変わらず暮らすことができます。

壊す部分が少ないので費用を抑えることもできます。

<おかぐら工法>
建物の階層を増やす際に用いられることが多い工法です。
屋根を解体した後に、新たな階層を上から被せるように工事が進みます

。既存建物の上に新たな階を増やすので、

工事には梁や柱などを増やして耐震性上げなければなりません。

そのため、工事費用が高額になりやすいです。

<取り壊し工法>
さしかけ工法と似ていますが、

取り壊し工法では建物の1階と2階の両方を部分的に解体して新しい建物とくっつける工法です

。既存の建物を大きくする方法なので、

外観に違和感が生まれることもありません。ただし工事費用が割高になっています。

・増築に向いている構造

増築には既存住宅の構造も考慮しなくてはいけません。
日本古来の伝統的な構造を持つ在来工法は梁や柱によって建物を支えています。

そのため、壁を撤去しても耐震性に影響を及ぼしにくいという特徴があります。
在来工法は非常に増築に向いている構造です。
一方、近年増加傾向にある2×4(ツーバイフォー)工法は壁によって建物を支えているので、

壁を撤去する増築には不向きな構造となっています。

 

安芸高田市でお風呂のリフォームを お考えの方

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 増築リフォーム













増築するにあたって、気になるのは相場ですよね。

床面積を増やして新たな空間を作る増築は、設備の導入も含めると、費用は高くなりがちです。

主な増築リフォームの費用相場をみていきましょう。

・水回りの増築

・トイレの増築:70~200万円程度(広さ約1帖の場合)

・浴室の増築:75~250万円程度(広さ約2帖の場合)

水回りの増築リフォームは、配管の工事が必要なので、費用は高めです。

2階以上に設置する場合は、配管を追加する工事も必要となるので、さらに高額となります。

予算計画はしっかり立てておきましょう。

・部屋や離れの増築

1階に部屋や離れを増築する際の相場は、1帖あたり25~65万円程度です。

施工面積が広くなれば、割安になる傾向があります。

内装をどこまでこだわるか、また収納の有無によって費用が変動します。

・平屋に2階部分を増築

2階を増築する場合、1階部分を補強して耐震性を保つ必要があります。

さらに屋根を解体し、作り直す作業もあるので、1階部分を増築する場合よりも金額は高くなります。

相場としては1帖あたり50~100万円程度です。

どのような部屋にするのか、水回りの設備が必要か、によっても価格は変わってくるので、

1階の補強にかかる費用がどの程度になるのか、見積もりの際に確認しておきましょう。

・バルコニーやベランダの増築

バルコニーやベランダの設置は1畳程度の広さなら25~50万円程度が相場です。

ただし1階部分に補強工事が必要な場合は、別途補強費用が必要になります。

・ガレージやカーポートの設置

愛車を雨風や雪から守りたいという方から人気の増築工事です。

特に予算を抑えたい場合はカーポート、

しっかり愛車を悪天候から守りたい場合はガレージが人気になっています。

ガレージを設置する場合は1台につき100万円程度が相場です。

住宅の一部をガレージに変更する場合は1台で50~300万円と、

かなり相場に幅があるので、リフォーム業者に相談するとよいでしょう。

カーポートは1台で18~60万円、2台分で30~65万円が相場になっています。

既にカーポートがあり、拡張したいという場合は30~150万円でおこなうことができます。

■増築で高額になりやすいケース

増築は高額になりやすいリフォームです。

些細な変更が大きなプラス費用になりかねません。

ここではどのようなケースが高額になりかねないのかをご紹介いたします。

・途中変更が多い

リフォームは実際に工事が始まる前から既に材料を確保するなど、

多くの準備が必要になります。

よって、途中で変更点が多くなると発注した材料が使えなくなるなどの無駄な手間がかかってしまいます。

返品・交換ができない商品もあり、作業工程も変更になってしまうので、できれば途中変更は避けましょう。

・手間がかかる作業が多い

増築の場合、既存住宅の一部だけを壊して継ぎ足さなくてはならないので、

解体の際に不要な場所を壊さないように気を遣いますよね。

一気に解体するケースとは異なり、

慎重に行わなくてはならないので工事費用が高額になってしまうことがあります。

たとえば、離れから母屋までの廊下を残し、

廊下の途中から庭にでられるようにするなどが挙げられます。

節約のためにできるだけリフォームの範囲を少なくしようとした結果、

複雑な工事が必要になり高額になることもあるので、

増築はリフォームの範囲だけではなく、構造や手間を考えておくことも大切です。

・様々な業種の人が関わっている

たとえ小さな増築であっても、

高額になるケースとして水回りの増築がありました。

これは一般的な内装や外装、基礎など以外にも、設備工事や配管工事、

ガスの工事が必要だからです。

多くの業種が関わると、業種の数だけ出費が増えるので、

高額になりやすくなっています。

もし増築で水回りを工事するのであれば、

水回り関連はまとめて工事をした方が安くなる傾向にあります。

安芸高田市でお風呂のリフォームを お考えの方

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 お風呂のリフォーム














最近のユニットバスは節水性に優れ、かつ半身浴ができるなど、

くつろげる形状の浴槽が多い。また床がヒンヤリとせず、

撥水性も高いためカビも発生しにくい。

冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、

設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。

浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。

「タイル張りの浴槽にタイルの床など、在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、

トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 

ユニットバスの組み立て作業と

給排水管の配管や電気工事程度なので、費用はこの程度で済む。


リフォーム期間の目安は2~3日。


安芸高田市でお風呂のリフォームを お考えの方

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 リノベーション









リノベーションの意味、リフォームとの違いとは?

「リノベーション」という言葉は、ここ数年でだいぶ市民権を得てきたように思います。

しかし、リフォームとはどう違うのか、
どういうものをリノベーションと呼ぶのかについては、

メディアや会社によって微妙に定義が異なるため、

いまひとつわかりにくいのではないでしょうか。


まずはリノベーションという言葉の定義から。

リノベーションは英語で「Renovation」。

直訳すると「革新」や「刷新」「修復」といった意味を持った言葉です。


初めに結論を言うと、リフォームとリノベーションの明確な区別はありません。

これは、何か法律やルールで明確に線引きされているわけではないという意味です。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 フローリングリフォーム







床の耐用年数は約10年~15年!交換目安は?

