お風呂のリフォーム

風呂・浴室には、「在来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。「在来工法」はオーダーメード、「ユニットバス」は規格品を使った風呂・浴室のことです。既存の風呂・浴室がどちらなのか、またリフォームをどちらで行うのかで、工事の内容や費用が変わってきます。特に「在来工法」は、要望が多ければ多いほど費用がかさんでいきます。

具体的な事例を見ながら金額を確認していきましょう。なお総額は、機器代金・材料費・工事費用、また諸経費や一般的な下地処理・解体・撤去処分費用なども含んだ参考金額です。機器・材料・工事費用などは一般的な事例であり、実際の住居の状況や必要諸経費等で変わってきます


ユニットバスの中心価格帯は50~100万円、工事費用は40~100万円ですが、選ぶユニットバスのグレードや施工内容によって、費用は大きく変化します。風呂・浴室を一旦解体するので、工期が長くなり、ユニットバスの交換と比べると工事費用は高くなります。また、リフォームの際に風呂・浴室を洗面所側に広げる工事を行う事例も多くあります。

その場合は、さらに費用がかかるのでご注意ください。