安芸高田市で窓のリフォーム


二重窓は、窓の内側にもう1つの窓を取り付けたものです。

窓と窓の間に空気の層ができるため、外気の影響を受けにくく、夏は暑さを遮断し、冬は部屋の暖かさをキープしてくれます。

二重窓とペアガラスは混同されやすいのですが、二重窓はリフォームの施工そのものを指し、ペアガラスはガラスの種類を指します。

二重窓は一般的な引き違い戸に後から取り付けることも可能なため、近年リフォームを希望する人が増えています。

二重窓に使われるガラスは一般的な窓ガラスとは異なります。種類は大きく分けて4つあり、それぞれ違った特徴を持っています。種類ごとにどんな特徴があるかを知り、目的に合わせたガラスを使用しましょう。

 断熱効果が抜群のペアガラス

ペアガラスは、ガラスとガラスを合わせて1枚のガラスにし、中間に空気の層を作っています。この空気の層があることで断熱性が高まり、結露がしにくくなる特徴があります。

防音効果に期待できる防音合わせガラス

防音合わせガラスは、ガラスとガラスの間に防音材(フィルム)を挟み込んだガラスです。断熱性はそれほどなく、防音に特化しています。防音合わせガラスの中でも、音の周波数によって防音効果を高く発揮できるガラスは異なります。リフォームの際にはどのような音に悩んでいるかを具体的に伝え、適したガラスを選んでもらうとよいでしょう。

 紫外線&日差しをカットの遮熱高断熱複層ガラス

窓から部屋に入り込む紫外線と日差しをカットすることに特化したのが遮熱高断熱複層ガラスです。遮熱高断熱複層ガラスは、夏の強い日差しによる日射熱を遮断し、室内が暑くなるのを防いでくれます。効果は断熱ガラスと似ていますが、特に「日差し」に対しての効果が大きいといえます。西向きの部屋など、西日で部屋が暑くなってしまう場合には遮熱高断熱複層ガラスが適しているでしょう。また、人体に影響のある紫外線も大幅にカットできます。日焼けをするのは人だけではありません。物が「日焼け」して色あせてしまうのも、紫外線の影響を受けているからです。紫外線のカット率が高まると、人も物も快適に暮らすことができます。

暖房効率UPの高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラスには、ガラスとガラスの間にアルゴンガスが含まれていることがほとんどです。アルゴンガスは空気よりも熱を通しにくいため、外気の温度を部屋に伝えにくく、優れた断熱性があります。寒い地域にお住まいの方や、部屋がとても寒くなってしまう場合におすすめです。


安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市で窓のリフォーム


トイレのリフォーム相場は、手すりの取り付けなどのバリアフリーリフォームや壁紙や床等などの内装リフォーム、便座のみの交換といった簡単なリフォームの場合は10万円~20万円程度です。この程度のリフォームなら工期も1日〜長くても数日で終わります。
では、便器の交換から、内装リフォーム、手洗いの設置など、トイレを一新するリフォームの場合はどうでしょう。選ぶ設備次第ですが、相場は20万円~50万円程度。あなたのお住まいが築15年以上で、トイレになにか不便や不具合を感じているのなら、リフォームを故障するまで待たずに、思いきって設備や内装を一新した方が良いかもしれません。便器自体は陶器製でとても丈夫ですが、タンクの部品や配管などは老朽化します。寿命の目安としては10年から、長くても20年くらいでしょうか。
トイレが故障すると生活はかなり不便になるので、十分に検討する時間をかけられず急いでリフォームをし、後で後悔したなんて話もチラホラ聞きます。 小さな不具合を見逃さず、リフォームのタイミングを見極めることが必要ですね。分からない方 弊社にご相談ください



安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市で窓のリフォーム


内窓を設置するといろいろなメリットがあります。

まずはそんなメリットについてご紹介していきましょう。

・断熱効果と省エネ効果

内窓を取り付けることで、断熱効果が期待できます。

というのも、窓は家の中でも特に熱が出入りする場所でもあります。

窓の性能が低いと、熱の出入りが増えてしまい、家の中で快適に過ごしにくくなってしまうのです。実際に、夏場には約70パーセントの熱気が家の中に入りこみ、冬場にはせっかくできた家の中の熱気の、約50パーセントが家の外へと逃げてしまうこともわかっています。