一般的に床の耐用年数は、10年~15年といわれます。

新築またはリフォーム・リノベーションから10年以上経過した床は、

張り替え時期が近づいているかもしれません。

一方で、重要なのは床材の「状態」という考え方もあります。

自宅のフローリングが以下の状態であれば、一度張り替えを検討してみましょう。

・掃除しても落ちない汚れ・シミがある
・紫外線による色あせがある
・表面の剥がれや「ささくれ」が見られる
・擦り傷や凹みが見られる
・床材の浮きや反りが見られる
・特定の場所で床鳴りがする

もっともわかりやすいサインは、

掃除しても落ちない汚れ・シミです。

一度フローリングについた汚れ・シミは除去が困難であるため、表面を隠すか、

部分的に張り替えます。さらに傷・凹み・浮き・反りなどが見られる際には、

全面張り替えも視野に入れましょう。

「ギシギシ」「ミシミシ」という床鳴りも気になるところです。

床鳴りは、フローリングに使われる釘やつなぎ目の擦れ、

下地の劣化により生じます。張り替えのサインともいえますが、

そもそもフローリングに問題があるのか、

下地に問題があるのかを、プロ以外が判断するのは困難です。


リフォーム会社などに調査を依頼し、床鳴りの原因や張り替えるタイミングを仰ぐと良いでしょう。

安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 キッチンリフォーム










家族構成や暮らしの変化、システムキッチンの経年劣化などが理由で、

キッチンのリフォームが計画されると思います。

このリフォームでは、新築時より、はるかに理想のキッチンに近づくことができます。

リフォームの強みは、キッチンの使い方に対する実際の経験からの情報量の多さです。

新築時にも、暮らし始めてからのキッチンでの作業を思い浮かべて、

プランを練ったはずです。

しかし、実際にキッチンを使い始めてみて、

様々なことに気が付いたのではないでしょうか?

根本的に床面積とキッチンレイアウトがあっていなかったという大きな問題もあれば、

コンセントや、収納スペースの位置が足りなかった、

または最適な位置になかったというような細かな問題もあったと思います。

それらの情報が、使いやすい新しいキッチンへの大きなヒントになります。

使い勝手が悪いと感じるキッチンの現在の状況を解決し、

使いやすいキッチンにするリフォーム・リノベーションにするためには、

それらの情報を整理することから始めませんか?

Ⅰ型キッチンのお家では、キッチンが狭いというお悩みが意外に多く聞かれます。

キッチンレイアウトの中で、最も床面積が倹約できるはずのⅠ型キッチンを、

狭くしてしまう理由は、間仕切りです。

リビングダイニングと繋がっている間取りとⅠ型キッチンの組み合わせは、

リビングダイニングから、キッチンが丸見えになってしまいます。

その為、キッチンとダイニングの境目に、間仕切をつける間取りは少なくありません

。間仕切りには、間仕切壁だけではなく、

ちょっとした収納ができるようになっている低い間仕切りもあります。

間仕切壁が設けられている場合は、

実際に動きにくいという問題の他に、

壁が作る狭い空間による圧迫感もあります。

反対に低い間仕切りの場合には、圧迫感はありませんが、

キッチンの上部は、

リビングダイニングからの視線に入ってしまいます。

使い勝手を良くする為にはどのような方法があるでしょうか?

壁付Ⅰ型キッチンはそのままにし、

間仕切りを取り払ってダイニングキッチンと繋げ、

空間を広げる

最近は、Ⅰ型壁付キッチンにも、

おしゃれなタイプが増えています。

リビングダイニングからの視界に入っても気にならないキッチンに変えられます。

対面キッチンにする

間仕切壁の位置よりダイニング側に対面キッチンを設置する方法です。

対面キッチンにすると、キッチンの手元は隠れ、奥の壁面に収納スペースが作れます。

対面キッチンは、キッチンで作業をしながら、

子供を見守れる、家族との対話ができる、

来客があってもキッチンの手元が隠れるなど、

人気のあるキッチンレイアウトです。

ただし、現在のキッチンの面積とダイニングの面積のよっては

、狭さを解消できなくなる可能性があります。

対面キッチンに必要な通路の幅は、80センチ以上、

複数人で調理をするなら、1メートル以上必要です。

奥の壁に設ける収納の奥行は45センチ程度です。

その結果、ダイニングが狭くなってしまうので、

ダイニングテーブルの配置方法を工夫しなくてはなりません。

部屋の形状に合わせて、腰壁のついた対面キッチンに直角にダイニングテーブルを配置する、

横長な形状であれば、

アイランドキッチンにして造りつけのダイニングテーブルを横に並べるなどの方法が考えられます。

また、キッチンとリビングダイニングを併せても16帖以下の床面積で、

キッチンの狭さを解消したい場合には、通路を確保した対面キッチンにし、

キッチンの前面にカウンターをつけて、ダイニングテーブルとして使い、


残りのスペースをリビングに充てるという考え方もできます。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 お風呂のリフォーム










