こだわりの自然素材

いい家」とは、どんな家でしょうか?


デザイン性が高いとか、地震に強いとか、断熱性に優れているとか、オール4寸の総ヒノキ造りとか、有名メーカーのブランド住宅だとか・・・
「いい家」に対する価値観というのは、人それぞれ違うと思います。

大手ハウスメーカーに頼めば、テレビCMや新聞広告、雑誌掲載料などの宣伝広告費、全国にある住宅展示場の建築費と維持費が掛かっている分、地域の工務店に頼むよりも30%くらい高くなりますが、それはブランド料と言えるかもしれません。また、建築家に頼めば設計デザイン料として10%くらい高くなると思います。

では、私たちが考える「いい家」とは?
それは一言でいうと、「気持ちよく暮らすことができる家」です。
具体的には

無垢のフローリング です。

無垢の木は縮む、反る、割れる、という特徴があります。

だから建材メーカーは合板を使って見栄えの良い、伸び縮みが少ない、ツルツルした傷に強い塗装のフローリング開発し、

今では合板フローリングがスタンダードとなっています。
それでも私は無垢フローリング、しかもツルツル塗装のしていない物をお勧めします。



土と布、そして紙

現代の住宅で最も一般的な内装は、ビニールクロスですね。
ビニールクロスは、安い・簡単・模様が豊富という

メリットがあります。

しかも汚れたり、飽きたら張り替えが容易なので
施工者にとってもありがたい物です。

しかし、ビニールクロスは呼吸をしません。

木のように湿気を調節はしません。
優れた印刷技術により色柄は本当にたくさん選べます。

ところで、家を「くつろぎの空間」にしたい人は多いと思いますが、あなたはどうですか?

さあ、「健康的で気持ちの良い理想的な部屋」をイメージしてください。

そこには印刷されたビニールと合板に囲まれた空間が広がっていますか?

肌で感じる内装には自然素材である木や漆喰・珪藻土、布や紙の壁紙を使うと、

気持ちの良い「空気」と「雰囲気」をできると考えています。



自然素材の家を、もっと身近に

でも、自然素材は高くて手が出ない、とお考えではありませんか?

ご安心ください!そんなことはありません。

合板フローリングやビニールクロスだってタダではありませんね。

家全体を無垢フローリングと漆喰塗りで仕上げるとすれば、100万円単位の差額が必要となるでしょう。


でも、リビングだけ無垢フローリングとか、健康を考えて子供部屋だけ塗り壁にする、という事であれば少しの差額で可能です。


自然素材はメンテナスが大変、というウソ

無垢フローリングや塗り壁という自然素材には、工業製品とは違った特徴があるので、

それを理解していれば、メンテナンスが大変という心配はありません。

それなのに、ハウスメーカーや一般の工務店で、「自然素材は高くて、メンテナンスが大変ですよ」と言われた人がたくさんいます。

どうしてハウスメーカーはお客様に自然素材をあきらめさせようとするのでしょう?
それは、「素材の呼吸」による反りや割れ、自然の持つ柔らかみ、という自然素材の特徴を上手く説明できず、クレームになるのが面倒というのが本音です。




こうすれば気持ちのいい家が手にはいる!

何事もこだわり出すとキリがありませんね。

「自然素材の家」というからには内装はオール自然素材で、外壁も漆喰塗り壁にしたい。断熱材も天然素材はどうだろう・・・

オール自然素材の家は現実的でないとしたら、リビングだけとか、

子供部屋だけという部分的に自然素材を採用することを考えてみてください。

たとえば、
リフォームは 仕立て屋さんでオーダースーツを作るのと似ています。
体の寸法を細かく測って、生地を選んで、型紙を作って、仮縫いを着てみて、縫製して、完成です。

自分のためだけの1着を手に入れられます。

では、スーツにイージーオーダーがあるように住宅にも完全オーダー品と既製品の中間の形態があれば、

お手頃価格で気持ちのいい家を手にできるのでは



想い出がいっぱいの家

憧れの「温かみのある無垢のフローリング」は、素足が気持ちいい!
でも合板フローリングに比べると柔らかい分、キズが付きやすい。
付いてしまったキズを「家族の想い出」ととらえれば残念な感じはしないものです。

合板フローリングの場合、チョットしたキズも目立つし、補修材を使って直すことになりますが、

無垢板の場合は霧吹きとアイロンで治るキズも多いのです。
さらに、表面を削ることもできるのも無垢のならではですね。

珪藻土を使うことが多いのですが、「湿度の調節機能が優れている」というメリットに加え、

「家族で塗り壁ができる」という部分を大切に考えています。

お金を出せば、一流の職人さんが上手に作ってくれる訳ですが、家族みんなでワイワイ塗った想い出は、

まさにPricelessだと思います。
一生に一度の家ですから、語り継げる想い出もたくさん散りばめた家づくりをお手伝いしたいのです