キッチンリフォーム

キッチンリフォームの中心になる価格帯は、50万円〜150万円の間で、リフォーム内容として最も多いのが、システムキッチンの交換です。新たに設置するシステムキッチンの性能や、あわせて壁紙や床をリフォームする必要があるかどうかによって、費用が上下します。壁付きのキッチンをアイランド型にする場合は、150万円前後かかることもあります。また、キッチンの場所を移動する場合などは、給排水の配管の工事などが必要になってくるので、150万円以上の予算を見ておいたほうがいいでしょう


リフォーム費用は材料費や工事費など様々な要素で成り立っています。キッチンリフォームにかかる費用の内訳を知っておくことで、予算内で希望のキッチンリフォームをする調整がしやすくなります。
キッチンリフォームの費用の内訳は、システムキッチンなどの設備機器本体が大部分を占めます。他にも床材や壁紙などの内装材がかかり、工事費用では、設備機器の交換・取り付け工事、床、壁などの内装工事、キッチンの移動を伴う場合には、ガス・電気・水道まわりの工事も必要です。


費用が変動する要素は、大きく分けると設備機器のグレード、キッチン工事の範囲・複雑さによってかわります。
ここからは、キッチンを構成する設備機器をいくつかご紹介します


扉材は天然木、塗装、メラミン化粧板などの合成樹脂、金属が一般的ですが、この中ではメラミン化粧板が最もお手頃で、傷がつきにくい、汚れにくいなど耐久性にも優れています。天然木が最も高く、ステンレス、塗装(UV・ウレタン)、メラミン化粧板という順で低価格になります


作業をするキッチンの天板部分をワークトップと言い、人工大理石・ステンレス・天然石・タイル・樹脂板が一般的です。
価格は、天然石が最も高く、次いで人工大理石、ステンレス、タイル、樹脂板という価格帯です


ビルトイン機器は、ガスコンロ、IHクッキングヒーター、食器洗浄機、オーブンなどがありますが、ガスコンロではなくIHを選択したり、食洗機やオーブンをオプションとして設置すると

その分予算は数十万円単位で上がります


レンジフードは、排気ファンとその上にかぶせるフードで構成されています。排気ファンは、プロペラファンが最も安価ですが、最近レンジフードの主流になっているのは、シロッコファンで、プロペラファンよりは少し価格が上がります


キッチンリフォームは、設置する設備も種類が多く、電気・ガス・水道などの機能が集まっているために複雑な工事が必要になります。例えば、システムキッチンの入れ替えの場合の費用の内訳は、既存キッチン解体工事費・処分料、撤去後の床や壁の補修工事費、システムキッチン本体料金などからなります。大部分を占めるシステムキッチンの料金は、タイプによってかなり差があるので、どの機能が必要か事前にしっかり考える必要があります。



失敗例1 <対面キッチンやL字キッチンにしたら、スペースが狭くなった>

壁付けのオープンキッチンから、キッチンタイプを変更したときによく起きる失敗例です。

もともと壁付けオープンタイプ用に作られた部屋の間取りに、対面やL字のようなスペースを多く取られるキッチンタイプを設置することになるため、どうしても狭いところに無理やり押し込む間取りになりがちです。

L字キッチンは意外と活用できていない無駄なスペース(デッドスペース)が多く、上手に利用しないとかえって調理スペースが狭くなることも。
流行のアイランドキッチンも、汚れ物がすべて丸見えになってしまい、実際に使ってみたら不便だったという人もいます。

失敗例2 <ゴミ置場の場所を確保していなかった>

食器棚や冷蔵庫などはリフォーム後に配置しようと考えていたが、「ゴミ箱のことをすっかり忘れていた!」という失敗例です。

キッチンリフォームの注意点。よくある失敗例から学ぼう

キッチンリフォーム — 

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。
毎日使うキッチンのリフォームは、絶対に失敗したくないリフォームです。

お客様からご相談いただいた「キッチンリフォームのよくある失敗」の中には、事前に注意しておけば防ぐことのできるケースがあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔することがないよう、今までにいただいた失敗例を見ていきながら、実際のリフォームで気を付けるべきポイントを紹介したいと思います。
 
99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s
 
 

よくあるキッチンリフォームの失敗例ベスト6

不便を解消するはずのリフォームが、事前に調べなかったことで失敗してしまうこともあります。
実際にある「こんなはずじゃなかった…」となってしまったリフォーム失敗例をご紹介します。
以下のようにならないように、気をつけましょう。
 

失敗例1 <対面キッチンやL字キッチンにしたら、スペースが狭くなった>

壁付けのオープンキッチンから、キッチンタイプを変更したときによく起きる失敗例です。

もともと壁付けオープンタイプ用に作られた部屋の間取りに、対面やL字のようなスペースを多く取られるキッチンタイプを設置することになるため、どうしても狭いところに無理やり押し込む間取りになりがちです。

L字キッチンは意外と活用できていない無駄なスペース(デッドスペース)が多く、上手に利用しないとかえって調理スペースが狭くなることも。
流行のアイランドキッチンも、汚れ物がすべて丸見えになってしまい、実際に使ってみたら不便だったという人もいます。
キッチンリフォームで失敗しないための「注意点1」へ

 

失敗例2 <ゴミ置場の場所を確保していなかった>

食器棚や冷蔵庫などはリフォーム後に配置しようと考えていたが、「ゴミ箱のことをすっかり忘れていた!」という失敗例です。
キッチンリフォームで失敗しないための「注意点2」へ
 

失敗例3 <食洗機や床下収納、せっかく設置したのに使わなくなった>

便利だと思って充実させた設備も、そんなに利用しなかったという失敗例です。
食洗機は便利に思えて取り付けるのですが、家族の人数が少なかったりすると、実際は食器も手洗いで済ませてしまうことが多いようです。

床下収納についても、頻繁に使うものを入れておくのは、かえって開け閉めが面倒。
奥に入れたものを使い忘れていたら、消費期限の切れた死蔵品置き場になっていたなんてこともあります。

予算を気にしているうちに、思い描いていたリフォームから遠のいてしまい、満足度の低いキッチンになってしまった