お風呂リフォームの費用区分は60万円以下が全体の3割、

60~120万円が6割強、120万円以上が全体の1割弱といった結果になりました。

このことから古くなったお風呂を新しくするといったリフォームなら60~90万円、

ある程度機能、デザイン性を重視したお風呂にするなら90~120万円、

最新機能を盛り込んだり完全に自分好みのお風呂を作りたいなら

120万円~程度の費用がかかると予測することが出来ます。
また、住宅のタイプによってもリフォーム費用に異なる傾向があります。

一戸建て住宅のお風呂リフォーム費用相場

一戸建て住宅でお風呂のリフォームを行うのに必要な費用は100~120万円が相場です。
一戸建て住宅では浴室が広くとられているため、

浴槽サイズもそれに比例して大きくなります。 

また、マンションに比べてリフォームの

自由度が高いので様々な大規模な工事を行って様々なオプション機能を付けることが出来ます。


こういった理由から一戸建て住宅のリフォーム費用は高くなりがちですが、

安価に抑えることももちろん可能なのでご安心ください。

安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 のリノベーション










リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。

例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、

古くなったキッチンを新しいものに取り換える、

等が挙げられます

部分的・表層的な改修工事で、

古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復する

ためにおこなわれます。

リノベーション:「つくり変える」

間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、

これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、

新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。

例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、

ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した

間取りや機能に刷新する、等が挙げられます。

マンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんど

。個室が細かく区切られ、

これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。

住む人によって「心地いい間取りやデザイン」は異なります。

住む人の暮らしにあわせて刷新するのがリノベーションです。

例えば、築30年の中古マンションの一室をリノベーションする場合。

ファミリー向けの3LDKの間取りをひとり暮らしに適した1LDKにし、

IoT照明を取り付け、天井にスピーカーを埋め込む、

など自由で大幅な改修も行われます。
既存の内装をどのように改修するかではなく

、住む人の暮らしやすさに合わせて間取りや機能を刷新し、

価値を向上するのがリノベーションです。

中古マンションの室内をすべて解体してリノベーションする場合、

配線や配管のインフラ部分を刷新できることも住宅の価値向上に寄与しています。

おしゃれな見た目の裏にある大切な要素です。

※内装を一度すべて解体した状態を「スケルトン」「フルスケルトン」といいます。
スケルトンにしてからリノベーションを行うことは「フルリノベーション」「スケルトンリノベーション」と呼ばれることもあります。

時代と共に、家族構成もライフスタイルも変化しています。

中古住宅は、その建物が新築された当時の暮らしに最適化された間取りや内装になっています。

それをどう変更するかという発想で考えるのではなく、

現在の暮らし、住む人のライフスタイルに合わせる家づくりをするのがリノベーションです。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 のリノベーション








リノベーション費用の相場は一体いくらなのでしょうか?

一般的に、フルリノベーションは1㎡あたり10~15万円とされてるようですが、

あくまで目安として考えるようにしましょう。
戸建て・マンションといった住宅の種類によっても変わりますし、

もちろんリノベーションをする部分や内容、難易度によっても値段は変化します。
ですから、リフォーム業者の方々とよく話し合い

、正確な見積もりを出してもらうことが重要です。

リノベーションの内容によって大きく変わる?

先にお伝えしたように、

改修費用はリノベーションの内容によって大きく変わります。
例えば、お風呂、キッチンなど排水・ダクトなどの設備が絡む部分の工事では、

新たに設備を作り変えなければならないケースも珍しくありません。
また、屋根の塗り替えや壁の改修なども、使用する素材によって金額は変わります。
自分のお財布と相談しながら、理想の家へつくり変えていきましょう。

具体的な費用を知りたい場合はどうしたらいい?

具体的な費用を知るためには、

詳細なリノベーション内容を決めたうえで見積書を出してもらうのが一番です。

 そのためには、まず改修する場所やイメージをしっかり持っておくこと。

そして、明確なイメージを持ったうえで、

リノベーション業者の方々と話し合って、

工事の方法や使う素材などを決めることが大切です。

工事の前段階、設計や準備をしっかりとすり合わせておくことで、

見積もり価格と実際にかかる費用の乖離がなくなります。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家のリノベーション










近年、中古物件を購入して、

自分の思い通りにリノベーションするという方が増えてきています。
大きな買い物ですから、資金計画をしっかりと立てることが大切であり、

曖昧に進めてしまうと、物件探しで路頭に迷ってしまったり、

予算を大幅に超えてしまう場合が多々あります。


ここでは、中古物件購入時に多くの方が利用する住宅ローンの注意点など紹介していきます。


無理のない返済で、入居後の暮らしをゆったりと楽しめるように、しっかりとした資産計画を立てましょう。

中古物件購入時における住宅ローンの注意点

中古物件を購入する際に、多くの方が住宅ローンを利用しています。


新築物件であろうと中古物件であろうと、

利用する住宅ローンは同じなのですが、ここでは、

中古物件購入した際に気をつけておくべき点を紹介していきます。

住宅ローンの検討期間は余裕を持って

中古物件を購入する場合には、

どこの金融機関で住宅ローンを利用するのかを検討する期間が短いため、

注意が必要です。
新築物件であれば、新築を建てている間に数ヵ月かけて検討することができますが、

中古物件の場合は、売り主の状況にもよりますが、

1ヵ月などすぐに引き渡しが行われることが多く、

その中で検討しなければなりません。


そのため、事前にファイナンシャルプランナーや各金融機関等の窓口に相談するなどして、

情報収集し、余裕をもって検討するのがよいでしょう

安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家のリノベーション







  • 工事の規模

    設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。リノベーションでは、「フルスケルトン」といって全てを解体し、躯体構造だけにして改修を行うケースも珍しくありません。そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。

    住まいの性能

    新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。
    また、住宅にオフィススペースを設けたり、

  • オフィスビルを住宅用に改修する等、

  • 用途の変更が伴うリノベーションのことを「

  • コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。

  • 日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、

  • オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。リノベーションでは、プランニングの段階から改修に使用する素材などをオーダーできるケースも多く、断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計などお住まいの性能を大きく向上させる改修が可能です。そのほか収納性の向上など、生活するうえで欠かせない箇所の改善も図れるので、

  • 住宅の価値もグッと高まるでしょう。

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションには魅力的なメリットといくつかの注意点が必要な点があります。

メリット・デメリットを十分に把握したうえで、リノベーションにチャレンジしてみましょう。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家のリノベーション








工事の規模

設備の変更や修繕など、

システムキッチンやユニットバスの入れ替えや

壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。

一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は

「リノベーション」に分類されます。リノベーションでは、

「フルスケルトン」といって全てを解体し、

躯体構造だけにして改修を行うケースも珍しくありません。

そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。

住まいの性能

新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。

一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。
また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、