そういったことを防ぐために効果的な手段が内窓の取り付けです。

内窓を設置することで、窓と窓の間に空気の層ができ、断熱効果が期待できます。

また、この断熱効果のおかげで、冷暖房費の節約が可能となるため、省エネで生活できるようになります


安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市で床のリフォーム


畳は、普通5.5cmから、6cmの厚みがあります。
しかもフカフカして安定感がないから、

フローリングの上に、フローリングを貼るような
感覚で、

畳の上に、フローリングを貼るという

訳にはいかない。

なので、畳の部屋をフローリングに張替えたいと
思えば、まずは、畳を剥がして、

下地を調整する必要があります。

どんな調整をするかというと、
根太と言う「土台」になる木を30cm程度の間隔で敷き並べ、
その上に、下地の合板を敷く。

そして、12mmとか15mmといつたフローリングを
貼りつけることになる訳です。

フローリングが15mm、合板が12mmとすれば、
合計27mm。

すると、今までの畳が60mmの厚さであれば、
根太は、33mmの厚さに調整しないと、

ピッタリと、もとの高さに収まらない。

普通の市販されている根太は、45mm×45mmだから、
プレーナーというプロの道具を使って、

薄く加工しないとならない。

大型のホームセンターなどに行けば、
そこまでの木材加工さえやってくれる所が
あるかも知れないので、

どうしても、DIYで、畳をフローリングに
リフォームしたいというのであれば、

出来ないとまでは言いません。

しかし、プロに依頼した方がいいと思いますね!

技術もそうだけど、持っている道具が違います。

圧倒的に速く、綺麗に仕上げてくれます。

それと、畳をフローリングにリフォームする場合、
畳の周囲に、「畳寄せ」という木材がついています。

それを「撤去」するか、「残して」使うかの判断を
しないとなりません。

ただ、気をつけないといけないのは、
畳寄せを撤去する際に、

壁を傷つけてしまう可能性があるのです。

もし、畳をフローリングにリフォームするだけで、
壁のリフォームはしないのであれば、

畳寄せはいじらず、そのまま残しておいた方が
いいかも知れません。

また畳寄せの高さは、通常、もとの畳と同じ厚さですから、
畳を剥がして、フローリングを貼ったら、

巾木を部屋の周囲に貼りまわしてもいいかも知れません。

本来の「巾木」の目的は、
フローリングの貼り納めを隠したり、

フローリングの伸縮を吸収するための隙間を
隠すものですが、

フローリングの部屋には、巾木が廻っているのが
普通なので、「ない」と違和感を感じます。

ただ、畳があった部屋は、和室でしょうから、
壁の仕上げが、

土壁風の純和風の場合は、
巾木をつけることに違和感があるかも知れません。

もし、その場合は、フローリングの巾方向の
張り納めには、

多少の隙間を空けて、
「そこは」気にしないことにするしかないかも知れません。

合板フローリングは、無垢フローリングほどには、
目に見える「伸縮」はしませんが、

無垢フローリングは、季節に応じた
正しい「施工方法」を取らないと、

我慢できないほどの隙間が空いたり、
せりあがってきたりすることがあります。

なので、出来れば、
無垢フローリングを貼る場合は、季節に応じた
エキスパンション(意図的な隙間)を確保しながら

施工して行き、巾方法の貼り納めには、
伸縮のための隙間を確保し、

その隙間を、巾木で隠した方がいいのです。

安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市で床のリフォーム


無垢フローリングは、合板フローリングよりも、

価格が高くなります。

工事に手間暇もかかるので、余計に高くなります。

といっても、考えないとならないのは、

「差額費用」だけです。無垢フローリングにする費用として

、30万とか、50万用意していると、

事前に説明することで、建築業者は、安心してくれるのです。

そして、無垢フローリングの「素材特性」を理解していることを伝えることです。

無垢フローリングを嫌がる建築業者さんは、工事ミスではないのに、素人さんの「無知」によるナンセンスクレームを恐れるのです。

「無垢フローリング」の素材特性が理解できない人は、無垢フローリングは諦めた方がいいと思います。

もちろん、加工品質の悪い無垢フローリングは、トラブルが発生しやすいと思いますが、加工品質の高い無垢フローリングであれば、

反ったり、割れたり、ジョイントが合わないとか、材料が曲がっているといった不具合は、ほぼ、ありません。

つまりは、品質の高い無垢フローリングを採用すれば、問題は起きないのです。

契約前に、希望を伝えることがポイントです

安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市でお風呂のリフォーム


せっかくお風呂のリフォームをするのであれば、

できれば広くて快適なお風呂にしたいですよね。

そうはいっても、お風呂を広くするということは、

どこか別の空間を狭くすることになり、

建物の構造によっては必ずしも対応できるわけではありません。

まずは、どのようなお風呂なら広くするリフォームができるのかを見ていきましょう。

  • 浴室空間を大きくなるような構造になっているユニットバスへのリフォーム
  • 浴室周りの間仕切りが変更できる
  • 給湯設備のレイアウト変更工事ができる

最新のユニットバスは、浴槽の形状を工夫するなどして、同じサイズでも広く使える構造になっているものが増えています。

このようなユニットバスを選べば、外形サイズを変えることなく、浴室空間を広げることができます。

ただし、物理的な大きさは変わっていませんので、劇的に広くなるというようなことはありません。

劇的に広くするにはまず、浴室周りの間仕切りを変更できることが最低条件になります。間仕切りを変更し、

浴室に接する部屋や洗面所などのスペースを削ることで、浴室スペースを大きくします。一軒家の場合にはそれほど難しくありませんが、マンションやアパートでは間仕切りを変えられないケースが多く、お風呂を大幅に広くするリフォームが難しい場合があります。