用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。

日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、

オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、

その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。

リノベーションでは、プランニングの段階から改修に使用する素材などをオーダーできるケースも多く、

断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計などお住まいの性能を大きく向上させる改修が可能です。

そのほか収納性の向上など、生活するうえで欠かせない箇所の改善も図れるので、住宅の価値もグッと高まるでしょう。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 リノベーション









リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、

住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、

価値を高めたりすることをいいます。
英語での「renovation」は「革新、刷新、修復」

を意味していて、

リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という

意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを表しています。

そのため、リノベーションでは住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、

住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、

家族が増えたことから、仕切りの壁をなくして、

広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが

「リノベーション」に該当します。このように、

リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて

自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。


安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家の リノベーション









実際に空き家のリノベーションには、

どのくらいのコストがかかるのでしょうか。

一戸建て住宅の場合、500~1000万円程度が相場です。

建物の傷み具合やリノベーションの内容によって金額は変わります。
例えば、トイレやキッチンの改修、壁や床の張り替えなど、

部分的なリノベーションであれば、500万円程度で収まることがほとんどです。

しかし、外壁や屋根の修繕を行ったり、

フルリノベーションのような全体的な工事を行ったりする場合には、

1000万円ほどかかることもあります。

また、リノベーションの際に使用する資材や、

導入する設備によっても金額は変わります。

高機能のシステムキッチンや無垢材フローリングなど、

ハイグレードな設備・資材を導入すれば、それだけ高額になってしまうでしょう。

 

賢くリノベーションをする方法

空き家のリノベーションは、耐震性が強化されたり、

資産価値が上がったりとメリットがたくさんありますが、

あまりに高額な費用がかかってしまっては、

かえって損をしたように感じてしまうでしょう。

そのような事態にならないよう、賢くリノベーションするためには、いくつかのポイントがあります。

まずは、安心して住むために重要な、耐震性の問題をチェックしましょう。

リノベーションをする前に、耐震診断を利用することで、


空き家の耐震性が基準を満たしているかどうか確認できます。

安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家の リノベーション









理が行き届かず、老朽化が進んでしまった「放置空き家」には、

様々なトラブルがつきものです。

ゴミの不法投棄などによる衛星面の悪化、

犯罪者が知らない内に住み着く可能性や治安の悪化、

それらの悪影響に関するご近所からのクレームなど。

「空き家」を放置すると、たくさんの負の要素を引き寄せ、

周りに住む人たちに、迷惑をかけてしまう恐れがあります。

それだけでは、ありません!空き家を放置したままでいると、

2015年5月に施行された、「空き家等対策特別措置法」により、


「特定空き家」に指定され、固定資産税が6倍になってしまう金銭的なリスクも潜んでいるのです。

ライフスタイルに合わせたリノベーションを考えよう!

老朽化の進んだ「家」を引き継いだ場合、

自分が住むにしても、賃貸に出すなどして「空き家」活用をするにしても、

リノベーションの必要が出てきます。自分たちが快適に過ごすためにも、

健全な「空き家」活用をするためにも、

自分のライフスタイルや活用方法に適したリノベーションについて知っておくことは大切です。

そもそもリノベーションって何だろう

リノベーションとは、英語の「renovation」由来の言葉で、

もともとは建物を改修するという意味です。

日本では、リフォームとリノベーションという言葉をよく耳にしますが、

リフォームが「原状回復」の意味を持っているのに対して、リノベーションは、

「性能を向上」させるという意味も持っています。

リノベーションには、ただ壊れている所や古くなった所を改修するだけでなく、

これからの生活のために、新しい機能を付けたり、

間取りを変更したりして「家」そのものの価値を高めるという意味合いも含まれているのです。

安芸高田市で空き家のリノベーションをお考えなら

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 空き家の リフォーム









今後も増え続けると予想されている空き家は、

行政でも対応が追いついていない状態の社会問題です。

また、空き家は、周囲の住民にとって迷惑になるだけでなく様々な問題も発生しています。
空き家があることによってどのような問題が発生するのか、

行政が行っている対策なども含めて紹介していきます。

空き家を放置しておくと何が起きるか?

空き家問題は、

行政でも対応してますが全ての空き家に対処できているというわけではありません。

そのため、何も手が付けられていない空き家は多数存在しています。

しかし、放置された空き家には様々な問題が発生します。

  • 倒壊する危険がある
  • 景観が悪化する
  • 近隣住民に迷惑がかかる
  • 資産価値が下がる
  • 放火犯に狙われやすい

最も危険で避けたい問題としては、放火でしょう。

放置された空き家には、多数のゴミや枯れ草などが散乱していることが多く見受けられます。

家に誰もいない、燃えやすい物が多数ある空き家は放火犯の格好の餌食になるのです。

空き家活用促進!自治体の補助金制度

様々な問題が発生する空き家問題をどうにかしようと、

補助金制度を設けている自治体が増えてきています。

安芸高田市空き家リフォーム補助金を活用して リフォームするなら


リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 壁の リフォーム









新築後十数年も経過した住宅は、内装もあちこちが傷んできます。

手が届きにくく、そう簡単には汚れないと思われがちな天井も、

タバコで汚れたり、臭いが付着したりすることは間々あります。

湿気で壁裏が傷むこともあります。壁紙を張り替えたり、

断熱材を補強したりといったリフォームを5年や10年おきに検討するとよいでしょう。

天井をリフォームする際には、部屋全体の雰囲気を考慮しましょう。

天井の壁紙と壁面の壁紙の調和は保たれているか、

色合いは不自然ではないかなどを踏まえます。

和室ならばどんな木材を用いるべきかも大切な作業の1つです。

汚れにくかったり、臭いがつきにくかったりする素材を用いるのも一案です。

天井裏の状況にも留意します。天井を支える材木は傷んでないか、

断熱材は適切かどうかも確認します。屋根裏の場合、

夏は暑くて冬は寒いというケースが見られます。

複数の業者さんに相談して見積もりを取るとともに、

断熱材が十分に入っているかも確認するとよいでしょう

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床の リフォーム









床の張替えリフォーム、

プロに頼むべきか、DIYでするべきか悩んでいる方も多いでしょう。

両者の違いを見ていきましょう。

リフォームの価格と仕上がりに差がある

プロによる施工と素人のDIY、

どこが違うのか…そんな素朴な疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。

例えば、畳をフローリングに張替えるには、

畳を外して断熱材を敷きベニヤ板を張り、フローリング材をカットして張っていきます。

この作業をすべてDIYでやれば、プロに依頼するよりも安く張替えることができます。

しかし、仕上がりの面ではプロには到底及ばないでしょう。

フローリング材のカットや、隙間なく張っていく技術は、

プロならではのものです。DIYで行うと、計算してフローリング材をカットしているのに、

張っていくと床に隙間ができてしまうことがしばしばあります。

また、なんとかDIYで張替えができても、歩くたびに床がきしんだり、

床が浮いているように感じられたりといったトラブルが起きることもあります。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 フローリングの リフォーム








フローリングの張替えリフォームの価格帯は、6畳の場合、

大きく「15万円未満」「15万円以上20万円未満」「20万円以上」の3つに分けることができます。
販売件数などの実績を基に、BXゆとりフォームが独自に集計したデータによると、

それぞれの割合は下記のグラフのようになります。

フローリングのリフォーム価格は、使用する床材と施工方法の組合わせにより変わります。

6畳の場合でご説明します。
最も安価なのは、既存のフローリングに上張りをする方法で、

選ぶ床材にもよりますが、15万円未満でリフォームすることが可能です。
一方、既存のフローリングの傷みが激しい場合などは、

一度フローリングをはがして骨組みからやり直す必要があり、

その場合は50,000円~の費用が追加でかかります。
全体で見ると、15万円未満クラスに相当する

「一般的な床材で上張り施工でリフォームを行った人」が3割、

15万円以上20万円未満のクラスに相当する

「グレードの高い床材での上張り施工」もしくは「一般的な床材で骨組みからの張替え」

が5割という結果となりました。
なお、和室から洋室の場合は、別途、畳の撤去費用などがかかる分、

費用は高くなります。リフォーム費用が「20万円以上」の回答の中には、このようなケースも含まれています。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 フローリングの リフォーム









フローリングの張替えリフォームの価格帯は、

6畳の場合、

大きく「15万円未満」「15万円以上20万円未満」「20万円以上」

の3つに分けることができます。
販売件数などの実績を基に、

BXゆとりフォームが独自に集計したデータによると、

それぞれの割合は下記のグラフのようになります。

フローリングのリフォーム価格は、使用する床材と施工方法の組合わせにより変わります。

6畳の場合でご説明します。
最も安価なのは、既存のフローリングに上張りをする方法で、

選ぶ床材にもよりますが、15万円未満でリフォームすることが可能です。
一方、既存のフローリングの傷みが激しい場合などは、

一度フローリングをはがして骨組みからやり直す必要があり、

その場合は50,000円~の費用が追加でかかります。
全体で見ると、15万円未満クラスに相当する

「一般的な床材で上張り施工でリフォームを行った人」が3割、

15万円以上20万円未満のクラスに相当する「グレードの高い床材での上張り施工」

もしくは「一般的な床材で骨組みからの張替え」が5割という結果となりました。
なお、和室から洋室の場合は、別途、畳の撤去費用などがかかる分、

費用は高くなります。リフォーム費用が「20万円以上」の回答の中には、

このようなケースも含まれています。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 屋根の リフォーム










「屋根の葺き替え」とは、既存の屋根材を剥がして、

新しい屋根材に置き換えることです。

屋根の全面リフォームには

「重ね葺き(カバー工法)」という方法もあります。
重ね葺き(カバー工法)では、既存の屋根はそのまま残し、

その上から新しい屋根を被せます。

日々、風雨から私たちを守ってくれる屋根は、

建物の中でも大切な部位の一つです。
定期的に屋根の葺き替えリフォームを行うことで、

下地を含めた部分までメンテナンスでき、結果的に家全体を長持ちさせることに繋がります。


戸建て住宅の屋根の葺き替え工事における、おおよその予算を確認してみましょう。

既存の屋根材施工内容総額費用(目安)
瓦の交換100〜266万円
瓦からスレート70〜200万円
瓦からガルバリウム80〜210万円
スレート
カラーベスト
コロニアル
スレート交換70〜200万円
スレートからガルバリウム90〜200万円
セメント瓦セメント瓦から瓦(日本瓦/洋瓦)100〜250万円
セメント瓦からスレート98〜260万円
セメント瓦からガルバリウム80〜200万円

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 キッチンの リフォーム









キッチンリフォームの最初の手順は、

「今のキッチンの何が不満なのか」を書き出すことが大切です。

「手元が暗い」「家族でのコミュニケーションがとりにくい」

「ニオイがこもる」など、

使っているキッチンに対する不満はご家庭によって違いがあるでしょう。

家族で話し合って不便なことを具体的に書き出すことで、

何が大切なポイントなのかを客観的に判断することができます。

また、このときにだいたいの予算も決めておきましょう。

キッチンリフォームは、お金の上限を決めておかないと、

予算をはるかに超えた良いものや高いものが欲しくなるケースも多いです。

「100万円まで」などと具体的に決めることにより、リフォーム内容もより具体的に決めることができるでしょう。

キッチンのイメージを膨らませる

キッチンへの不満点を洗い出せた後は、

本やインターネットを利用して理想のキッチンのイメージを家族で共有しましょう。

施工事例などを参考にして、どのようなキッチンの種類や間取りがあるのかイメージを膨らませていくことがおすすめです。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 お風呂の リフォーム