また、給湯設備を動かせることも重要です。浴室が広くなると、給湯・給水のための配管や排水配管、ガス管などの延長工事が必要になります。これらの配管にアクセスできないケースでは浴室スペースを広げることはできません。

お風呂の浴槽のサイズ決めるときのポイント

ユニットバスを取り扱っている一般的なメーカーは、浴室のサイズに合わせて複数のサイズを取り扱っています。

戸建て住宅には1.0坪タイプ、マンションなどの集合住宅には0.75坪タイプが採用されていることが一般的です。

1.0坪タイプの浴槽は狭すぎず広すぎず適度な広さですが、0.75坪タイプは足を伸ばすのには少し狭いくらいの広さです。

お風呂のリフォームをする場合、基本的には既存のユニットバスと同じサイズの製品から選びます。ユニットバスの型式で検索すれば、

サイズを調べることができますが、お風呂の内寸をメジャーなどで計測するという方法でも構いません。

今より広めのユニットバスを選ぶのがポイント

例えば、内寸が1200mm×1600mmだった場合には、そのサイズは1216サイズと呼ばれ、

この同じサイズのユニットバスを選んでおけば間違いありません。

ただし、浴室を広くするとなると少し話は変わってきます。

少なくとも今よりも内寸の大きなユニットバスを選定する必要があります。

1216であれば、1317や1418といったサイズを選ぶことになりますが、問題はそのサイズのユニットバスを、きちんと収めることができるのかということです。これに関しては、専門的な知識が必要になりますので、実際の選定は リフォーム工房むつのぶにご相談ください

安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市で床のリフォーム

ヴォルドーパインは、

ナポレオン3世の時代から植林が始まったといいわれ、
パイン材の中でも、とても個性がある樹種です。

パイン材というと、よくホームセンターなどで
白っぽいものや、黄色っぽいものを見かけますが、
それらとはかなり異なる印象を受けます。

ヴォルドーパインは、ほんのり赤みがあります

木目や節目が多く目立ちワイルドな雰囲気です。

パイン材とは、日本語で言えば松のことで、
香りが強く、癒しの効果が期待できます。
そして、軟らかくて温もりがあります。

軟らかい素材には弾力があり、
歩く時の足や腰の負担が少なくなります。
また、湿気も吸ってくれます。

さらに、温もりがありながら


耐久性にも優れている不思議な樹種です。

足触と耐久性の良さから、
海辺の高級リゾート地のウッドデッキとしても使われてきました。

ここまでいいこと尽くめだと、
なんて万能な無垢材だろう!と思いますが、
難しい一面も持っています。

軟らかい素材ゆえに、キズが付きやすく、
湿気を吸うので、湿度によって動きやすいのです。

その天然素材ゆえの特性を理解していただければ、
とても個性的で面白い樹種だと思います。

無垢フローリングは、
他にも沢山の樹種があり、
お好みや用途に合わせて選べます!

無垢材の種類がありすぎて、どう選んでいいかわからない・・。

そんな人にお勧めなのが、まず、


堅い木か、軟らかい木かで選ぶ


という方法です。

フローリングは、
広葉樹と針葉樹に分けられます。

広葉樹は堅い木が多く、
傷がつきにくい特徴があります

針葉樹は軟らかい木が多く、
傷がつきやすいですが、
広葉樹に比べて、温もりを感じることができます

こうして上げてみると、広葉樹の扱いが多いですが、
広葉樹、針葉樹の中でも、また個性があります。

美しい木目が特徴のものもあれば、あまり目立たないものもあります。

色白がお好みであれば、メープルやカバ、
重厚感を求める方には、ウォルナット、チェリーもいいと思います。

安芸高田市近郊で リフォームをお考えの方

リフォーム工房むつのぶにおまかせください

仕上がりの質が 間違いなく違います


安芸高田市でトイレのリフォーム

最近のトイレは節水・節電機能が高いので、トイレをリフォームするだけで水道代や電気代の節約になる。また「汚れの付きにくいトイレが主流なため、毎日の掃除の負担も軽減できます」と木村さん。今使っているのが10年以上前のトイレなら、最新式に変えるだけでこれらの効果を実感しやすいはずだ。

トイレのリフォーム費用の内訳は主に以下の3つ。
単にトイレ本体の交換だけで済む場合はトイレ本体価格が費用のほとんどを占めるが「交換にあたり床材も張り替えなければならない場合には、内装工事が必要になります。大工工事の内容次第で費用が変わります」