気をつけなくてはいけないのが、工事費用。

例えば、ユニットバスにリフォームする場合、

パンフレットなどでユニットバスの本体価格だけ見て

「お!案外安いな」と勘違いする人がいますが大間違いです。

『工事費』がかかることを、お忘れなく。
工事費用とは、

解体撤去工事・

組み立工事・

給湯器の交換・

配管工事・

補修工事のことです。

金額はお住まいの状況によりますが、

安くても50万円、

腐食が酷い場合などは100万円以上かかるケースもありますので、

多めに予算をみておきましょう。

業者から出てきた見積もりも、

内訳をしっかりチェックしてください。

大切なのは、今後の追加工事が発生しないか、

発生する場合はどういった場合でどの程度なのかです。

業者とここのコンセンサスをしっかり取ることがとても大切です。

ですから面倒だからといって、

業者任せにするのは避けましょう。

ちなみにユニットバスの金額は、

標準モデルで30万円〜。少し良いグレードにすると60万円〜、

ハイグレードなもので80万円〜が目安です。
在来工法の場合は、

壁をタイルばりにするなど最低でも150万円ほどでしょうか?

あなたのリフォームの目的や浴室のイメージをクリアにして、

工事費用の予算も確保すれば、理想の浴室にグッと近づきます。

リフォームの先輩100人に

「リフォーム後、あなたの生活に思いもよらない変化はありましたか?」

ということを聞いてみました。

するとなんと、一番多い回答が「入浴時間が楽しくなった」

(20.4%)でした。

リフォームすることで毎日の生活の室がぐっと上がるのが浴室なのです。

安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 お風呂の リフォーム








最近のユニットバスは節水性に優れ、かつ半身浴ができるなど、

くつろげる形状の浴槽が多い。また床がヒンヤリとせず、

撥水性も高いためカビも発生しにくい。

冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、

リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、

ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、

設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。

浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、

単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。

「タイル張りの浴槽にタイルの床など、

在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、

トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 
種別/マンション 

ユニットバスの組み立て作業と、給排水管の配管や電気工事程度なので、

費用はこの程度で済む。
リフォーム期間の目安は2~3日。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床暖房 リフォーム










最近のユニットバスは節水性に優れ、

かつ半身浴ができるなど、くつろげる形状の浴槽が多い。

また床がヒンヤリとせず、撥水性も高いためカビも発生しにくい。

冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているので、リフォームすれば水道光熱費の節約にもつながる。

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つ。

在来工法でつくった浴室など、

ユニットバスではない浴室からユニットバスに交換する場合は、

設置するための工事費が増える。

ユニットバス本体の価格

壁パネルや水栓のデザイン性、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。

浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くはない。

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスなら、単に入れ替えるだけなので比較的費用はかからない。

「タイル張りの浴槽にタイルの床など、在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合は、

トイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかります」

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ユニットバスの交換_最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円
設備・建材費/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など 
種別/マンション 
設計・施工/リビテックス(以下の事例も、同様)

ユニットバスの組み立て作業と、給排水管の配管や電気工事程度なので、

費用はこの程度で済む。
リフォーム期間の目安は2~3日。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 

リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床暖房 リフォーム








足元からじんわりと部屋を暖めてくれる床暖房。 

リビングなど人が集まるスペースには床暖房を導入すると、

家族が快適に過ごせます。 寒い冬でも足元が暖かいと冷えを感じにくいため、

床暖房は手足が冷えやすい女性や高齢者には特におすすめの暖房器具です。 

今回は、床暖房の種類やメリット・デメリット・費用の目安など、

床暖房を導入する際に気になるポイントをわかりやすく解説します。

床暖房は床下に熱源を設置し、部屋を暖める暖房器具です。

床に伝わる「伝導熱」と、

電磁波がものにぶつかって発生する

「輻射(ふくしゃ)熱」で部屋を暖めることができます。

立ち上がりまでの時間はかかりますが、

床暖房を切った後もゆっくりと冷めていくため、

部屋の暖かさがキープしやすいでしょう。

床暖房は戸建てで人気の暖房器具ですが、

その魅力はどんなところにあるのでしょうか。

室温以上に暖かさを実感できるのが魅力

心臓から最も遠い足先は、冷えを感じやすい部分です。

そのため、冬になると足が氷のように冷たくなってしまうという人も

少なくないのではないでしょうか。

床暖房は冷えやすい足元から暖めてくれるため、

暖かさを実感しやすい暖房器具です。

特に高い位置から温風を吹き付けて暖めるエアコンとの効果の差は実感しやすいでしょう。

暖かい空気は上昇するので、

身体が温まる前に部屋の上部に逃げてしまいます。暖かさが足元まで届きにくいため、

エアコンを使用されている方はほかの暖房器具と併用されていることが多いかもしれません。

床暖房なら部屋の一番下から「面」で広く暖めるので、


立っていても座っていても暖かさを実感しやすいことが魅力です。


安芸高田市でリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床暖房 リフォーム











床暖房用の無垢材は、通常の無垢材よりも、
極端に「含水率」を低くします。

つまり、カラカラに乾かすということですね。

無垢材フローリングは、天然木を原料にしていますから、
空気中の湿気によって、

膨張したり、収縮したりします。

その結果、フローリングのジョイントが
盛り上がったりして、トラブルになることがあります。

そこで、床暖房用の無垢材は、
一旦カラカラっの、絶乾状態にまで乾燥させます。

それでも、製品化されると、ある程度湿気の影響を受けますが、
「絶乾状態=半殺し」なので、

非床暖房の無垢材よりは、動き難くなります。

動きにくくなるけど、調湿性も落ちる

床暖房用の無垢材は、絶乾状態に近いところまで乾燥させますから、
湿気によって伸縮しくにになります。

また「半殺し」にして、湿気の影響を受け難く
していますから、

無垢材が持つ「調湿性」も落ちてしまうという
現実は、避けられません。

本来無垢材は、湿気を吸ったら膨張し、
吐き出したら、収縮する訳ですが、

「半殺し」になった無垢材は、調湿性能も落ちる訳です。

床暖房用の無垢材は、色が濃くなる

床暖房用の無垢材の、もう1つの特徴は、
製品の色が、濃くなるということです。

高熱で無垢材を乾燥させますので、
ヤニが出て、色が濃くなるということもありますし、
こげて色が濃くなるということもあります。

つまり、スモークされているイメージですね。

別に、スモークしている訳ではないのですが、
結果として、そんな感じに仕上がってしまう訳です。

6面塗装が、当たり前

床暖房用に乾燥し、加工した無垢材は、
製品加工後、湿気の影響を受け難くするため、

空気に触れている部分は、全て、
塗装することが理想とされます。

とはいっても、切りそろえながら工事していきますから、
直接空気に触れてしまう部分も

出来てしまいます。

しかし、無垢フローリングは、巾方向の伸縮率の方が高いので、
長さ方向を切っても、

それほど致命傷になる訳ではありません。

それでも動くことを念頭に置く

床暖房用の無垢材は、絶乾状態に近いところまで乾燥させ、
空気に触れる6面全てを塗装し、

湿気の影響を受け難くします。

それでも、完璧ということはありません。

湿気の高い時期には、ある程度膨張しますし、
逆に乾燥する時期には、収縮します。

なので、床暖房用の無垢材であっても、
施工する際には、季節に応じて、

相応しい「意図的な隙間」を確保しながら
工事しないと、ジョイントが盛り上がったり、
逆に、大きな隙間が出来るといった

トラブルが発生することがあります。

いかがでしょうか?

床暖房用の無垢材の特徴が理解頂けたでしょうか?
たとえ、床暖房用に加工された無垢材であっても、

湿気の影響を受け、伸縮するし、
床暖房用の無垢材は、スモークされたように、

少し色が濃くなるといったことを
ご理解頂けたでしょうか?

色に関して言えば、塗装すれば、変えられますし、
調湿性能もゼロになる訳ではありませんので、

無垢材で、床暖房にしたいとお考えなら、
迷わずに決断されて良いと思います。

床暖房は、実に快適です。



安芸高田市でリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 床暖房 リフォーム










床暖房の仕組みは、
大きく分けて温水式と電気式の2種類があります。

電気式床暖房とは、
発熱体に電気を通して温める熱源(電気線ヒーターパネル)を
床下に施工する方法で設置できます。

フローリングと断熱材の間にヒーターパネルを挟むので、
比較的施工方法は簡単です。
温める場所の設定ができるので(使いたい場所だけ温められる)、
比較的省エネと言えます。

温水式床暖房は、
床下に設置した温水パネルに
熱電源を加熱した温水を循環させることで床を温める方法です。
電気かガスでお湯を沸かせます。

床暖房の施工方法

床暖房を施工するには、
現状床の上に直貼りをする方法。
または、床を張り直す方法をとります。

現状床の上に設置する場合は、
張り替えるよりはコストを抑えられますが、

既存床+床暖+仕上げ材となるので、
高さが出て天井が近く感じられ圧迫感が出るかもしれません。

また、高さが出ることでドアが開かなくなる場合があるので、
アンダーカットを行う必要があります。

床暖房を入れる場所に段差が生じる場合もあります。

段差が嫌なら、床を張り直すことがベストですが、
ゼロの状態から新たな床を作り出すため、
不陸調整、床暖設置、床設置と工事日数と
コストがかかります。

直貼りの工期は1~2日
張り替えの工期は4~5日が目安です。

床暖房対応と非対応無垢フローリングの違い

床暖房の上に使える仕上げ材は、
床暖房用の材質でなければなりません。

床暖房対応無垢フローリングと
非対応無垢フローリングの違いは・・・

・急激な温度変化に耐えられるよう、木材を通常よりも乾燥をさせている。
・表面全ての面に塗装を施している。

床暖房対応無垢フローリングと非対応フローリングの
見た目は変わらないので、

床暖房を設置していない箇所には
同じ樹種の非床暖房用フローリングを施工できます。

続き部屋として違和感がないですし、
多少コストを抑えられます。

使い始めは温度を低めに設定しましょう

床暖房対応無垢フローリングを使えば、
たとえマンションでも、
100%天然木、無垢フローリングも実現できます。

使い始めの1年は、
床暖房を高い温度設定にしないようにしましょう。
徐々に馴染んでいくので、最初の1年は我慢です。

正しい知識があれば、
無垢フローリングを床暖と併用することができます。

慣れていない施工業者さんは、
床暖房+無垢フローリングの採用を嫌がることがありますが、

問題なく使って頂けることを知って頂きたいです。

マンションの場合、遮音等級をとることも必要

マンションの床工事で、
気を付けなくてはならないことがあります。

それは音の問題です。

特に下階の方には、
音問題をクリアすることが必要。

ⅬⅬ45とか40など遮音等級が定められているはずなので、
管理組合の規定通りに遮音を確保することが必要です。

当社には、「わんぱく応援マット」という遮音材がありますが、
床暖房にも対応しているので、
遮音+床暖房+無垢フローリングという3つのポイントを
クリアすることができます。

しかし、マンションによって条件は様々なので、
床工事前に許可申請が必要です。

いかがでしょうか?

安芸高田市でリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 自然素材の リフォーム











調湿とは、室内の湿度が高いときには余分な湿気を吸い込み、
また乾燥しているときには蓄えた湿気を吐き出すことを言います。

吸うだけでも吐き出すだけでも調湿とは言いません。
吸って、吐き出すことを合わせて調湿というのです。

珪藻土は今では人気の内装材ですが、家づくりに使われるように
なってからわずか20年程度。

火に強いため昔から七輪や、耐火煉瓦として使われてきたため、
人々の生活には身近であったものの、珪藻土自体で固まることが
できなかったため、内装材としては最近まで使われてきませんでした。

調湿といえば漆喰?