トイレ本体の価格

便座だけ交換する場合と便座・便器をセットで交換する場合で価格が異なる。節水性や清掃性による価格差はあまりないが、タンクのあるタイプよりタンクレスのほうが高く、フタの自動開閉機能や脱臭機能など、便利で快適なオプション機能を選ぶほど価格が高くなる。

設置するための工事費

従来のトイレからどれくらい変更する(リフォームする)かによって、必要となる工事内容や費用が変わってくる。床や壁の内装工事が不要であるほど費用を安く抑えられる。

【施工費用例】工事費込み 5万5000円
設備費:3万5000円 工事費:2万円
設備費/温水洗浄便座
工事費/撤去、設置費 設計・施工/リビテックス (以下の事例も同様)

便座のみの交換なので、価格を抑えやすい。また交換作業はさほど難しくなく、DIYに自信のある施主なら自ら行うこともできるほどの内容だ。交換時間は30~40分程度。ネットには交換作業がわかる動画も掲載されているので、それを見ながら自分で行うのも手だ。

ただし温水洗浄便座に変えるためにはトイレ内にコンセントが必要になる。もし従来のトイレにコンセントがない場合、上記の費用に加えて壁にコンセントを備えるための電気工事と、配線を隠すための内装工事が必要になる。

ケース2:便器・便座を交換_温水洗浄便座付トイレから最新式トイレへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 15万円
設備・建材費:12万5000円 工事費:2万5000円
設備・建材費/温水洗浄便座付トイレ、紙巻器、タオルハンガー、リモコン
工事費/撤去、設置費

従来のトイレが温水洗浄便座付トイレであれば、コンセントは既にトイレ内にあるので電気工事は必要ない。「ただし従来のトイレの跡が床に残るのは嫌だから床も一緒に交換したいという場合はその費用もかかります」。とはいえ、トイレ交換と別に床の張り替えを行うとなると、トイレを再び外す必要がある。「そのため、床の張り替えはトイレの交換と一緒に行うことをおすすめしています。費用もそのほうが安く抑えることができます」

トイレの交換、床の張り替え工事だけなら、1日あればリフォームできる。

安芸高田市で大規模のリフォーム

壁のリフォームでは、どうしても撤去できない壁があるケースがあります。

木造戸建て住宅の場合は、「耐力壁」といわれる構造壁は、撤去してしまうと家の構造のバランスが崩れてしまうため撤去することができません。

どの壁が構造壁なのか、撤去できない壁なのかは新築時の図面があれば確認することができます。図面がない場合は、専門家に調査してもらいましょう。

どうしても構造壁にあたる壁を撤去したい場合は、建築士へ相談すると良いでしょう。しかし、その際は追加で設計費用がかかるだけでなく、家全体の構造耐力を確保するために、他の壁もリフォームする必要や、筋交いと呼ばれる斜めの部材を設置する必要が出てくるかもしれません。

マンションの場合は、「ラーメン構造」と呼ばれる構造で建てられているマンションであれば壁を撤去できるケースもありますが、一般的に構造上必要な壁は撤去できません。また、給排水管のパイプスペースがある壁も撤去できません。

マンションリフォームの制限事項

マンションは、複数の家族がひとつの建物で暮らしています。そのため、建物の建築制限や維持管理・保守などにかかわることが管理規約で定められています。

マンションの管理規約の中でリフォームに関係するものには、以下のような内容があります。

  • 隣家(隣室)への音対策のために必要な壁構造や共用部の壁リフォームは不可
  • 階下への防音配慮のため、一定性能を有する床構造とする
  • 間取り変更の場合は、消防設備(児童火災報知設備・スプリンクラー設備)の変更がないか確認をする
  • 内壁の仕上げ材は不燃材料や防炎商品を使用する

マンションにより定める規約が違いますので、リフォーム前に必ず確認しておきましょう。

使い勝手の変化に注意する

壁のリフォームでは、使い勝手が変わるケースがあります。コンセントの位置が変わって、家電製品が使いにくくなる、ドアの開き方で廊下が通りづらくなる、壁や建具で部屋が暗くなる、収納量が減る、などのケースが考えられます。

リフォームプランの検討時に、コンセントの位置や部屋の明るさ・収納量などあらかじめしっかりと確かめておきましょう

壁内に配管・配線はないかの確認が必要

壁内に配管・配線があった場合は、壁を撤去する際に配線や配管を変える工事も必要になります。そのため、あらかじめ撤去したい壁に配管や配線がないかの確認が必要です。

また、配管や配線がある壁を取り除く場合はその分、費用がかかり工事期間も長くなります。配管を移動できない場合は、壁の撤去はできないので注意が必要です。