昔から塗り壁といえば本漆喰。

漆喰は調湿をする壁として知られていますが、
漆喰が調湿をしたというよりは、漆喰の下地であった土壁に
調湿性能がありました。

漆喰が調湿をするという壁であるという印象は土壁から
来ていたということですね。

現在の下地壁はほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードは若干吸湿をしますが、調湿はしません。

そのため本漆喰と合わせても調湿は期待できないのです。

珪藻土の凝固成分により調湿性能は変わってくる

珪藻土は何かしらの凝固剤を入れないと固まらないので、
接着成分が含まれます。

珪藻土には穴がたくさん開いていて、その穴に余分な湿気を
吸い込んだり、また吐き出したりして調湿をします。

接着成分によっては珪藻土の特徴である穴をふさいでしまい、
せっかくの調湿性能が期待できないということがあります。

珪藻土自体は自然素材ですが、接着成分により、自然素材とは
言えない素材になってしまうものもあります。

調湿性能はどのくらい続くの?

調湿性能はどのくらい続くのか、とかわずか2㎜の厚みで
調湿が本当にできるのかという御質問をいただくことがあります。

調湿性能は基本的にはずっと持ちます。
壁として機能している間はずっと調湿をしてくれます。

しかし、調湿には新鮮な空気が必須となります。
風に乗って余分な湿気を外に逃がすからです。

そのため定期的に窓を開けて空気の入れ替えをする必要があります。

空気の循環がない場合は吸ったまま吐き出すことができないので
調湿はできません。

湿気を多く含んだままそのままの状態が長く続くと場合によっては
カビが生えたりといった不具合が生じる場合もあります。

24時間換気もいいですが、やはり一番は風を通すこと。
珪藻土のみならず、家を長持ちさせるには新鮮な空気を
循環させてあげることが大切です。

塗り厚が薄いのに調湿性能があるの?

そこは、塗り壁としての珪藻土の成分によります。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁、「はいから小町」は、
凝固剤に豆腐を固めるにがりと胃腸薬にも使われるマグネシアを
使っています。

それにより珪藻土の穴をふさぐことなく硬く仕上げることができます。

調湿性能をうたった建材にはJIS規格に客観的な評価基準が
定められています。









安芸高田市でリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 自然素材の リフォーム










近年 塗り壁仕上げを希望するお客様が 増えており

おすすめ商品を よく訪ねられます

漆喰か 珪藻土か  このメーカの ブログを参考にして見てください

考えは 人それぞれ 選ぶのも お客様 

まず初めに、漆喰というと、塗り壁の代表選手だし、
漆喰は、調湿性があるから、室内が快適になると、

考えている人も少なくないと思います。

しかし、壁の下地が、「土壁」だった昔と違って、
今は、ほぼ100%下地は、石膏ボードですから、

調湿性能は、ありません。
なかには、石膏ボードでも、原料に珪藻土などが入っていて、
調湿性がある製品もありますが、

価格も高くなりますし、普通は、使われません。
なので、調湿性のない石膏ボードの上に、

1mm、2mm、塗り壁材を塗っても、漆喰そのものが、
調湿する訳ではないのです。

調湿建材の評価は、JIS A6909

建材の調湿性能を評価する基準は、
JISで明確に定められています。

イメージだけで、勝手に「調湿します」といったことを
言うのは、違反です。

とはいえ、そんなことを気にする人は、
多くないのかも知れません。

しかし、JIS規格で、明確に、客観的な基準が
定められていますから、採用を検討されている

塗り壁が、JIS規格に基づく客観的な評価試験をしているかどうか?
評価基準は、JIS A6909という試験です。

最低70g以上調湿する建材が調湿建材

塗り壁なら、どの塗り壁を採用しようが、
調湿する訳ではありません。

塗り壁製品に限らず、調湿する建材は、
JIS A6909というJISの評価試験において、

最低70g以上の調湿性能が確認できないとなりません。

調湿というのは、「吸湿」と「放湿」の両方のことですから、
湿気が多い時に吸収した湿気を、乾燥しているときに、

吐き出してくれないとなりません。

そこで、「吸湿」と「放湿」の両方の性能がある
塗り壁材のことを、調湿建材と呼ぶ訳です。

その最低基準が、70gですが、
これは、24時間での評価ということになります。

つまり、1㎡あたり、24時間で、70g以上
「吸湿」したり、再び、「放湿」する性能があれば、

調湿性能がある建材だと言う訳です

先ほどのJIS規格の評価でいえば、
241g/24h/㎡です。

JIS規格の最低性能が、70g以上ですから、
JIS規格の3倍以上の調湿性能ということになります。

この性能は、業界最高水準です。

一般的な漆喰の調湿性能は、40g程度と言われていますから、
漆喰は、JIS基準をクリアできない訳ですが、

はいから小町は、一般的な漆喰の6倍以上の調湿性能がある訳です。

性能を求めるなら、プロ仕様のもの

最近は、DIYが大流行りなので、
ホームセンターなどでも、DIY用の塗り壁材が、

色々と販売されています。

特に調湿性能とかにこだわりがなく、
なんとなく、塗り壁風になれば良いのであれば、

そうした製品で良いかも知れません。

しかし、調湿性能を期待したいとか、
格好良い仕上がりを期待したいということであれば、

やはりプロ仕様の塗り壁製品が良いと思います。


いかがでしょうか?

塗り壁の調湿性能は、JIS規格の試験で、
正しく性能を測定したものでないと、

調湿するとか、調湿しないと言えないということが、
ご理解頂けたでしょうか?

調湿する塗り壁の最低基準は、70g/24h/㎡です。



プロ用の本格的な塗り壁にしたいとお考えなら、

ご検討ください。


安芸高田市で無垢の床のリフォームを お考えの方 リフォーム工房むつのぶにお任せください

仕上がりの質が 違うリフォームをお値打ち価格でお届けします





安芸高田市 自然素材の リフォーム











自然素材の良さの一つにお掃除の楽さがあります。

でもお掃除が面倒くさいとか、お手入れが大変と
思われている方が多いことに驚きます。

無垢フローリングはフローリングワイパーなどでふき取るだけで
OKですし、塗り壁などは何もする必要がありません。

はがれたり削れたりしたらそのままな合板フローリングや
ビニールクロスに比べ、無垢フローリングや